キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
ドキュメント
Archicadのドキュメント作成ツール、ビュー、モデルフィルタリング、レイアウト、発行などに関する記事を読むことができます。

記事

要素の面積を計算する方法

建築要素の面積(例えば、こちらに描かれている穴のあるスラブ)を知りたい場合は、いくつかの方法があります。1.塗りつぶしの使用 塗りつぶしには、面積を表示する機能があります。したがって、スラブの上に塗りつぶしを配置すると、塗りつぶしの面積によってスラブの面積が確認できます。[塗りつぶしの設定]ダイアログまたは[塗りつぶし 情報]ボックスの[面積テキストを表示]チェックボックスをオンにします。次に、マジックワンドを使用して、スラブのアウトラインをクリックして塗りつぶしを作成し、塗りつぶしの面積テキス...

ElementArea01.png ElementArea.png ElementArea02.png ElementArea 04.png

複合構造や断面形状のデータを一覧表に表示する

連動一覧表を使用すると複合構造や断面形状の個々のコンポーネントを一覧表示できます。新たに連動一覧表スキームを作成された際に、スキームを組み立て要素、構成要素、材質から選択できます。また、スキーム設定のフィールドパネルの設定ダイアログに利用可能なパラメータグループが表示されます。:構成要素グループ。こちらは複合造/断面形状の固有のパラメータを一覧から選択できます。 一覧表の構成要素は以下になります。 複合構造 壁 (直線、曲線、傾斜) スラブ 屋根 シェル 断面形状 壁 柱 梁 こちらのガイドでス...

01_new-schedule 02_components 05_schedules 06_all

ゾーンの更新時にゾーンスタンプの位置を保持する

ゾーンの更新時に、ゾーンスタンプの位置を保持したい場合は、[ゾーンを更新]の「更新の場合にゾーンスタンプ位置を保存」をチェックを有効にすると、更新時に配置したゾーンスタンプの位置が保持されます。 チェックを入れた状態でゾーン更新を行うと、ゾーンスタンプ位置が保持されたままゾーンが更新されます。

zonestamp_keeppostion zonestamp_keeppostion_02

ゾーンが更新されない場合の問題箇所の確認

[ゾーンの更新]でゾーンの更新を行っても、壁などのゾーン境界で閉じた空間となっていない場合、ゾーンは更新されません。そのため問題の箇所を修正する必要がありますが、見当をつけるために、ポリラインなどの線分で壁の交差部分等の箇所を除外していくと、問題の箇所を見つけやすくなります。 ポリラインの設定で、「ゾーン境界」にチェックを入れる 壁の交差する個所などにポリラインを配置し、ゾーン境界から外してゾーンを更新する。 ゾーンが更新できた場合、そのポリラインで外した箇所内に問題があるので、そちらを修正する

ゾーンの更新

ゾーンカテゴリに使用するゾーンスタンプを変更する

ゾーンで使用するゾーンスタンプを変更するには、[属性設定]の[ゾーンカテゴリ]もしくは[属性マネージャー]を使用します。[ゾーンカテゴリ]の場合、ゾーンのカテゴリ毎にゾーンスタンプを選択します。 [属性マネージャー]内のゾーンタブでは、使用するゾーンスタンプ名をテキストとして入力します。使用するゾーンスタンプの名称が分かる場合は、こちらで変更したほうがまとめて変更できます。

ゾーンカテゴリ 属性マネージャー

ゾーンを壁のない箇所でも認識できるようゾーン境界を作成する

ゾーンの壁のない箇所でも認識できるようにするためには、線ツールやポリラインツールなどで「ゾーン境界」として入力すると、ゾーンの境界として認識できるようになります。 壁は入力されていないため、一覧表のゾーンの「壁表面積」でも線分の箇所は集計対象とはならないので、実際の壁の面積を集計することができます。

ゾーン境界にチェック ゾーン境界があるとゾーンは認識される 一覧表で壁表面積を追加 一覧表

壁体積を一覧表で確認する

入力した壁の体積を一覧表で確認したい場合は、一覧表設定で、体積をフィールドに追加します。 パラメータには、正味体積、条件付き体積、壁総体積など、複数の項目がありますが、各パラメータの違いについては壁リストパラメータを参照ください。ビルディングマテリアル別に集計したい場合は、フィールドにビルディングマテリアルを追加します。 複合構造の層別に集計したい場合は、構成要素で体積を集計します。

壁体積の追加 壁体積 構成要素で集計

選択した要素のみ一覧表を表示する

ARCHICADでは、選択した要素のみを一覧表として表示させられます。平面図で選択後、ナビゲータのプロジェクト一覧から表示させたい一覧表上で右クリックして「選択した要素で一覧表示」をクリックします。選択した要素のみの一覧表が作成されます。選択要素のみまとめてパラメータを変更したい場合や、検索と選択から該当項目のみを確認したい場合などに利用できます。 ※選択した要素のみを表示しているため、一時的な表示となります。

要素を選択してから「平面図の選択のみ一覧」をクリック 選択要素のみ一覧表に表示されます

エネルギー評価でのゾーンの入力方法

組み立て法の「内側」で入れます。高さは上のスラブの下端の高さとなるように設定します。たとえば2800ミリの高さに配置されたスラブの場合は、ゾーンの高さも2800とします。

toh Graphisoft
  • 263 閲覧回数
  • 0 コメント
  • 0 いいね!