キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Archicadおよびその他のアプリケーションでの案件管理

Emoke Csikos
Community Admin
Community Admin

Archicad、問題を作成、追跡、処理するためのソリューションを提供し、建築設計プロセス中に適切な問題を管理するための強固なプラットフォームを提供します。


Archicadの案件マネージャ機能は、建築設計チームと学際的な設計チームの両方で、広範なコラボレーションワークフローをサポートします。設計者とエンジニアはより効率的にコミュニケーションでき、設計プロセスを中断することなく、問題を介して設計変更を提案することもできます。


この記事では、学際的なチーム内の案件管理ワークフローについて説明します。チーム内で可能な案件管理ワークフローについては、別の 記事で説明します。


Archicadの案件マネージャ機能は、以前のArchicadバージョンのマークアップツールに代わるものです。Archicadの他の機能と統合されて完全なワークフローになります。


Archicadは、案件をさまざまな形式でエクスポートおよびインポートできるため、open BIMのワークフローの概念をサポートするサードパーティのアプリケーションとの双方向情報交換が可能になります。


案件オーガナイザから 案件をエクスポートできます。案件のリスト全体をエクスポートするように決定できますが、エクスポートする案件の一部のみを選択することもできます。
案件オーガナイザの左側では、ステータス、優先度、チームワークの所有者、作成および変更の日付などの案件タグで案件を並べ替えることができます。このためには、ダイアログの左側にある [追加設定] ボタンを使用します。


sort-issues-in-issue-organizer.png

ダイアログの右側にある [追加設定] ボタンを使用します。エクスポートおよびインポートプロセスに関連するコマンドにアクセスできます。


export-import-issues-in-organizer.png

案件をエクスポートおよびインポートできる形式と、双方向ワークフローでさらに使用する方法を見てみましょう。


ワークフロー1:BCFを使用した案件をエクスポートまたはインポート

案件をBCF形式でエクスポートしてから、案件オーガナイザを介してインポートできます。


案件情報交換の形式としてBCFを使用すると、建築チームとBIM設計プロセスの他の分野との間のスムーズなコラボレーションワークフローが保証されます。BCFは、Solibri OfficeBIMCollabなど、この形式をサポートする他のBIMアプリケーションで使用できます。


案件をBCF形式でインポートすると、自動的に作成され、案件オーガナイザに表示されます。


Archicadは、最新バージョンのBCF 2.1および以前のバージョンのBCFも対応しています。



ワークフロー2:ArchicadとSolibri Connectionのアドオン

Solibri Connectionアドオン はArchicadとSolibri間のリアルタイム接続を確立し 、高速で自動化されたルールベースのモデルチェックを提供します。アドオンはArchicadモデルで変更された要素のみを自動的に処理し、迅速なコラボレーションを実現します。モデルの品質を改善または評価する場合、案件を見つけるためにファイルを保存する必要はありません。このようにして、見つかった案件の解決にすぐに取り掛かることができます。


検出された案件をBCF形式で報告し、解決のためにチームメートに割り当てることもできます。



ワークフロー3:ArchicadとBluebeam Connectionアドオン

Bluebeam Connection は、PDFベースのコラボレーションおよびマークアップソリューションです。このアドオンはArchicadとBluebeam Revu間の信頼できる接続を提供し ます


任意の数のビューとレイアウトをPDFとして発行し、クライアント、コンサルタント、またはその他のプロジェクト関係者に送信できます。すべてのプロジェクトファイルはBIMcloudのBIMcloudプロジェクトに保存できるため、ファイルを直接BIMcloudにアップロードすることで、PDFをPDFと共有できます。BIMcloud チームの助けを借りて、プロジェクトの利害関係者は、関連するファイルとプロジェクト情報への適切なタイプのアクセス権を与えられるため、公開されたPDFに簡単にアクセスできます。


PDFをダウンロードしてBluebeam Revuで開きます。彼らはドキュメントをレビューし、マークアップで案件を作成し、PDFを再度保存し、BIMcloudにアップロードし直します。


レビュー済みのPDFを受け取り、Bluebeam Connection パレットを介してArchicadにインポートして戻します。インポートする案件を選択できます。案件はArchicadの案件オーガナイザに転送され、PDFが最初に発行された元のビューとレイアウトにマークアップが貼り付けられます。



Excelシートにプロジェクトの案件の簡単な記録を作成

案件オーガナイザから案件リストをExcel形式にエクスポートすることもできます。リストはコンピューターまたは社内のファイルサーバーに保存できます。また、BIMcloudに直接アップロードすることもできます。


これは、案件を記録し、専門分野に関係なくすべての設計チームメンバーに表示するための簡単かつ迅速な方法です。


注:これは1つの方法でのみ機能し、.xlsxファイルをインポートすることはできません。


回答が見つかりませんでしたか?

このフォーラムで
他の記事をチェック

フォーラムへ戻る

最新の解決策をチェック

採用された解決策

新しいディスカッションを始める

投稿する