キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

GrasshopperによるArchicad用パラメトリックオブジェクトの作成

Michitaka Kiriki
Graphisoft
Graphisoft

GDLスクリプトにはその美しさがありますが、間違いなく誰にでも適しているわけではありません。一般的には、Archicadでパラメトリックオブジェクトをより簡単に作成できると良いでしょう。GrasshopperとLive Connectionは、Archicadのツールとしてジオメトリを転送するだけでなく、例えば下のランプのように実際のArchicadオブジェクトを作成することで、ある時点まで はこれを支援することができます。

 

ghobject-lamp.png

 

 

この機能はGrasshopper - Archicad Live Connectionの一部で、少し隠れている可能性があり、動作させるためにはさらにいくつかの小さな調整が必要です。

Grasshopperスクリプトの概要: ベースとなる脚とジッターをつなぐパーツは2つのグループに分かれており、両方の編集に利用できる入力フィールドがいくつかあります。さらに、BREPグループ(詳細は以下を参照)があり、最後にArchicadオブジェクトへの変換があります。

 

ghobject04.png

 

1.ジオメトリ(ベースとコネクタ)が作成されると、ARCHICAD/Settings/Object SettingsARCHICAD/Design/Object コンポーネントをGrasshopperに配置します。

2. [オブジェクト設定]を右クリックして、[新しいライブラリ部品の作成]を設定し、関連するノードを接続します。

ghobject02.png

 

3.で、パネル コンポーネントを追加し、最終ライブラリ(オブジェクト名ノード)の名前 を指定します。

4.オブジェクトコンポーネントに アンカーのポイント を追加します。

これで、ジオメトリスクリプトは、ジオメトリノードを介してオブジェクト設定に接続する準備がほぼ整いました。この段階でそれらをリンクすると、すべてのジオメトリピースは個々のオブジェクトとして終了します。これを防ぐには、すべてのピース(この例ではベースレッグとコネクタ)からBREPを作成 し、それを統合したBREPをオブジェクト設定に接続 します。

ghobject01-1.png

 

100%完璧とは言えませんが、ある種の状況には役立つでしょうし、ほとんど無敵のツールセットが用意されているので、Grasshopperを使いこなす人に適しています。

 

ghobject03-1.png

 

ArchicadのGH Interoperabilityパレットからオブジェクトのロックを解除し、たとえばその材質を設定できます。GHからのアップデートすると、オブジェクトが再びロックされます。

 

制限事項

  • パラメトリックはGHに残り、その結果はArchicadで編集することはできませんが、いくつかのワークフローを強化することで解決できます: オブジェクトをGHで編集可能な別のArchicadファイルに保存し、そのファイルから実際のプロジェクトにエクスポートします。埋め込みライブラリに要素を持つことはお勧めできません。このように、実際のプロジェクトの代わりに、この種のオブジェクトを収集してリンクすることができます。
  • 材質は、Archicadでアンロックした後にのみ、別々のピース(複数のオブジェクト)に追加できるため、より多くのオブジェクトを1つにまとめる必要があります
  • 2D表現を直接編集することはできませんが(投影のみ)、3D確定後にオブジェクト自体を開いて、GDLエディタで任意の2Dシンボルを追加・描画することが可能です。
  • 外部ソリューション利用の必要性
共同執筆者
バージョン履歴
最終更新日:
‎2022-10-03 11:54 PM
更新者:

回答が見つかりませんでしたか?

このフォーラムで
他の記事をチェック

フォーラムへ戻る

最新の解決策をチェック

採用された解決策

新しいディスカッションを始める

投稿する