キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
データ変換記事

記事

マルチセグメントの柱と梁のサポート

Graphisoftは、複数分野にまたがる設計ワークフローをさらに効率化することを重視しています。Archicad 26は、構造解析ワークフローの重要な改善により、構造エンジニアと設計担当者の間のコラボレーションを強化します。 マルチセグメントを持つ構造要素 構造要素は、断面形状が異なる複数のセグメントで構成される場合もあります。構造解析では、複数のセグメント(各セグメントに独自の断面形状)を持つ部材が不可欠であり、これによって正確な解析計算が可能になります。 マルチセグメント分析要素 断面の異...

GabrielDantas_0-1653306781866.png GabrielDantas_1-1653306781870.png GabrielDantas_2-1653306781872.png GabrielDantas_3-1653306781873.png

SAF変換設定の改善

SAF変換設定の設定を調整する 現在のところ、構造エンジニアはArchicadで構造解析モデルを作成および調整し、最終的にはSAF変換設定を経由して構造解析ソフトウェアにエクスポートすることができます。しかし、Archicadの以前のバージョンでは、SAF変換設定のページは2つしかありませんでした(エクスポート用とインポート用)。構造エンジニアは複数の構造解析アプリケーションを使用するため、異なるソフトウェアにエクスポートするたびに変換設定の設定を調整する必要がありました。このワークフローは時間...

MoaazHassan_0-1653306242486.png MoaazHassan_1-1653306242492.png MoaazHassan_2-1653306242497.png MoaazHassan_3-1653306242499.png

MEP要素の傾斜方向の表現

傾斜の向きは手動で入力されていました Archicad 25では、MEP要素に必要な情報のほとんどを提供するMEPラベルが導入されました。傾斜も表示できますが、その向きを矢印で示すなど、シンプルなビジュアル化はできていませんでした。 Archicad 26のMEP傾斜ラベルをご紹介します。 傾斜の向きを関連付けて表現 まず、アクティブなラベルとして[MEP傾斜ラベル]を選択します。ラベルを付けるMEP要素を選択し、[ドキュメント]→[注釈]→[選択された要素にラベル配置]に移動するか、一つの要素...

OleksandraVakariuk_0-1653305972049.png OleksandraVakariuk_1-1653305972056.png

モルフをIfcSpaceとしてエクスポート

ドイツのBIMモデリングガイドラインへの準拠 一般的に、あるワークフローでは、ゾーンツールに加えてモルフツールも使って部屋をモデリングする必要があります。このモデリング手法に加え、ドイツの新しいBIMモデリングガイドラインでは、各種の建築許可情報をIfcSpacesの形式でエクスポートすることが求められています。自治体の認証プロセスが義務化されると、ドイツの設計担当者はそれに従わなければならず、そうでなければ設計の許可を得ることはできません。 モルフからも空間体積をIFCに出力 ガイドラインの要...

MarcellHillier_0-1653303719587.png MarcellHillier_1-1653303719594.png

FRILOへのエクスポートの高速化

SAFファイルをFRILOへのエクスポートするのに時間がかかる FRILOを使用する構造エンジニアは、SAFファイルのエクスポートを行うたびに保存場所の選択やエクスポートパスの設定に時間がかかり、ワークフローが中断されるため効率が低下しているのが現状です。 SAFファイルのFRILOへのクイックエクスポート Archicad 26では、FRILOユーザーは新機能「FRILO Connection」により、ArchicadからSAFファイルを簡単にエクスポートすることができるようになりました。見て...

MoaazHassan_0-1653304653486.png MoaazHassan_1-1653304653488.png MoaazHassan_2-1653304653489.png MoaazHassan_3-1653304653492.png

構成部品レベルのデータをIFCにエクスポート

個々の構成部品のカスタマイズデータをIFC形式でエクスポート Archicadの以前のバージョンでは、IFC形式で個々の構成部品(全体としての要素だけでなく)のカスタマイズデータをエクスポートできなかったため、構成部品レベルの数量レポートには対策を講じる必要がありました。Archicad 26から、この情報をIFC形式でエクスポートできるようになりました。その結果、エクスポートされたIFCモデルには、Archicad要素の特性や機能に関する構成部品レベルの情報が含まれます。 構成部品へのIFCタ...

EmokeCsikos_0-1653336603164.png EmokeCsikos_1-1653336603175.png EmokeCsikos_2-1653336603180.png EmokeCsikos_3-1653336603186.png

積載荷重の自動生成

目次 ゾーンはもっといろいろなことに活用できます負担荷重の導出積載荷重を生成するゾーン1.建築モデルの確認2.ゾーンの分類の確認3.荷重カテゴリの確認Archicad内部で荷重カテゴリを調整します。Archicadの外部で荷重カテゴリを調整4.ゾーンをマッピングする5.作業領域を調整する6.積載荷重を生成7.積載荷重を更新相互運用性の高速化、自動化 ゾーンはもっといろいろなことに活用できます 現在、設計担当者がプロジェクトでゾーンを定義できるのは、主に特定の空間の用途を特定するためです。ゾーンは...

EmokeCsikos_0-1653068947878.png EmokeCsikos_1-1653068947883.png EmokeCsikos_2-1653068947885.png EmokeCsikos_3-1653068947888.png

Revit to Archicad Exchange - Doorの開き方向の問題

Revit 2019 (19.2.10.7)からIFCファイルをエクスポートされる際に、ドアの開きに関する問題が発生しました。ArchicadまたはSolibriにインポートすると、ドアが反転します。これは、提出図面が開き方向と出口方向が逆に作成されているため、大きな懸念材料となっています。これは、Revitの情報が不足していたことが原因です。Doorファミリには Operation パラメータが定義されているはずですし、ドアの開きを線で示すという具体的な方法もあるはずです。 RevitからIF...

rvtdoor1.png rvtdoor2.png

ArchicadからエクスポートされたIFCファイルのRevitにおけるドア表示の問題

Archicad-Revitの相互運用性の一般的な問題として、ドアスイングはほとんどの場合、Revitに正しく表示されなません。このトピックについては、すでにいくつかのディスカッションを行い、共有できるいくつかの有用なワークアラウンドを見つけました。こちらの記事は、推奨されるIFC変換設定のプリセットをまとめていますので、この問題に悩んでいるクライアントお役に立てれば幸いです。要約すると、この特定の問題に最も関連する3つの選択肢を考慮すると、ベストプラクティスは次のようになります: Archic...

フロア/高度

Archicadのフロアを設定します。 フロアの設定については、他の利害関係者と調整します。 以下のスクリーンショットは、典型的なコーディネートされたフロアの設定を示しています。 フロア/高度–実世界(オプション1) サイトモデルのArchicadの高度を実世界のZ座標に設定します。階高を高度を設定する前の値と同様にします。Archicad の原点に建物モデルがホットリンクされると、サイトファイルで指定された新しい高さに配置されます。 フロア/高度–実世界(オプション2) このオプションは、測量...