キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Mac OS X 10.6 Snow Leopard

Michitaka Kiriki
Graphisoft
Graphisoft

Mac OSX Snow LeopardでのArchicad、BIM Server、BIMx Desktop Viewerの互換性に関する注意事項

Snow Leopardは2009年8月28日にAppleから正式に発売されました。
wp-content_uploads_2017_10_Warning_18x18.png
Archicad 17は、Mac OS X 10.6をサポートするArchicadの最後のバージョンです。
  • BIM Server v16およびv17の実行に適していますが、Graphisoftでは別途テストを行っていません。サーバー以外のオペレーティングシステムのテストされていないエディションは、BIM Serverの正しい機能に影響を与えない機能が異なります
  • BIM Server v13 - v15はMac OSX Snow Leopardと互換性があります
  • BIMx 17および16の実行に適していますが、Graphisoftではテストされていません。

セキュリティ更新プログラム2012-001は、PPCアプリケーションに影響を与える可能性があります

Appleは先日、10.6.8向けのセキュリティアップデートSecurity update 2012-001をリリースしました 。10.6の多くのユーザーで、このパッチ後に、Rosetta環境での PPC ベースのアプリケーションに影響を与える問題に気づきました。注: Archicad 9以前のバージョンはPPCアプリケーションです。アップデート: Appleは新しいパッチでこちら を修正しました。
  • Appleボタンをクリック
  • ソフトウェア更新
  • こちらから最新のアップデートを適用ください

最新のJavaにアップデート後の問題

wp-content_uploads_2017_10_Warning_18x18.png
アップデート: Graphisoftは、この問題を修正する Archicad 14 および Archicad 13 のパッチをリリースしました。最新の「Java for Mac OSX 10.6 Update 3」はArchicadに多くの問題を引き起こします:

Javaアップデート後のBIM Serverの問題

詳細とソリューションについてはこちらを参照ください: SnowLeopardでの チームワーク/Javaのアップデート

ランダムクラッシュ

wp-content_uploads_2017_10_Warning_18x18.png
この不具合は、9月10日にリリースされたシステムアップデート10.6.1で修正されています。2009. 「ファイルを開く」ダイアログでArchicad内のファイルを開いたり閲覧したりすると、Mac OSX 10.6.0がArchicadで使用されているメモリを破損し、Archicadが後でクラッシュする可能性があります。

Archicadが起動時にクラッシュ

この不具合は、Archicadのバージョンによって異なる方法で影響します。Archicad 12は、以下のフォントがインストールされている場合、起動直後にクラッシュします:
  • MgOpen Moderna.dfont
  • MgOpen Modata.dfont
  • Birmingham.ttf
  • BirminghamElongated.ttf
  • Cardo98s.ttf
  • CCPulpFiction.TTF
  • Druckschrift95
  • HevleticaRdBd.ttf
  • HelveticaRdBdObl.ttf
  • HelveticaRdBlk.ttf
  • HelveticaRdBlkObl.ttf
  • Imperator.ttf
  • ImperatorSmallCaps.ttf
  • isocp.ttf
  • isocp2__.ttf
  • isocp3__.ttf
  • isocpeur.ttf
  • isoct___.ttf
  • isoct2__.ttf
  • isoct3__.ttf
  • isoct2eur.ttf
  • (その他)
他のフォントでもクラッシュする可能性がありますが、今のところ確認されているのはこれらのフォントです。 回避策: これらのフォントをシステムから削除してください。下記の3つの場所のいずれかにあります:
  • library:fonts
  • system:library:fonts
  • userhome:library:fonts
Archicad 13; Archicad 11およびそれ以前のバージョンでは、起動時にクラッシュしませんが、上記のフォントがプロジェクトで使用されている場合、クラッシュすることがあります。

PCとMac間のフォント置換が間違っています

この不具合はArchicad 10 -13に影響します。一部のWindowsフォント(Macでは利用できない場合)がMacでは誤って置換されます。欧文フォントのエンコーディングでは、一部の文字が長方形で表示されます。この問題は、Windowsで作成され、Macに移動されたファイルのみに影響します。 回避策: Macに必要なフォントをインストールするか、別のフォントを選択します。影響を受けるフォント:
  • Book Antiqua
  • Calibri
  • Cambria
  • Century Gothic
  • Gill Sans MT
  • Haettenschweiler
  • Lucida Sans
  • Palatino Linotype
  • Segoe UI
  • Tahoma
  • Wide Latin
  • その他

