キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
ドキュメント記事

記事

Archicad 26の2Dレンダリングの詳細

この記事では、複数のArchicadバージョンにまたがる2Dの近代化プロジェクトについて、いくつかの洞察を提供することを目的としています。線分のレンダリングの変化とその効果に注目します。 タイトル通り、ソフトの内部構造に興味がある方には、なぜこのように変化していったのかをより深く理解するためにお勧めの資料です。 用語 詳細を説明する前に、使用されている専門用語の簡単な概要を説明します。 エイリアシング: ラスタライズによるベクトルデータの離散化(「ギザギザのエッジ/ライン」) アンチエイリアシン...

uth01_comparison.png uth01_geometry.png

ゾーンの面積と体積

ゾーンの面積や体積の計算は、どの面積がどのように計算されているのかが正確に把握できない場合、厄介に感じることがあります。 以下では、面積タイプの違いや、表示されるはずのものが表示されない理由を明らかにしていきたいと思います。 まず、簡単なおさらいから始めましょう。もし、グラフィソフトのウェブサイトのヘルプセンターの関連記事をご覧になったことがあれば、すでにご存じだと思います。 ゾーンを配置するための2つの 自動的な方法: 内法 基準線 後者は、2つの 表示オプションがあります: 正味 総体 4種...

zav01.png zav02-1.png zav03.png zav04.png

マスタレイアウトとサブセット情報のための新しい自動テキストオプション

レイアウトのタイトルブロック作成時に、一部の情報に自動テキストからアクセスできない場合がありました マスタレイアウトの自動テキストは、タイトルブロックのドキュメント関連情報を自動的に更新するインテリジェントなArchicadツールです。しかし、ユーザーは手動でテキストを追加したり、レイアウトブックにサブセットごとに特定の自動テキストを配置したり、マスタレイアウトを追加作成したりして、いくつかの制限を回避する必要がありました。 Archicad 26では、ユーザーが要求した自動テキストオプションが...

Master Layout.png Subsets.png

高度寸法ツールの改善

高度寸法テキストの内容のカスタマイズが困難でした Archicad 26の高度寸法のアップデートでは、ドキュメント作成にかかる時間を短縮するために、繰り返し作業を避けることに重点を置きました。この新機能はユーザーから要望され、このツールをより速く、より効率的に使用できるようになりました。 Archicad 26より前は、寸法テキスト設定の編集や情報の追加は、寸法を配置した後に1つずつでしか行うことができませんでした。これらの制約は、Archicad 26で解決しました。 見てみましょう。 高度寸...

EmokeCsikos_0-1654014302607.png EmokeCsikos_1-1654014302621.png EmokeCsikos_2-1654014302639.png

改善されたPDFインポート

複数のPDFページを一度にインポート Archicadの外部コンテンツのインポートは、PDFドキュメントなどの外部情報をビューやレイアウトに配置するのに便利です。Archicad 26の前のバージョンまでは、選択した同じPDFドキュメントから一度に1ページのPDFをインポートすることしかできず、その繰り返しで時間がかかっていました。Archicad 26では、複数のPDFページを一度に選択して配置することができます。 一度に1つのPDFページだけを配置する繰り返し作業を回避 目的のPDFドキュメ...

lewaa_ab_0-1653306547628.png

表現の上書きの組み合わせの管理の簡略化

ルールの検索とセットへの追加 表現の上書きセットを作成する場合、一度に1つのルールだけを検索してセットに追加するのは時間がかかる場合があります。この作業をより速く進めるために、表現の上書きセットで複数のルールを一度に追加できるようになりました。 表現の上書きで生産性を向上 Archicadの表現の上書きは、線、塗りつぶし、材質を使用してモデル要素のデフォルトの外観を上書きし、非可視データ(メタデータとも呼ばれる)を自動的に可視化できる多用途な機能です。 Archicad 26の以下の機能により、...

GabrielDantas_0-1653304822537.png GabrielDantas_1-1653304822540.png GabrielDantas_2-1653304822542.png GabrielDantas_3-1653304822544.png

「修復して開く」では何を修復しますか?

「修復して開く」はArchicadで最も便利なコマンドの1つで、多くの一般的な問題の解決策です。修復プロセスの目的は、損傷したファイルを物理的に修復することです。破損すると、ファイルの1つまたは複数の部分が破損または失われます。 Archicad PLANファイルには、多くの異なるデータ構造(モデル要素、注釈、詳細、断面、レイアウト、フロア、カテゴリ、属性など)、これらの構造の間にはつながりと関係があります。ファイルには代用できない非常に重要な部分があります。 修理プロセスは、3つ段階で主に構成...

OpenandRepair-cover.png

PDF ヒントとコツ

ArchicadでベクターPDFを利用する方法は様々な方法があります。以下で、最も一般的に使用される機能とトリックについて読むことができます。 ArchicadからPDFを保存する ArchicadからPDFを保存するには2つのオプションがあります: 発行 ナビゲータで発行セットを設定して、PDFドキュメントを発行することもできます。発行セットを使用すると、同じまたはさまざまなPDF設定を使用して、一度に複数のレイアウト/ビューを発行できます。発行セットの詳細については、リファレンスガイドをご覧...

PDFoption-cover.png

Archicadでの素早いグラフィック品質確認

表現の上書き機能の改善により、表現の上書きの[塗りつぶし背景ペン]や3D[材質]において、RGBカラーを選択することが可能になりました。これにより、2Dと3Dの表現を同期させたい場合に、要素を強調するための特定のカラーを備えた材質やペンを個別に作成する必要がなくなりました。この機能はプロジェクト全体におけるビューの一貫性を維持し、BIMワークフローをシンプルにし、生産性を向上させるのに役立ちます。 新たな表現の上書きのオプション 時間のロスやワークアラウンド(回避策)なしに視覚情報を素早く伝達す...

This image has an empty alt attribute; its file name is Screenshot-2021-05-03-at-13.31.01.png ac25-quick-graphical-checks.jpg

Archicadによる正確な一覧表と数量集計

Archicad 25では、より正確な構成要素リストを作成するための新しいプロパティ が導入されています。以前のバージョンでは、構成要素の面積と体積の正味値しか一覧表化することができず、穴部分の値は常に差し引かれていました。Archicad 25では、コンポーネントの数量を一覧化するために、新しい「総体」および「条件付き」 面積/体積のプロパティが利用可能になりました。 新しく拡張された計算規則 のダイアログ 「総計 」プロパティにより – コンポーネント内の穴は無視されます。 「条件付き 」プ...

Untitled-480p-210531.gif image-5.png image-6.png ac25-building-meterial-schedules.jpg