キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
データ変換記事

記事

モルフをIfcSpaceとしてエクスポート

ドイツのBIMモデリングガイドラインへの準拠 一般的に、あるワークフローでは、ゾーンツールに加えてモルフツールも使って部屋をモデリングする必要があります。このモデリング手法に加え、ドイツの新しいBIMモデリングガイドラインでは、各種の建築許可情報をIfcSpacesの形式でエクスポートすることが求められています。自治体の認証プロセスが義務化されると、ドイツの設計担当者はそれに従わなければならず、そうでなければ設計の許可を得ることはできません。 モルフからも空間体積をIFCに出力 ガイドラインの要...

MarcellHillier_0-1653303719587.png MarcellHillier_1-1653303719594.png

構成部品レベルのデータをIFCにエクスポート

個々の構成部品のカスタマイズデータをIFC形式でエクスポート Archicadの以前のバージョンでは、IFC形式で個々の構成部品(全体としての要素だけでなく)のカスタマイズデータをエクスポートできなかったため、構成部品レベルの数量レポートには対策を講じる必要がありました。Archicad 26から、この情報をIFC形式でエクスポートできるようになりました。その結果、エクスポートされたIFCモデルには、Archicad要素の特性や機能に関する構成部品レベルの情報が含まれます。 構成部品へのIFCタ...

EmokeCsikos_0-1653336603164.png EmokeCsikos_1-1653336603175.png EmokeCsikos_2-1653336603180.png EmokeCsikos_3-1653336603186.png

Revit to Archicad Exchange - Doorの開き方向の問題

Revit 2019 (19.2.10.7)からIFCファイルをエクスポートされる際に、ドアの開きに関する問題が発生しました。ArchicadまたはSolibriにインポートすると、ドアが反転します。これは、提出図面が開き方向と出口方向が逆に作成されているため、大きな懸念材料となっています。これは、Revitの情報が不足していたことが原因です。Doorファミリには Operation パラメータが定義されているはずですし、ドアの開きを線で示すという具体的な方法もあるはずです。 RevitからIF...

rvtdoor1.png rvtdoor2.png

ArchicadからエクスポートされたIFCファイルのRevitにおけるドア表示の問題

Archicad-Revitの相互運用性の一般的な問題として、ドアスイングはほとんどの場合、Revitに正しく表示されなません。このトピックについては、すでにいくつかのディスカッションを行い、共有できるいくつかの有用なワークアラウンドを見つけました。こちらの記事は、推奨されるIFC変換設定のプリセットをまとめていますので、この問題に悩んでいるクライアントお役に立てれば幸いです。要約すると、この特定の問題に最も関連する3つの選択肢を考慮すると、ベストプラクティスは次のようになります: Archic...

Archicadネイティブの測量点

プロジェクトでは、各関係者は異なるアプリケーションで作成されたモデルで作業をおこないます。個別のオブジェクトレベルにおいて位置データを同期し、決定するのは時間のかかる作業であり、IFCやBCF、DXF、DWG形式でのファイル交換時に要素の配置が一致しない結果を招く場合があります。 この新しい測量点 は、Archicad 25でアップデートされた[位置設定 ]ダイアログで利用できるようになりました。この機能はより簡単で素早い、より一貫性のある座標の設定を保証し、プロジェクト位置の同期 を解決するこ...

Native-survey-2.png Toolbar.png ac25-survey-point.jpg

IFCベースのモデル変換の基本 - エクスポート

ARCHICADは、ソフトウェアベンダーが使用できる共通言語を使用して、OpenBIMのコンセプトをサポートしています。この共通ファイルフォーマットは、buildingSmart®によって開発されたIFC(Industry Foundation Classes)と呼ばれるものです。詳細は、buildingSmartのFAQページをご覧ください。 モデルフィルタリング モデルのフィルタリングは、まず何から始めるかが重要です。 全てのデータのを含めた3Dビュー(そしてそのデータのみの3Dビュー)を設...

インポートしたIFCの属性の管理

はじめに IFCをインポートし、「構造要素に変換し、それ以外の場合はオブジェクト/モルフに変換」というオプションを選択すると、ARCHICADに新しい属性が作成されます。インポートした内容がIFC構造ファイルの場合、新しく作成される属性は、主に断面形状とビルディングマテリアルで構成されます。 断面形状を管理する方法 修正されたIFCモデル配置するときには、以前に作成された属性(例.断面形状)を削除するのが良い方法ですが、ARCHICADの標準鉄骨断面形状(オプション > 断面形状 > 標準鉄骨断...

ARCHICAD IFC変換設定

IFCを使用したモデルデータのインポートとエクスポートは変換設定の設定により制御されます。ARCHICADには、事前に定義されたデフォルトのIFC変換設定が用意されていますが、独自に定義することもできます。 IFC変換設定 (ファイル > 相互運用性 > IFC)を使用すると、変換設定の設定を変更したり、新しい変換設定を作成したりできます。下記はIFC変換設定ダイアログボックスに表示される設定の説明です:

IFCに関するよくある質問

IFCとMVDとは何ですか? IFCとは、IAI(BuildingSMART)によって開発されたISO認証を取得したファイル形式です。IFCは、BIM(Building Information Modeling)で使用される唯一のオープンで標準的なオブジェクト指向の交換フォーマットです。IFCは、全てのソフトウェアベンダーが無料で利用できます。IFCは、すべてのプロジェクト要素の3Dジオメトリ表現を提供し、材質、断面形状、機能などの各要素に関する標準データとカスタムデータを保存します。異なる分野...

IFCエクスポート時のIFC変換設定

形状変換の方法 BREPとは何ですか? BREPは境界表現(Boundary Representation)の略です。 BREPは、IFCファイルをエクスポートするときに正確なジオメトリを再現します。 BREP形状には、ARCHICADモデルのソリッド要素操作、トリム、作物などが含まれます。 BREPの制限 • (オブジェクトベースの)要素の編集は不可 • いくつかのパラメータの消失 ARCHICAD IFCをBREPとしてエクスポートした場合の例(Revit 2016) 押出/回転 形状 AR...