キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Open BIMワークフローでの開口ツール

Michitaka Kiriki
Graphisoft
Graphisoft

他のデザイン分野と建築との協力が重要です。そのため、Archicad 23では、IFCモデルとしてファイルをインポートするための簡単なワークフローを提供しています。

IFCの"Provision for Void"をインポートします。

設計者は、IFCのモデルとして他の設計分野からProvisions for Voidsを受け取ります。エンジニアから送られてくるIFCファイルには、エンジニアが設計者に壁やスラブに開口部を作るよう依頼するための形状やデータが含まれていることがあります。これらは、モルフとしてArchicadファイルに表示されます。その後、ユーザーが行うべきことは、選択項目から開口部を作成することのみです。詳細な説明は以下です。

第1ステップ: IFCモデルのインポート

他の設計分野で作成されたファイルをIFCモデルとしてインポートするには、以下の手順で行う必要があります。ファイル]>[相互運用性]>[結合] または [ファイル]>[開く]

次のセクションでは、IFCモデルのArchicadへのインポートプロセスの詳細について説明します。

IFCモデルをArchicadにインポート

このモデルには他のモデル要素も含まれるかもしれないですし、Provision for Voidsだけが含まれるかもしれません。

wp-content_uploads_2019_09_BIM-model-including-provisions-for-voids.jpg
Voidsを含むBIMモデル

 

wp-content_uploads_2019_09_image-1.png
Voidsのみ

2番目のステップ: インポートされる要素の選択

インポートしたモルフを分類(provision for void)に従って以下の手順で 選択します: [編集]>[検索と選択]

要素の検索と選択のワークフローは、次のリンクにあります:

要素の検索と選択

3番目のステップ: 選択した要素から開口部を作成する

選択内容から開口を作成 機能を使用して、これらのモルフ(設計者によって承認されたProvisions for Void)をネイティブのArchicad開口に変換します。ユーザーは、次の手順に従う必要があります: コンテキストメニュー>接続>選択内容から開口を作成

以下では、選択内容から開口の作成のプロセスについて詳しく説明します:

選択内容から開口を作成

共同執筆者
バージョン履歴
最終更新日:
‎2022-10-25 11:33 PM
更新者:

回答が見つかりませんでしたか?

このフォーラムで
他の記事をチェック

フォーラムへ戻る

最新の解決策をチェック

採用された解決策

新しいディスカッションを始める

投稿する