キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ARCHICADで正確に作業する方法

apolgar
Graphisoft
Graphisoft
ARCHICADでは、要素の正しいサイズや場所を数値で指定する必要なく、建物をスケッチするだけで柔軟性が得られますが、適切な設計プロセスに入る場合は、特定のサイズと位置で要素を配置する必要があります。次の入力補助機能を使用して、既存の要素に対するサイズ(たとえば、別の要素と同じ長さである必要があります)および位置(たとえば、壁が別の壁と平行でなければなりません)を定義できます。他の要素。+をクリックしてリストを展開し、詳細を確認します
ガイドライン
ガイド線は、手動で配置できる永続的な線と円弧です。それらは永続的であるため、削除するまで残ります。ガイドラインは2Dと3Dにも配置できますが、それらの間には関係がなく、各ビューで一意です。詳細については、ガイドライン
Guide_Lines_sheet-1024x573.png
[/ su_spoiler]
スナップ参照
を参照してください。スナップ参照は、正確な要素の配置を支援するために、既存の要素に沿って表示される一時的な線
、円弧、および点です。スナップ参照には2つのタイプがあります。 入力に関連する複数の場所に表示されるようにするには、エッジまたはポイントをスナップ参照として定義できます。要素のエッジまたはポイントにカーソルを合わせると、スナップ参照(動的に表示される青いハイライト)がアクティブになります。(スナップ参照にカーソルを合わせると、解除できます。)任意の数のスナップ参照を同時にアクティブ化できます。スナップ参照を定義すると、スナップガイドとポイントが表示されます。それらは青い破線と円弧/円で表示されます。

スナップガイドは関係を示します。


  • 接線
  • 平行
  • 垂直
  • 角度二等分線(該当する場合)
  • 2つの円の中心点を結ぶ線(該当する場合)
A.04-Snap-Points-1024x574.png
A.03-Snap-Guides-1024x574.png
[/ su_spoiler]
トレースと参照
ARCHICADでは、任意のモデルまたはレイアウトウィンドウで別のビューの下にビューを配置できます。同じ画面でモデルビュー/図面を簡単に比較できます。また、一時的な編集補助として使用することもできます。詳細については、 A.06-Trace-and-Reference-1024x574.png

マジックワンド

マジックワンド(ショートカット:スペースバー)は、既存の要素の中から線形または多角形を見つけて追跡し、追跡した多角形に基づいて新しい要素を生成するのに役立ちます。 マジックワンドは2Dおよび3Dでも使用できます。


  • エッジまたはノードをクリックすると、魔法の杖は要素または要素チェーン、あるいはその両方をトレースします。
  • 空のスペースまたはサーフェスをクリックすると、マジックワンドは最も近い要素によって形成された閉じた多角形領域をトレースします。
デザインツール(例:スラブツール)を使用して、既存の要素の端または空の領域にマウスを合わせます。スペースバーを押すとプレビューが表示され、クリックして要素を配置します。詳細について は、マジックワンド を参照してください。Magic_Wand_fixed.png
[/ su_spoiler]
スマートカーソル
ARCHICADでは、カーソルの形状はカーソルの実際の位置を示し、エッジ、ポイント、または参照線を見つけるのに役立ちます。詳細については、「 スマートカーソル」を参照してください。smart_cursor.gif
カーソルは、ノードから一定の距離内にある場合、ノードとエッジにスナップします。カーソルの形状は、ノードまたはエッジにスナップしたというフィードバックを送信します。カーソルの感度は、[ オプション ]> [ 作業環境]> [入力制約とガイド]> [カーソルスナップ範囲](範囲はピクセルで指定)で設定できます。[/ su_spoiler]
トラッカー
ARCHICADで距離を入力するために、 トラッカー が使用されます。距離の入力は、2Dと3Dで同じように機能します。トラッカーは要素の入力中に表示され、マウスの動きに追従して、開始ノードから計算された距離と角度、および/またはXYZ座標に関するフィードバックを常に提供します。[ オプション]> [プロジェクト設定]> [ 作業単位]のダイアログボックスを使用して、トラッカーに表示される単位を定義します。詳細については、ARCHICAD に距離を入力する方法
A.01-Tracker-1024x574.png

構築グリッドとスナップグリッド
作図を容易にするために、作図グリッドとスナップグリッドが提供されています。これらの違いは、スナップグリッドは非表示のグリッドであり、カーソルを事前定義された距離にスナップさせることで、オプションで入力を容易にすることができることです。下書きグリッドが表示され、回転できます。「下書きグリッドにスナップ」オプションがチェックされている場合は、グリッドの交点も同様にスナップできます。グリッドは、フロアプランおよび個々の断面図/立面図、3Dドキュメント、詳細/ワークシート、またはレイアウトウィンドウに対して個別に定義できます。(注:平面図ウィンドウでは、同じグリッド設定がすべてのストーリーに使用されます。)
詳細については、 A.05-Construction-Grid-and-Snap-Grid-1024x574.png
[/ su_spoiler]
計測ツール
計測ツールを使用すると、2Dおよび3Dでも距離と面積を計測できます。これは一時的な画面上の機能であり、簡単なチェックに使用できます。(要素のサイズを永続的に表示する場合は、ディメンションツールまたはラベルツールを使用します。)[ オプション]> [プロジェクト設定]> [ 作業単位]のダイアログボックスを使用して、計測ツールで表示される単位を定義します。MeasureIconinToolbar.png
詳細については、計測ツール を参照してください。[/ su_spoiler]

回答が見つかりませんでしたか?

このフォーラムで
他の記事をチェック

フォーラムへ戻る

最新の解決策をチェック

採用された解決策

新しいディスカッションを始める

投稿する