WibuKeyの更新が必要です

この問題はArchicad バージョン10 -12に影響 します: インストールプロセス中、WIBU Keyコンポーネントのインストール中に次のエラーメッセージが表示される場合があります:
wp-content_uploads_archicadwiki_snowleopard--picture1.png
Rosetta環境がインストールされていないコンピュータでは、問題が発生しない場合があります。[OK]を押してインストールを続行します。インストールは正常に完了し、Archicadは動作します。ただし、Archicadでの作業中に何度か同じエラーメッセージが表示される場合があります。この問題を解決するには、こちらから入手可能なWIBUキードライババージョン5.30をインストールください: https://graphisoft.com/downloads/protection_key
wp-content_uploads_2016_06_Info_18x18.png
注:こちらのページに掲載されているドライバは、wibu.comで配布されているものとは異なります。Graphisoftで配布されているドライバを使用してください
  • 新しいドライバをインストールする前に、必ずArchicadを終了してください。
  • 以前のWIBUドライバをアンインストール - 5.30 パッケージの一部でもあるWkUninstallを起動します
  • WkInstallを実行し ます
  • WkConfigアプリケーションを起動し、WkConfigメニューから[WkConfig について] ウィンドウを開いて、WIBUキードライバのバージョンを再確認します。
  • このマシンでArchicad 9も使用する場合は、WkMAC.LIBもダウンロード し 、Library: CFMSupportフォルダに配置します 。

教育版:ライセンスの更新に失敗しました

この問題はArchicad 12に影響します: ライセンス更新ダイアログで新しい(正しい)シリアル番号を入力すると、次のエラーメッセージが表示されます:
wp-content_uploads_archicadwiki_snowleopard--picture2.png
回避策は、Archicadをアンインストールし、再度インストールすることです。インストールプロセス中にシリアル番号を入力すると動作します。
wp-content_uploads_2016_06_Info_18x18.png
注: WIBUドライバを再インストールすることを忘れないでください(上記参照)。Archicadを再インストールすると、WibuKeyドライバがバージョン5.21にリセットされます。

用紙サイズはページ設定で選択できません

wp-content_uploads_2017_10_Warning_18x18.png
この不具合は、Archicad 13 Hotfix 2ビルド3235で修正されています。この問題はArchicad 10-13に影響します: ページ設定ダイアログでは、特定の用紙サイズを選択できません(グレー表示)。これらは、紙のサイズに複数のサブオプションがある場合に発生します。回避策は、用紙サイズを手動で定義することです。(リストの最後にある[カスタムサイズの管理]をクリックします)
wp-content_uploads_archicadwiki_snowleopard--pagesetup.png

レビューアが動作しません

この問題はArchicad 13に影響します: プロジェクトレビューア環境でエクスポートされたDWFファイルは、レビューアに表示されません。

インストーラのフロントエンドに間違った国の文字が表示される

この問題はArchicad 12に影響します 。ローカライズされたバージョンでは、インストールDVDを挿入すると表示されるインストーラのフロントエンドに、国の文字が間違ったエンコードで表示される場合があります。
wp-content_uploads_archicadwiki_snowleopard--picture3.png

QuickTime VRサポートがQuickTime Xで停止されます

この問題は、すべてのArchicadバージョンに影響します: AppleはQuickTime VRテクノロジーを、64ビットQuickTime Xの最初のリリースよりサポートしていません。Archicadによって作成されたQTVRムービーは、QuickTime Xでは再生されませんが、QuickTime Xがまだ処理していない全てのタスクを処理するためのオプションのインストールとして使用可能なQuickTime 7で再生されます。

ドックアイコンが欠落します

この問題はArchicad 10と11に影響します: Archicadドックアイコンがありません:
wp-content_uploads_archicadwiki_snowleopard--picture4.png

断面/立面マーカーのデフォルトのフォントタイプが誤っています

この問題はArchicad 10および11に影響します: デフォルトのArial Westernフォントで、断面図、立面図、展開図マーカーの一部の文字が正方形に置き換えられます。別のフォントを選択すると、問題が解決します。

Mac OSX Snow Leopard上のArchicad 9およびそれ以前のバージョンとの互換性についての注意事項

Archicad 9以前のバージョンにはIntel Mac互換バージョンがないため(PPCのみ)、Snow Leopard上でArchicad 9を実行するには、Rosettaエミュレーション環境を有効にする必要があります。Snow LeopardでRosettaを有効にするには、カスタムシステムのインストールが必要です。(または、PPC用に書かれた古いプログラムを実行しようとすると、Rosettaの実行が必要になる場合、Snow Leopardはその時点でRosettaをインストールするように案内します)。RosettaでArchicadインストーラを実行する際に問題がある場合は、Archicad Fileconverterページから利用可能な「ドラッグアンドドロップ」バージョンを使用します 。
共同執筆者
バージョン履歴
最終更新日:
‎2022-10-24 08:01 PM
更新者:

回答が見つかりませんでしたか?

このフォーラムで
他の記事をチェック

フォーラムへ戻る

最新の解決策をチェック

採用された解決策

新しいディスカッションを始める

投稿する