キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

M1 ProおよびM1 Maxでのパフォーマンスレビュー

Michitaka Kiriki
Graphisoft
Graphisoft
もくじ
Apple_M1-Pro-M1-Max_Chips_10182021_big.jpg.large.jpg
アップルは、2021年10月にプロユーザーに焦点を当てたMac向けの最初のSoC、M1 ProM1 Maxのアップデートを導入しました。M1 Maxは、M1シリーズの最も強力なバージョンであり、次いでM1 Pro です。両方のプロセッサのCPUコア数は同じですが、M1 Max はGPUコアとメモリ帯域幅の2倍のグラフィックスパフォーマンスを備えています。
この記事では、さまざまなM1チップにおけるArchicadのパフォーマンスに焦点を当てます。ArchicadはRosetta 2を通じてApple ARMプラットフォームで実行されていることに注意してください。Apple ARMプロセッサによるGraphisoftのサポートの詳細については、こちらをご覧ください

M1 Pro/Maxの一般的な性能

プロセッサの基礎となるアーキテクチャは、昨年のApple M1 System-on-a-Chip(SoC)と変わりませんが、パフォーマンスは大幅に向上しています。これらのチップはプロユーザーをターゲットにしているため、CPUパフォーマンスは高性能コアの2倍に向上しています(M1 ProM1 Maxの両方の上位モデル)。
グラフィックス面では、M1 Proに最大16コアのGPU、M1 Maxに最大32コアのGPUを搭載しています。
M1 Pro を使用すると、最大32 GBのメモリで構成できますが、M1 Max の場合、この数値は最大64 GBになります。
これらは、M1 ProM1 Maxのパフォーマンスを、ハイエンドのプロシューマーノートパソコンとデスクトップのレベルに近づけるのに役立ちます。これらの新しいチップの性能は、最初のM1と比較して大幅に向上していますが、電力効率は非常に良好です。

互換性

M1 Pro/Maxのアーキテクチャは、オリジナルのM1と比較してあまり変更されていないため、当社製品との互換性に差はありません。これらのプロセッサで実行するためにRosetta 2を使用していることに注意してください。

CPU パフォーマンス

Archicadは、ほとんどの操作(要素の処理、2Dビューの生成、レンダリングなど)にCPUを使用します。異なるM1およびM1 Pro/Maxバリアント、ならびにインテルベースのiMac 5Kのパフォーマンスを参照として比較するために、同じセットのテストを実行しました。仕様は以下のとおりです:
  CPU RAM HDD GPU
iMac 5K 2017 第7世代Intel Core i 7 4.2 GHz (4コア) 32GB 512 GB SSD AMD Radeon Pro 580 メモリ GDDR5 8GB搭載
MacBook Pro M1 13インチ 8GB M1 CPU 8コア 8GB 512 GB SSD M1 GPU 8コア
MacBook Pro M1 13インチ 16 GB M1 CPU 8コア 16GB 512 GB SSD M1 GPU 8コア
MacBook Pro M1 Pro 16インチ 16 GB M1 Pro CPU 10コア 16GB 512 GB SSD M1 Pro GPU 16コア
MacBook Pro M1 Pro 16インチ 32 GB M1 Pro CPU 10コア 32GB 1TB SSD M1 Pro GPU 16コア
MacBook Pro M1 Max 16インチ 64 GB M1 Max CPU 10コア 64GB 1TB SSD M1 Max GPU 32コア
M1 ProとM1 Max(10コア構成)は、アーキテクチャとクロック速度がまったく同じであるため、RAW CPUの性能を考慮すれば、それらの違いはないはずです。マルチスレッディングが利用される長時間かつ集中的なタスクでは、M1 Proの終了時間は元のM1よりも最大45%高速であり、一部のタスクではインテルベースのMacをも上回っています。
M1PM_HQresult1.png
M1PM_HQrender.png

メモリ

M1 Maxの最大64 GBのメモリ構成により、大規模なプロジェクトでの作業は、より大きなメモリのおかげではるかに実現可能になりました。十分な物理メモリが提供され、スワップメモリが使用されていない場合、大規模プロジェクトの処理に顕著な改善が見られました。

M1PM_Largeproject1.png

M1PM_Largeproject2.png

GPUパフォーマンス

Redshiftレンダリングと3 Dナビゲーションは、追加されたGPUパワーによって大きなメリットを得ています。
テストから、Redshiftでのレンダリング時間がはるかに短くなりました。
M1PM_redshift.png3Dナビゲーションに関しては、システムの制限により、60フレーム/秒を強く推奨するレベルとして考えていますが、スムーズなナビゲーションでは30フレーム/秒まで許容されます。
中小規模モデルのM1 Proは、3Dナビゲーションを簡単に処理できます。
M1P_navigationmed.png大規模なプロジェクトになると、GPUがフレームをスムーズにレンダリングするのに苦労するため、スタッタリング(かくつく)動作が見られることがあります。しかし、24FPSは依然として許容可能な結果です。また、64GBのメモリを搭載したM1 Maxは、大規模なプロジェクトを簡単に処理できます。
M1MP_navigationlarge.png

制限事項

M1 Pro/Maxは、オリジナルのM1プロセッサの限界のほとんどを克服しました。ただし、選択する際に注意すべき点がいくつかあります。
  • M1 Proのメモリの制限は32GBです。それ以上のものが必要な場合は、64 GBのメモリを搭載したM1 Maxを使用するのみとなります。
  • 外部GPUはこのプラットフォームではまだサポートされていません。
  • Windows ARMエミュレーションは、サードパーティソリューションを介してApple Silicon for Macでサポートされていますが、Windows ARMのパフォーマンスはまだ確認されていません。

推奨

以下の場合は、M1 Proチップを使用してMacを購入することを検討してください。
  • ワークフローには32 GBのメモリで十分です
  • 使用しているレンダリングソリューションはGPUパフォーマンスに依存していません
  • M1 ProはM1 Maxよりも長持ちするため、バッテリー寿命は不可欠です。
以下の場合、M1 MAXが有益です。
  • プロジェクトには64 GBのメモリが必要です
  • GPUパフォーマンスを必要とするレンダリングソリューションを使用します
  • Appleの最新で最強のプロセッサをポータブルなフォームファクタをご希望される場合
バージョン履歴
最終更新日:
‎2022-07-27 11:42 PM
更新者:

回答が見つかりませんでしたか?

このフォーラムで
他の記事をチェック

フォーラムへ戻る

最新の解決策をチェック

採用された解決策

新しいディスカッションを始める

投稿する