キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
Wish list cleaning
USERFEST2024 参加申込み受付中!夏の終わりに札幌でお会いしましょう!
  

ドキュメント

Archicadのドキュメント作成ツール、ビュー、モデルフィルタリング、レイアウト、発行などに関する記事を読むことができます。

記事

図面ツールと画像ツールの違い

このドキュメントは、Archicad-Talkの「画像ツールではなく図面ツールを使用する場合」という質問に答えるために作成されました。画像ツールと図面ツール は、ユーザーが図面や画像を扱うためのArchicad機能です。これらのツールは似ているように聞こえるかもしれませんが、さまざまな目的で使用することができます。その使い分けは以下の表の通りです。 図面ツール 画像ツール 使用できる内容 Archicadビュー(内部または外部)、外部図面(DWG、DXF、DWF、DGN、PDF、HPGL、PMK...

GiovanaBenvenuto_0-1672757092347.png GiovanaBenvenuto_1-1672757130310.png

断面図において非表示のメッシュ線を表示する方法

どうすれば断面図においてメッシュの切断線を点線で表示させることができますか? - ARCHICAD-TALKでのnickATAの質問ARCHICAD-TALK においてユーザーの1人から、断面図でメッシュの投影線を点線にする方法についての質問が投稿されました。ユーザーの説明によると、2つのメッシュ(1つは既存、またもう一つは提案)があるという状況でした。しかしこの質問は、壁の背後にある投影輪郭線をどのように表示すればよいのか、という私たちが時々経験するひとつの問いを投げかけるものでした。 断面図...

section-300x111.png 3d-document-300x99.png

参照パレット

トレースした画像がフロア全体において整列しません - ARCHICAD-TALKでのJohnの質問参照機能については、問題が時々発生する場合があります: 参照図面がずれ、上層階のコンテンツと揃っていない 参照図面から特定の要素が失われている 塗りつぶしが境界のみ表示されている、等々 実際にはこれらの問題はすべて、[参照]パレットにおいて「非表示になっている」多くの作成機能が原因と なっています。注記: 参照画像において表示する要素の種類を選択できるこのポップアップウィンドウは[3D要素をフィルタ...

trace.jpg Info_18x18.png

立面図と断面図においてシャドウ とハッチングを表示させる方法

Archicadを使用すると、ユーザーが立面図や断面図にハッチングやシャドウを素早く適用することを可能にします。シャドウや3Dベクトルハッチングを表示させるには、以下の手順に従って下さい。 立面図または断面図を表示します。 現在のビューポイントに関する[立面図(または断面図)設定]ダイアログボックスを開きます。タブを右クリックし、[立面図(または断面図)設定]を選択します。 [モデル表示]タブで、[投影表面の塗りつぶし]を[元の材質カラー(シェードあり)]とし、[シャドウ]をオンにします。 注記...

elevation_view.png Elevation_Settings-300x213.png shadow_elevation_setting.png elevation_view_with_shadows_and_hatching-e1539072144930.png

Archicadでデザインコンセプトプレゼンテーション

この記事では、建築図面を補足したり強化したりするためのヒントとコツをいくつか紹介します。設計者は、設計コンセプトを効率的に表現できるように、強化された建築図面を必要としています。 もちろん、Archicadの適切なモデルから始める必要があります。 ステップ1:アクソメのビューを作成 次のステップは、モデルの最適なビューを見つけることです。これは、全ての必要なディテールを表現するのに役立ちます。現在、概念図は、アクソメに限られています。もちろん、パースビューも正しい選択です。パースビューの設定方法...

ParallelProjSets.png custom_axonometrx.png Top_Axonometry.png Isometric_Axonometry.png

プロジェクトで標準詳細図を使用する方法

この記事では、1つまたは複数の標準詳細図面をプロジェクトに埋め込む方法について説明します。この例では、バルコニーと壁とスラブの交差部の詳細をプロジェクトに埋め込み、レイアウトに配置します。また、レイアウトの詳細への参照を含むマーカーを作成します。一般的な情報については、Archicadヘルプの次の関連トピックを参照してください:ワークシート詳細図ソースマーカーのマーカー参照を定義する1.[ドキュメント]>[ドキュメントツール]>[個別ビュー]>[個別ワークシートを作成]コマンドを使用して、独立し...

EmbedStandardDetail-01.png EmbedStandardDetail-02.png EmbedStandardDetail-03.png EmbedStandardDetail-04.png

レイアウトで使用する自動テキストを追加

レイアウトで使用できる自動テキストを追加する場合、レイアウトスキームで項目を追加します。 [ドキュメント]>[レイアウトブック]>[ブック設定][レイアウトスキーム]にて「追加」をクリックして新規項目を追加します。テキストツールで入力する際に[自動テキスト]を選択し、[カテゴリ]を「レイアウト」に変更すると、先ほどブック設定で追加したレイアウトスキームが選択できます。レイアウトスキームで新規に追加した項目はレイアウト設定の[タグとカテゴリ]内で入力できます。 また、シートインデックスのフィールド...

LayoutScheme LayoutScheme_Add LayoutScheme_AutoText LayoutScheme_LayoutSetting

レイアウトに配置したビューを確認する

レイアウトに配置したビューの総スを確認したい場合は、ナビゲータの図面リストを使用します。 プロジェクトインデックス―図面リスト図面リストを開くと、レイアウトに配置された図面が一覧されます。配置した図面を確認するには、「インデックス設定」から「ソースファイル」「ソースビュー」をフィールドに追加します。

図面リスト 図面リスト インデックス設定