キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
データ変換記事

記事

マルチセグメントの柱と梁のサポート

Graphisoftは、複数分野にまたがる設計ワークフローをさらに効率化することを重視しています。Archicad 26は、構造解析ワークフローの重要な改善により、構造エンジニアと設計担当者の間のコラボレーションを強化します。 マルチセグメントを持つ構造要素 構造要素は、断面形状が異なる複数のセグメントで構成される場合もあります。構造解析では、複数のセグメント(各セグメントに独自の断面形状)を持つ部材が不可欠であり、これによって正確な解析計算が可能になります。 マルチセグメント分析要素 断面の異...

GabrielDantas_0-1653306781866.png GabrielDantas_1-1653306781870.png GabrielDantas_2-1653306781872.png GabrielDantas_3-1653306781873.png

SAF変換設定の改善

SAF変換設定の設定を調整する 現在のところ、構造エンジニアはArchicadで構造解析モデルを作成および調整し、最終的にはSAF変換設定を経由して構造解析ソフトウェアにエクスポートすることができます。しかし、Archicadの以前のバージョンでは、SAF変換設定のページは2つしかありませんでした(エクスポート用とインポート用)。構造エンジニアは複数の構造解析アプリケーションを使用するため、異なるソフトウェアにエクスポートするたびに変換設定の設定を調整する必要がありました。このワークフローは時間...

MoaazHassan_0-1653306242486.png MoaazHassan_1-1653306242492.png MoaazHassan_2-1653306242497.png MoaazHassan_3-1653306242499.png

MEP要素の傾斜方向の表現

傾斜の向きは手動で入力されていました Archicad 25では、MEP要素に必要な情報のほとんどを提供するMEPラベルが導入されました。傾斜も表示できますが、その向きを矢印で示すなど、シンプルなビジュアル化はできていませんでした。 Archicad 26のMEP傾斜ラベルをご紹介します。 傾斜の向きを関連付けて表現 まず、アクティブなラベルとして[MEP傾斜ラベル]を選択します。ラベルを付けるMEP要素を選択し、[ドキュメント]→[注釈]→[選択された要素にラベル配置]に移動するか、一つの要素...

OleksandraVakariuk_0-1653305972049.png OleksandraVakariuk_1-1653305972056.png

FRILOへのエクスポートの高速化

SAFファイルをFRILOへのエクスポートするのに時間がかかる FRILOを使用する構造エンジニアは、SAFファイルのエクスポートを行うたびに保存場所の選択やエクスポートパスの設定に時間がかかり、ワークフローが中断されるため効率が低下しているのが現状です。 SAFファイルのFRILOへのクイックエクスポート Archicad 26では、FRILOユーザーは新機能「FRILO Connection」により、ArchicadからSAFファイルを簡単にエクスポートすることができるようになりました。見て...

MoaazHassan_0-1653304653486.png MoaazHassan_1-1653304653488.png MoaazHassan_2-1653304653489.png MoaazHassan_3-1653304653492.png

積載荷重の自動生成

目次 ゾーンはもっといろいろなことに活用できます負担荷重の導出積載荷重を生成するゾーン1.建築モデルの確認2.ゾーンの分類の確認3.荷重カテゴリの確認Archicad内部で荷重カテゴリを調整します。Archicadの外部で荷重カテゴリを調整4.ゾーンをマッピングする5.作業領域を調整する6.積載荷重を生成7.積載荷重を更新相互運用性の高速化、自動化 ゾーンはもっといろいろなことに活用できます 現在、設計担当者がプロジェクトでゾーンを定義できるのは、主に特定の空間の用途を特定するためです。ゾーンは...

EmokeCsikos_0-1653068947878.png EmokeCsikos_1-1653068947883.png EmokeCsikos_2-1653068947885.png EmokeCsikos_3-1653068947888.png

構造エンジニアとのシームレスなコラボレーション

建築家と構造エンジニアやMEP(機械・電気・配管)エンジニアとの間でコラボレーションをスムーズに行うことは、双方向のやり取りが必要なため、決して容易なものではありません。 建築家とエンジニアにシームレスに共同作業していただくため、Archicadは、コラボレーションのプロセスを改善し、設計ミスの可能性を低減することができるような、コラボレーションに適した環境を提供しています。Archicad 25で新たに改善された構造解析モデルをご紹介します。何が新しいのか見てみましょう! 構造解析モデル にお...

SAM-load.png SAM-tool.png SAM-dialogue.png SAM-custom-allign.png

構造解析モデルの機能改善

目次 構造解析モデルの処理の改善 モデル比較でIFC構造プロジェクトを開く 改善されたモデルチェック結果 複数の離心率値を持つ1Dメンバーのインポート 構造解析フォーマットとの相互運用性 構造アプリケーションの事前定義されたモデルデータ 改善された断面の処理 製造されたSAF断面の自動マッピング エクスポート時の製造断面の自動マッピング SAF断面形状および一般的な断面のより簡単なインポート SAF変換設定のユーザビリティの改善 この記事で説明されている機能の改善は、Archicad 24 Up...

connection-range.png cores-connected-2.png saf-download-1.png Screenshot-2020-11-10-at-13.06.47.png