キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
Wish list cleaning
USERFEST2024 参加申込み受付中!夏の終わりに札幌でお会いしましょう!
  

チームプロジェクトでので2Dと3Dの要素の表示順序

Michitaka Kiriki
Graphisoft
Graphisoft

問題

断面図/立面図において、ある3D要素の背後に2D要素があり、同時に別の3D要素を覆うような状況を設定することが可能です。チームワークで送受信すると、この混在した状況をサーバーに転送することができません。
wp-content_uploads_archicadwiki_bugs-teamwork-displayorderinteamwork--display-order.png

原因

断面図/立面図ビューには3つのレベルの表示順序があります。
  1. 3D要素のみ: これらの要素は実際の3 Dでの状況から生成されるため、送受信プロセスを通じて相互の相対的な順序は一貫しています。
  2. 2D要素のみ: この場合、要素の相対的な順序は、常に可視性の設定に従って表示されます。送信と受信では、この順序は2D要素間で保持されます。
  3. 3D要素と2D要素: 2D要素が3 Dオブジェクトの後ろにあり、別のものをカバーする状況を設定できます。2D要素と3D要素の相対的な順序は同じままであることに注意してください。ですが、送信と受信を行うと、この情報は、特定の2D要素がシーン内のすべての3D要素の背後にある、または覆われている場合にのみ、サーバーに渡されます。

解決方法

特定の2D要素(例: 走っている男性のシンボル)の表示順序は、それが混在する状況になるまでサーバには渡しません。3D要素より完全ンい前または後ろに配置する必要があります。Archicad 16からのモルフツールを使用すると、2D要素を実際のオブジェクトに変換して、3 Dシーンの一部にすることができます。
  • 断面図で任意の2 D塗りつぶしや輪郭を取るか、2Dシンボルオブジェクトの「編集/変形/分解」コマンドを使用します。
  • マジックワンドツールを使用して、2D要素に完全に一致するモルフを作成します。
  • 望ましい結果を得るために、実際の3Dに配置します。
wp-content_uploads_archicadwiki_bugs-teamwork-displayorderinteamwork--2dobject.png
Archicad 15またはその他の以前のバージョンで作業している場合、断面/立面図にワークシートマーカーを配置し、2D分解ビューをドキュメント用に使用することができます。もう一つの方法は、断面/立面選択設定からビューを直接図面に分解することです。
wp-content_uploads_archicadwiki_bugs-teamwork-displayorderinteamwork--worksheet.png
共同執筆者
バージョン履歴
最終更新日:
‎2023-05-25 01:37 PM
更新者:

回答が見つかりませんでしたか?

このフォーラムで
他の記事をチェック

フォーラムへ戻る

最新の解決策をチェック

採用された解決策

新しいディスカッションを始める

投稿する