キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
Wish list cleaning
USERFEST2024 参加申込み受付中!夏の終わりに札幌でお会いしましょう!
  

ライブラリ&オブジェクト

ArchicadとBIMcloudのライブラリ、ライブラリの管理と移行、オブジェクトとその他のライブラリ部品などに関する記事を読むことができます。

記事

ライブラリオブジェクトの正確なGUIDを知る方法

オブジェクトライブラリの複雑さが増すにつれて、Archicad 8ではライブラリ部品とその改訂を追跡する方法が開発されました。つまり、2つのGUID(内部的にコード化された16バイトの数字)が、オブジェクト(ファイル)名と組み合わされて、各オブジェクトを識別します。通常、この構成は77文字の長さの特殊文字列として視覚化されます。この識別子はライブラリ部品IDと呼ばれ、修正または改善されたオブジェクトの繰り返しをArchicadが追跡するのに役立ちます。 GUID GUIDは、それぞれ36文字の2...

wp-content_uploads_archicadwiki_guid--guid.jpg wp-content_uploads_archicadwiki_guid--1.jpg wp-content_uploads_archicadwiki_guid--2.jpg wp-content_uploads_archicadwiki_guid--libpartselectsubtypedialog-2.png

新しいGDLエディタ

GDLエディタは多くのユーザーのワークフローに欠かせないもので、プロジェクトの要件に合わせてカスタマイズしたオブジェクトを作成できます。Archicad 27ではGDLエディタが一新され、インターフェース、ナビゲーション、スクリプト編集を強化するさまざまな改良が含まれています。 オブジェクトのスクリプトを見て、利用可能な機能を見てみましょう。 スクリプトを開くとすぐに、新しいインターインターフェースの改良点のいくつかを確認できます: 行番号は、各コード行を簡単に識別するのに役立ちます。 シンタッ...

BenjaminDani_0-1693408112817.png BenjaminDani_1-1693408112823.png BenjaminDani_2-1693408112824.png BenjaminDani_3-1693408112826.png

埋め込みライブラリの未使用オブジェクトを取り除く方法

埋め込みライブラリは時々、非常に混乱することがあります。多くの未使用のライブラリ部品が含まれているため、埋め込みライブラリの管理が困難になる場合があります。ライブラリマネージャーで各ライブラリ部品が使用されているかどうかを確認できます: しかし、ライブラリマネージャーで各項目を1つずつ確認するのは難しいです。使用されている項目が存在するフォルダ構造をイメージしておき、このイメージを使ってファイルブラウザで未使用の項目を削除すれば、より簡単になります。これを行うには、次の手順で行います: ステップ...

wp-content_uploads_2018_12_placed-objects-300x123.png wp-content_uploads_2018_12_used-objects-only-230x300.png wp-content_uploads_2018_12_embedded-library-export-300x284.png wp-content_uploads_2018_12_embedded-library-delete-300x284.png

ライブラリオブジェクトの場所

ライブラリオブジェクトはどこにありますか? 以前は、Archicadのライブラリ部品はデフォルトでフォルダ構造に配置されていました。プログラムには、ライブラリフォルダ(Archicadライブラリ6.5など)が同梱されており、このフォルダにはArchicadライブラリを構成する1000以上のライブラリ部品を含む完全なフォルダ構造がありました。ARCHICAD 7か8頃より、Graphisoftは、PLAファイルでライブラリを提供するようになりました。ご存知のように、PLAファイルはプロジェクトアー...

wp-content_uploads_archicadwiki_libraryobjectlocation--lcf-01.png wp-content_uploads_archicadwiki_libraryobjectlocation--lcf-02.png wp-content_uploads_archicadwiki_libraryobjectlocation--lcf-03.png

絵画、テレビ画面、デジタルボードのオブジェクトに表示される画像をカスタマイズする方法

住宅などのインテリアのレンダリングを作成する際、ある絵を壁に掛けたいと思うことがあります。あるいは、教室でテレビ画面やデジタルボードが必要な場合もあります。絵画、テレビ、デジタルボードオブジェクトは、Archicadの内蔵ライブラリ部品です。配置すると、デフォルトの外観で表示されます。絵画は画像が表示され、テレビとデジタルボードは電源が切れています。 こちらの画像を別の画像に置き換えることができます。いくつかの簡単なステップで行うことができます。手順はこちらです: ステップ1: 画像ファイルを選...

