キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
データ変換記事

記事

マルチセグメントの柱と梁のサポート

Graphisoftは、複数分野にまたがる設計ワークフローをさらに効率化することを重視しています。Archicad 26は、構造解析ワークフローの重要な改善により、構造エンジニアと設計担当者の間のコラボレーションを強化します。 マルチセグメントを持つ構造要素 構造要素は、断面形状が異なる複数のセグメントで構成される場合もあります。構造解析では、複数のセグメント(各セグメントに独自の断面形状)を持つ部材が不可欠であり、これによって正確な解析計算が可能になります。 マルチセグメント分析要素 断面の異...

GabrielDantas_0-1653306781866.png GabrielDantas_1-1653306781870.png GabrielDantas_2-1653306781872.png GabrielDantas_3-1653306781873.png

SAF変換設定の改善

SAF変換設定の設定を調整する 現在のところ、構造エンジニアはArchicadで構造解析モデルを作成および調整し、最終的にはSAF変換設定を経由して構造解析ソフトウェアにエクスポートすることができます。しかし、Archicadの以前のバージョンでは、SAF変換設定のページは2つしかありませんでした(エクスポート用とインポート用)。構造エンジニアは複数の構造解析アプリケーションを使用するため、異なるソフトウェアにエクスポートするたびに変換設定の設定を調整する必要がありました。このワークフローは時間...

MoaazHassan_0-1653306242486.png MoaazHassan_1-1653306242492.png MoaazHassan_2-1653306242497.png MoaazHassan_3-1653306242499.png

FRILOへのエクスポートの高速化

SAFファイルをFRILOへのエクスポートするのに時間がかかる FRILOを使用する構造エンジニアは、SAFファイルのエクスポートを行うたびに保存場所の選択やエクスポートパスの設定に時間がかかり、ワークフローが中断されるため効率が低下しているのが現状です。 SAFファイルのFRILOへのクイックエクスポート Archicad 26では、FRILOユーザーは新機能「FRILO Connection」により、ArchicadからSAFファイルを簡単にエクスポートすることができるようになりました。見て...

MoaazHassan_0-1653304653486.png MoaazHassan_1-1653304653488.png MoaazHassan_2-1653304653489.png MoaazHassan_3-1653304653492.png

構成部品レベルのデータをIFCにエクスポート

個々の構成部品のカスタマイズデータをIFC形式でエクスポート Archicadの以前のバージョンでは、IFC形式で個々の構成部品(全体としての要素だけでなく)のカスタマイズデータをエクスポートできなかったため、構成部品レベルの数量レポートには対策を講じる必要がありました。Archicad 26から、この情報をIFC形式でエクスポートできるようになりました。その結果、エクスポートされたIFCモデルには、Archicad要素の特性や機能に関する構成部品レベルの情報が含まれます。 構成部品へのIFCタ...

EmokeCsikos_0-1653336603164.png EmokeCsikos_1-1653336603175.png EmokeCsikos_2-1653336603180.png EmokeCsikos_3-1653336603186.png

Revit to Archicad Exchange - Doorの開き方向の問題

Revit 2019 (19.2.10.7)からIFCファイルをエクスポートされる際に、ドアの開きに関する問題が発生しました。ArchicadまたはSolibriにインポートすると、ドアが反転します。これは、提出図面が開き方向と出口方向が逆に作成されているため、大きな懸念材料となっています。これは、Revitの情報が不足していたことが原因です。Doorファミリには Operation パラメータが定義されているはずですし、ドアの開きを線で示すという具体的な方法もあるはずです。 RevitからIF...

rvtdoor1.png rvtdoor2.png

Archicadのインポート/エクスポートのファイル形式

ファイル形式のカテゴリ Archicad形式 Archicad BIMx チームワーク ライブラリ PlotMaker 診断 その他の形式 CAD 3D/BIM ベクターグラフィック 画像 点群 動画 ドキュメント Archicad形式 Archicad プロジェクト形式 インポート/エクスポート .PLN Archicad 単独プロジェクトファイル プロジェクト、関連ファイル、説明、およびその他の重要なコンテンツに関する情報が含まれています。インポート: ファイル>開く>開く...エクスポート...

RevitおよびSolibriとのコラボレーションにおける機能拡張

RFAおよびRVT形式のネイティブファイル交換の改善点 Revitファイル形式のファイル交換は、Autodesk社のソリューションを使用している他分野とのコラボレーションの際に欠かせないものです。 Revitファイル形式のファイル交換機能がビルトインされたことにより、Revitユーザーとのコラボレーションがこれまでになく簡単になりました。このソリューションは、以前アドオンで提供されていた機能ですが、今回Archicadに統合されたことでRevitファイル形式でのファイル交換 がこれまで以上に容易...

DXF-DWG変換設定

このダイアログボックスを使用して、DXF/DWGファイルとしてエクスポートされたときにArchicadの要素がどのように解釈されるか、またはその逆を定義します。つまり、ArchicadにインポートされたときにDXF/DWGファイルの要素がどのように解釈されるかを定義します。 AutoCADとArchicadは異なるため、要素とパラメータを正しく変換するには変換ルールを使用することが不可欠です。これらのルールは、いわゆる変換設定ファイル(拡張XML)に保存されます。さまざまなタイプのデータ交換に対...

参照としてDWGファイルをインポートする方法

敷地計画、製図の支援、計画などで参照ファイルをDWG形式で同僚から入手することがあります。それらは、変更してはならないものです。Archicadモデルまたはレイアウトウィンドウで2つの異なるビューを同時に表示するために、参照 機能を一時的な編集支援として使用できます。カーソルは参照した要素に反応 し、パラメータ取得と切り取りコマンド、マジックワンド、およびDWGリ参照内の要素とのスナップ点を使用して、アクティブな要素を編集できます。 以下では、DWGファイルをインポートし、それらを参照として効果...

3D DWGもしくは3DSファイルを開く/保存する方法

3Dモデリングソフトウェアには、オブジェクトを計算するためのさまざまなエンジンがあり、独自のファイル形式があります。これらのアプリケーション間の変換は通常、次の2つの方法で行われます。 DWG/DXF形式の使用:ファイルの内容は、元のモデリングソフトウェアの変換システムによって異なります。これにより、たとえば、元のファイルの3Dサーフェスが、ブロック、ポリライン、3Dプリミティブ、リージョンなどとしてdwgに表示されるようになります。高度なソフトウェアの場合、これを設定するオプションがあります。...