キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
デザイン記事

記事

Open BIMワークフローでの開口ツール

他のデザイン分野と建築との協力が重要です。そのため、Archicad 23では、IFCモデルとしてファイルをインポートするための簡単なワークフローを提供しています。 IFCの"Provision for Void"をインポートします。 設計者は、IFCのモデルとして他の設計分野からProvisions for Voidsを受け取ります。エンジニアから送られてくるIFCファイルには、エンジニアが設計者に壁やスラブに開口部を作るよう依頼するための形状やデータが含まれていることがあります。これらは、モ...

wp-content_uploads_2019_09_BIM-model-including-provisions-for-voids.jpg wp-content_uploads_2019_09_image-1.png

開口部ツール - 材質上書き

より正確で柔軟な開口部ツール 開口部ツールは、開口部のモデリング、情報管理、ドキュメント化のために、あらゆるプロジェクトで最も頻繁に使用されるArchicadツールの1つです。 Archicad 26以前では、開口部は切断要素と同じ材質を自動的に使用していました。Archicad 26では、開口部のモデリング、表示、ドキュメント化をより柔軟に、より正確に行うことができます。 開口部の材質や表現の上書きオプションのコントロールがより容易になりました。 開口部の材質の制御が向上 これまで開口部では、...

EmokeCsikos_0-1654014079874.png EmokeCsikos_1-1654014079876.png EmokeCsikos_2-1654014079878.png EmokeCsikos_3-1654014079930.png

Library Part Makerが全⾔語のArchciadに対応

カスタムスマートオブジェクトの作成が困難な場合があります Archicadの内蔵ライブラリには、膨大な数のBIMオブジェクトが用意されています。GDLテクノロジーにより、オブジェクトのパラメータを変更することで、異なるバージョンのオブジェクトを簡単に作成することができます。 Archicadには内蔵ライブラリがありますが、カスタムのスマートライブラリオブジェクトを作成したいというニーズや要望は高まっています。しかし、GDLに不慣れな場合は、これが困難かもしれません。 Archicadの以前のバー...

キッチンキャビネットのドキュメンテーションとモデリング機能の改善

標準への対応 Archicad 26がリリースされる前は、新しいキッチンキャビネットの2Dおよび3D表示を地域の基準に合わせるには、回避策が必要なこともありました。 キャビネットレイアウトのカスタマイズの自由度が向上 新しい専用パネルでカウンターとキャビネットの縁の表示を制御することができます。パネルは[キッチンキャビネットの設定]→[縁表示]で表示できます。前面以外の3辺は全て隠すことができます。 フレームありのパネル用に新しい[フレーム 指物]オプションが追加されました。[前面パネル]→[パ...

KatalinBorszeki_0-1653304222734.png KatalinBorszeki_1-1653304222743.png KatalinBorszeki_2-1653304222745.png KatalinBorszeki_3-1653304222747.png

円弧のストレッチ時にコピーを作成

ユーザーとのインタラクションは一貫性があり、予期される結果をもたらすように動作する必要があります。 曲線要素に対する[半径のストレッチ]コマンドの動作に一貫性がなく、円や楕円を扱う際に選択した要素のコピーを作成することができないため、ユーザーのワークフローに空白ができていました。 [半径のストレッチ]コマンドを使用して円や楕円のコピーを作成 円や楕円の半径のストレッチ中にOption(Mac)またはControl(Windows)キーを押して、1つのコピーを作成します。 [半径のストレッチ]コマ...

Radial.gif

GrasshopperによるArchicad用パラメトリックオブジェクトの作成

GDLスクリプトにはその美しさがありますが、間違いなく誰にでも適しているわけではありません。一般的には、Archicadでパラメトリックオブジェクトをより簡単に作成できると良いでしょう。GrasshopperとLive Connectionは、Archicadのツールとしてジオメトリを転送するだけでなく、例えば下のランプのように実際のArchicadオブジェクトを作成することで、ある時点まで はこれを支援することができます。 この機能はGrasshopper - Archicad Live Co...

ghobject-lamp.png ghobject04.png ghobject02.png ghobject01-1.png

複数のインスタンスを1つのオブジェクトとして配置するGDLスクリプトの簡単な編集方法

この記事では、非常に簡単なスクリプト編集で、選択したオブジェクトの複数のインスタンスを1つのオブジェクトとして配置することを目指します。プログラミング言語の予備知識は必要ありません。必要なのは、あなたのマシンで稼働しているArchicadのみです。 さっそく、MEP要素を例に説明します。洗面キャビネットではいかがでしょうか。 それでは行ってみましょう。 ファイルメニューの[ライブラリとオブジェクト]からオブジェクトを 開きます。 ライブラリからオブジェクトを選択し、この場合は洗面キャビネットを選...

2.jpg 3.jpg 16.png 6.jpg

スケッチモデルをBIMモデルへ変換

デザインスケッチモデル(通常はSketchUpまたはRhinoからのものですが、Archicadで作成されている場合もあります)とBIM用に作成されたモデルとは、異なる考え方の人が全く異なるアプローチで作成しているため、どちらかに変換しなければならないときに衝突することがあります。 スケッチ/デザインモデルでは、要素を自由に配置し、3Dで形状を編集したいだけです。しかし、BIMモデルでは、すべてが構造化され、十分に整理されている必要があります。たとえば、スケッチでは「配置フロア」というものはあり...

rlhs01.png rlhs02-2.png rlhs03-2.png rlhs04-2.png

階段ツールの基本-等幅踏面のワインダーの階段を作成する方法

前回の記事では、一般的な階段セグメントとターンの仕組みについて説明しました。この記事では、2つの例を紹介します。それらを使用して、等しい動線/踏面のワインダーを備えた階段を作成する方法です。 ワインダーオプションについて [階段選択設定]のドロップダウンメニューから、または[階段]のコーナー(ターンしている端点)をクリックして、[ペットパレット]から[ターンタイプオプション]を選択して、[ワインダーオプション]ダイアログを開くことができます。上部のワインダーオプションパネルでは、Archicad...

wp-content_uploads_2018_02_Winder-Options-2-2-step-300x240.png wp-content_uploads_2018_02_Winder-Options-1-2-step.png wp-content_uploads_2018_02_Winder-Options-no-middle-step-300x240.png wp-content_uploads_2016_06_Info_18x18.png

階段ツールの基本-等角度のワインダーの階段を作成する方法

前回の記事では、一般的な階段セグメントとターンの仕組みについて説明しました。この記事では、等角度のワインダーで階段を作成するためにそれらを使用する方法の2つの例を示し、このワインダータイプの一般的な仕組みを説明します。 等角ワインダーの仕組み このワインダータイプの基本的なルールは、最初にワインダーの最初と最後の蹴上を配置し(あなたが設定したオフセットに基づいて)、次に、2つの間の角度を定義された数に等しく分割することです。最初と最後の蹴上は、常に歩行ラインに対して垂直(90°)になります。 プ...

wp-content_uploads_2018_02_Equal-Angle-Explanation.gif wp-content_uploads_2018_02_Division-Method-1.png wp-content_uploads_2016_06_Info_18x18.png wp-content_uploads_2018_02_Riser-Offset-settings.png