wp-content_uploads_2012_02_default-picture.png wp-content_uploads_2012_02_lib-manager-1024x958.png wp-content_uploads_2012_02_picture-settings-1024x566.png wp-content_uploads_2012_02_tv-settings-1024x552.png

Library Part Makerが全⾔語のArchciadに対応

カスタムスマートオブジェクトの作成が困難な場合があります Archicadの内蔵ライブラリには、膨大な数のBIMオブジェクトが用意されています。GDLテクノロジーにより、オブジェクトのパラメータを変更することで、異なるバージョンのオブジェクトを簡単に作成することができます。 Archicadには内蔵ライブラリがありますが、カスタムのスマートライブラリオブジェクトを作成したいというニーズや要望は高まっています。しかし、GDLに不慣れな場合は、これが困難かもしれません。 Archicadの以前のバー...

キッチンキャビネットのドキュメンテーションとモデリング機能の改善

標準への対応 Archicad 26がリリースされる前は、新しいキッチンキャビネットの2Dおよび3D表示を地域の基準に合わせるには、回避策が必要なこともありました。 キャビネットレイアウトのカスタマイズの自由度が向上 新しい専用パネルでカウンターとキャビネットの縁の表示を制御することができます。パネルは[キッチンキャビネットの設定]→[縁表示]で表示できます。前面以外の3辺は全て隠すことができます。 フレームありのパネル用に新しい[フレーム 指物]オプションが追加されました。[前面パネル]→[パ...

KatalinBorszeki_0-1653304222734.png KatalinBorszeki_1-1653304222743.png KatalinBorszeki_2-1653304222745.png KatalinBorszeki_3-1653304222747.png

GrasshopperによるArchicad用パラメトリックオブジェクトの作成

GDLスクリプトにはその美しさがありますが、間違いなく誰にでも適しているわけではありません。一般的には、Archicadでパラメトリックオブジェクトをより簡単に作成できると良いでしょう。GrasshopperとLive Connectionは、Archicadのツールとしてジオメトリを転送するだけでなく、例えば下のランプのように実際のArchicadオブジェクトを作成することで、ある時点まで はこれを支援することができます。 この機能はGrasshopper - Archicad Live Co...

ghobject-lamp.png ghobject04.png ghobject02.png ghobject01-1.png

複数のインスタンスを1つのオブジェクトとして配置するGDLスクリプトの簡単な編集方法

この記事では、非常に簡単なスクリプト編集で、選択したオブジェクトの複数のインスタンスを1つのオブジェクトとして配置することを目指します。プログラミング言語の予備知識は必要ありません。必要なのは、あなたのマシンで稼働しているArchicadのみです。 さっそく、MEP要素を例に説明します。洗面キャビネットではいかがでしょうか。 それでは行ってみましょう。 ファイルメニューの[ライブラリとオブジェクト]からオブジェクトを 開きます。 ライブラリからオブジェクトを選択し、この場合は洗面キャビネットを選...

2.jpg 3.jpg 16.png 6.jpg

Archicadの強化されたオブジェクトライブラリで現代的なインテリアを作成

クライアントに対して現実的かつ編集可能なデザインオプションを提供するために、設計者には広範で際限のないオプションが求められます。Archicad 25を利用すれば、複数の可能性を検討し、ご自身の創造性を高めることが可能です。オブジェクトを入れ替えることなく、目を引くようなインテリアのレンダリングをより速く、より効果的に作成できるようになりました。時間のかかるポストプロダクション作業も必要ありません。 本物そっくりのインテリア より現実的で機能的なインテリアとするため、カスタマイズ性の高い、新しい...

image.png Screenshot-2021-05-07-at-13.02.39-1.png Screenshot-2021-05-07-at-13.03.53.png Screenshot-2021-05-07-at-13.07.34.png