キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
チームワーク&BIMcloud
チームワーク、BIMcloud、BIMcloud Basic、BIMcloud SaaS、ネットワーク設定などに関する記事を読むことができます。

記事

BIMcloud BasicでManagerとServerとがペアリングされない

BIMcloud Basicのインストール後、BIMcloud ServerがBIMcloud ManagerのWeb画面で利用可能なサーバーとして表示されません。 BIMcloud ServerをBIMcloud Managerに手動でペアリングする その手順は次のとおりです: BIMcloud BasicをBIMcloudにアップグレード - これは完全に無料のプロセスで、BIMcloudライセンスを持っていなくても実行できます。 BIMcloud ServerをBIMcloud Manag...

チームワークの動作が遅い

関連バージョン: バージョン19 およびそれ以降 Archicadユーザーは、チームワークプロジェクトのチームワーク操作(送受信、送信、受信、確保、解放)中に速度低下またはフリーズを経験することがあります。 発生頻度から想定される原因 ArchicadまたはBIMcloud/BIMcloud Basicが最新ではありません すべてのArchicadクライアントとBIMcloud/BIMcloud Basicコンポーネントが最新の製造番号に更新されているかを確認します。 ネットワークの問題 Arc...

BIMcloudのバックアップからBIMcloudを復元する方法

関連バージョン: 21 主な手順は次のとおりです: BIMcloudの新しいホストとして機能するマシンを選択します これらのマシンにBIMcloudソフトウェアをインストールし、元のBIMcloudと同じアップデートまで更新します バックアップをアーカイブされたストレージから新しいBIMcloudホストマシンに移動します BIMcloud Managerを復元します BIMcloud Serverを復元します 必要に応じてBIMcloud Serverのプライマリアドレスを調整します リカバリプ...

wp-content_uploads_2017_03_RestoreRequiresCleanInstall-300x127.png wp-content_uploads_2017_03_ManagerRestore-300x281.png wp-content_uploads_2017_03_bcRestoreManager-300x128.png wp-content_uploads_2017_03_BcManagerBackup-300x95.png

BIMcloudのインストールの互換性

影響を受けるバージョン: BIMcloud 2020.2以降 BIMcloud 2020.2から、BIMcloudとBIM Server 19、20、21を1つのステップで最新のBIMcloudバージョンに更新することはできません。 BIMcloud 2018.2以降を実行している場合は、変更なしでBIMcloud/BIMcloud Basicを更新できます。 BIMcloud/BIM Server 19、20、または21を最新のBIMcloudバージョンに更新する場合はどうすればよいですか? ...

bimcloud-installation-compatibility-warning.png bimcloud-installation-compatibility-warning.png

BIMcloudを最新バージョンにアップデート後も、アップデートが利用可能と通知される

影響を受けるバージョン:BIMcloudおよびBIMcloud Basic2019.2および2019.3 問題 BIMcloud / BIMcloud Basicが最新バージョンにアップデートされたにも関わらず、BIMcloudマネージャーとBIMcloudサーバーの両方について、まだアップデートが利用可能であるとBIMcloudから通知されます。BIMcloudまたはホストコンピューターを再起動した後もこの通知が消えません。 対応方法 この問題は、BIMcloud 2019.2 および2019...

Alert-BIMcloud.png

PLNスナップショットを作成できない – ステータスが保留のままになってしまう

BIMcloudおよびBIMcloud Basic バージョン22、21、20、19が該当 注記この問題はBIMcloud 2019.2以降では修正されています。アップデートをインストールし、以下の手順に従って問題を修正して下さい。この問題は特定のプロジェクトにおいて、そのプロジェクトのPLNスナップショットが最近作成された場合であってもPLNスナップショットをアップロードするようユーザーが繰り返し通知を受ける、というものです。BIMcloud Managerのウェブインターフェイスには、影響を...

BIMcloud Basic が自動的にBIMcloud にアップグレードされてしまう

影響のあるバージョン: BIMcloud Basic 2018.2 及び 2018.2.1 注記この問題はBIMcloud 2019.1で修正されています。このアップデートをインストールしてダウングレードのプロセスが終了した後には、必ずBIMcloud Basicと接続されたすべてのArchicadクライアントの両方を再起動して下さい。ある特定の場合において、BIMcloud BasicがBIMcloudに自動的にアップグレードされることがあります。BIMcloud Basicへダウングレードす...

BIMcloudとBIMcloud Basicのどちらがインストールされているかを確認する方法

BIMcloudとBIMcloud Basicのインストールには、同じインストーラーが使用されます。このため、ライセンス付与された製品を誤ってインストールしてしまう可能性があります。もしBIMcloudとBIMcloud Basicの違いが分からない場合は、GRAPHISOFTの製品概要 のページでご確認下さい。 BIMcloudのライセンス版がインストールされているかどうかを知る指標 一度にBIMcloudに接続できるのは、ユーザー1人のみである ライセンスを保持していない、というエラーメッセ...

bimcloudbasic.jpg bimcloud.jpg

BIM ServerをBIMcloud Basicにアップデートする方法

バージョン19以降のBIM Serverであれば、BIMcloud Basicにアップデートすることが可能です。詳しくは、以下のよくある質問をご確認ください。 インストールする前に コンピュータにインストールしたBIM Serverのバージョンを確認します。 BIM Server 18はBIMcloud Basicとの互換性がないため、他のバージョンのBIM ServerをBIMcloud Basicにアップデートする前には、BIM Server 18の使用を中止する必要があります。バージョン1...

インストールオプション BIM Server 20 Selection Lunch after v20 Manager is Updated Select BIMcloud Server 20

外部ストレージのBIMcloudデータへのMicrosoft Windowsのアクセス許可を付与する方法

Archicadチームワークプロジェクトでは、BIMcloudライブラリ、ファイル、スナップショット、BIMcloudバックアップに、スムーズな運用を実現するために大容量のストレージが必要となります。手頃な価格でこのニーズを解決するために、これらのデータをすべて外部ストレージに移動することを検討することが考えられます。 この記事では、外部ストレージからデータにアクセスできるようにBIMcloudに必要な権限を付与するための環境を設定する方法のヘルプを見つけることができます。 必要なハードウェア ...