キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
インストール&アップデート
プログラムのインストールやアップデート、ハードウェア、OS、セットアップなどに関する記事を読むことができます。

記事

4K解像度のIntel GPU Macでアンチエイリアスを無効にする方法

影響を受けるバージョン: Archicad 19、20、21、22 | 重大度: 回避策あり| ID: 208529 マルチサンプルアンチエイリアシング(Multisample anti-aliasing、略してMSAA)は、画像品質を向上させるためにコンピュータグラフィックスで使用される技術です。この技術は、各ピクセル内の複数の位置をサンプリングし、それらのサンプルのそれぞれは完全にレンダリングされ、他のサンプルと組み合わせて、最終的に表示されるピクセルを生成されます。その結果、斜めの線がより...

wp-content_uploads_2017_05_antialiasing-on-off.png wp-content_uploads_2017_05_Screen-Shot-2017-05-05-at-10.12.08.png wp-content_uploads_2017_05_antialiasing-mode-plist-preferences.png

Appleシリコン用Archicad

Archicadユーザーの皆様に朗報です! Archicad 26ローンチイベントで発表されたように、Archicad 26はAppleシリコン上でネイティブに動作することをお伝えします。 Archicad 26の全機能を搭載した製品版は、11月24日に発売されました。 Appleのシリコンにネイティブ対応のArchicad 26は、最新のArchicad 26リリースと同じように動作します。 インストール後、虹色の輪が付いた真新しいデスクトップアイコンが表示されます。 インストールする前に適切...

ApplesiliconArchicadlogo.png sunstudy.png AppleSiliconversion.png

Archicad 26 3Dナビゲーションによるグラフィックスカードのパフォーマンスレビュー

この記事では、様々なグラフィックスカードを使用した3DナビゲーションにおけるArchicad 26の性能を中心に説明します。今後、Redshiftでのグラフィックスカードの性能については、別の記事でさらなる検証を行う予定です。Redshiftの動作環境については、こちら をご覧ください。 もくじ Windows向けの推奨事項Mac向けの推奨事項Archicad 26で検証済みのグラフィックスカード Windows向けの推奨事項 Archicad 26から、3DグラフィックスAPIとしてOpenG...

AC26 - GPU - small.png AC26 - GPU - medium.png AC26 - GPU - large.png

M1 ProおよびM1 Maxでのパフォーマンスレビュー

もくじ M1 Pro/Maxの一般的な性能 互換性 CPU パフォーマンス メモリ GPUパフォーマンス 制限事項 おすすめ アップルは、2021年10月にプロユーザーに焦点を当てたMac向けの最初のSoC、M1 ProとM1 Maxのアップデートを導入しました。M1 Maxは、M1シリーズの最も強力なバージョンであり、次いでM1 Pro です。両方のプロセッサのCPUコア数は同じですが、M1 Max はGPUコアとメモリ帯域幅の2倍のグラフィックスパフォーマンスを備えています。この記事では、さ...

Apple_M1-Pro-M1-Max_Chips_10182021_big.jpg.large.jpg M1PM_HQresult1.png M1PM_HQrender.png M1PM_Largeproject1.png

高解像度ディスプレイの互換性

この記事では、RetinaディスプレイとGraphisoft製品との互換性について説明します。 Archicad 20、Archicad 19、およびRetinaディスプレイを搭載したMac 技術が進歩するにつれて、高解像度ディスプレイはますます人気が高まっています。Graphisoftでは、この傾向を認識し、ニーズに合わせて製品を調整しました。Archicadは、現在利用可能なRetinaディスプレイを搭載したすべてのMac(5K iMacを含む)をサポートしています。2Dおよび3Dナビゲーシ...

作業環境2D図面ハードウェアアクセラレーション 低解像度 W10 Info_18x18.png

Archicad 25のインストールとセットアップに関するトラブルシューティングガイド

この記事は、Archicad 25のインストールとセットアップに関連して確認されている問題に対処する解決方法を記載しています。ここでは所有しているバージョンに関係なく、特定の詳細な問題点を確認することができます。また、これらの問題が発生している理由と、これらをどのように解決できるかについても確認できます。 Archicadとその他の関連製品(アドオン、ライブラリとオブジェクト、製品アップデートなど)は、Archicadダウンロードページからダウンロード可能です。 シングルライセンスのArchic...

WIN_firewall.png WIN_folderAccess-1.png WIN_ARCHICADdirectory.png MAC_ARCHICADdirectory.png

コンピュータにシステム情報を保存する方法

コンピュータのハードウェア設定に関連していると思われるArchicadの問題が発生した場合、テクニカルサポートからおそらくコンピュータに関するシステム情報の提供依頼があるかもしれません。 これを行う最も簡単な方法は、システム全体のレポートを作成することです。 Windows: システム情報パネルを使用して、コンピューターのハードウェアの詳細レポートをNFO形式で保存します。このパネルを開く方法については、こちらの記事 をお読みください。レポートを保存するには、[ファイル]› [名前を付けて保存....

M1でのパフォーマンスレビュー

Appleは2020年6月22日、Macのアーキテクチャをx86からARMに移行することを発表しました。一般的に、x86がパフォーマンスを目標にしているのに対し、ARMは消費電力の改善に最適化されています。半導体技術の発展に伴い、ARMは性能面でx86に追いつきました。しかしながら、アーキテクチャの違いから、エミュレーション層がない限り、x86アプリケーションはARMチップ上では動作しませんし、逆にARMチップ上では動作しません。AppleはRosetta 2を導入することでそれを解決しました。...

Apple_new-m1-chip-crop.jpg M1-testresult-twotone.png M1-FPS_small.png M1-FPS_medium.png

ARM Mac対応

2020年に、AppleがIntelベースのCPUからApple設計のチップセットへのシステムアーキテクチャの移行を発表されました。完全な移行へは数年がかかる予定ですが、新しいARMチップセットを搭載した最初のコンピュータを2020年11月から購入することができます。Graphisoftでは、新しいハードウェア環境に対応したソリューション開発に積極的に取り組んでいきます。こちらでは、今後の計画を説明するとともに、よくあるご質問にお答えするためのものです。GraphisoftのソリューションがAR...

Archicad用Java

GRAPHISOFTのインストーラ(またはアンインストーラ)でサポートされているJavaのバージョン 多くの場合、新しいバージョン、古いバージョン、破損したJavaバージョンでは、GRAPHISOFT製品のインストールやアンインストールがブロックされることがあります。ここから、お持ちのARCHICADバージョンにバンドルされているJavaバージョンをダウンロードすることができます。 インストール/アンインストールが成功したら、Javaを最新版にアップデートするのが一番です。最新バージョンはjav...

addremove.png