キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
Archicadをはじめよう

記事

要素を移動する

既存の要素の編集は、毎日の必須タスクです。 基本的なルール 編集する要素は先にで選択する必要があります。そうして初めて、関連するコマンドが使用可能になります。要素は、平面図および3Dウィンドウで編集できます。それでも、一部のコマンドは平面図で実行するのが最適で、3Dウィンドウで実行するコマンドもあります(高さの変更など)。 多くの場合、編集コマンドを開始するにはいくつかの方法があります。要素を選択してから 編集メニューに移動: 編集 > 移動 > 移動/回転/ミラー または空のスペースを右クリッ...

GRAPHISOFT 投稿者 Graphisoft
  • 8 閲覧回数
  • 0 コメント
  • 0 いいね!

要素のミラーリング

ミラーは、選択した要素のミラーイメージを作成します。 ミラーする要素を選択します。[編集]> [移動]> [ミラー]からコマンドを呼び出します… または、コンテキストメニューまたはペットパレットから選択します。 線を描くように、2回のクリックでミラー軸を定義します。最初の軸点を定義した後、カーソルを移動します。選択した要素のミラー軸と結果のコンターをすぐに確認できます。 ミラーされた要素は、2回目のクリックの後に配置されます。

GRAPHISOFT 投稿者 Graphisoft
  • 4 閲覧回数
  • 0 コメント
  • 0 いいね!

ARCHICADのフロア

ARCHICADのフロアは、実際の建物と同様に、垂直に分割し、実際の建物のフロア構造を複製します。 フロアは、空間の高さの範囲です。各フロアには参照(レベル)があります。これは、垂直範囲の下部にある水平面の高さです。 フロアの参照は、セクションと標高のフロアのレベルライン で表されます。 ARCHICADのすべての要素は、配置フロアと呼ばれるフロアにリンクされます。注:デフォルトでは、すべての要素は現在のフロアに自動的にリンクされますが、フロアの高さの範囲にない他の要素もリンクできます。要素の高...

GRAPHISOFT 投稿者 Graphisoft
  • 7 閲覧回数
  • 0 コメント
  • 0 いいね!

スナップリファレンス

たとえば、既存の要素の中点を見つけたり、新しい要素を別の要素と平行に配置したりする場合は、スナップ参照を使用します。 スナップ参照は、既存の要素とともに表示される一時的な線、円弧、および点であり、要素の正確な配置を支援します。これらは、ツールバーで個別にアクティブ化できます。 スナップ参照には2つのタイプがあります。 スナップ ガイド スナップ点 スナップ点 スナップ点は、要素のエッジを分割するための一時的なインジケータです。スナップ点の数と位置は、設定したオプションによって異なります。 要素の...

GRAPHISOFT 投稿者 Graphisoft
  • 8 閲覧回数
  • 0 コメント
  • 0 いいね!

マジックワンド

ARCHICADには「マジックワンド」と呼ばれる特別な機能があります。この機能により、既存の要素の中から線形または多角形の形状を見つけて追跡し、それに基づいて新しい要素を生成することで、作業を節約できます。マジックワンドは2Dおよび3Dでも使用できます。 エッジまたはノードをクリックすると、魔法の杖は要素または要素チェーン、あるいはその両方をトレースします。空のスペースまたはサーフェスをクリックすると、マジックワンドは最も近い要素によって形成された閉じた多角形領域をトレースします。 次の例を見て...

GRAPHISOFT 投稿者 Graphisoft
  • 9 閲覧回数
  • 0 コメント
  • 0 いいね!

ARCHICADの基本概念 - ナビゲーター

ナビゲーターとは ナビゲーターパレット (ナビゲーター)は、プロジェクトの論理構造全体を構築してプロジェクト内を移動できるツリー構造です。 ナビゲーターは4つの部分に分かれており、別々のタブに表示されます。 プロジェクト一覧、ビュー一覧、レイアウトブック、発行セット。 BIMワークフローに従うように設計されています。 ナビゲーターを理解する = BIMワークフローを理解する 2Dと3Dの視点間のモデリングとナビゲーション: プロジェクト一覧 モデルをフィルタリングし、モデルから情報を抽出する: ...

apolgar 投稿者 Graphisoft
  • 46 閲覧回数
  • 0 コメント
  • 0 いいね!

参照線

参照線は、2Dと3Dの両方のウィンドウで正確な入力を確保するために、特別なポイントと投影を見つけるのに役立つ製図補助です。スナップガイドとは異なり、参照線は明示的に配置されます。それらは、削除するまで常にそのまま残ります。参照線は描画中に役立ちますが、同時に印刷されません。カーソルは参照線をキャッチし、その上にスナップ点を配置できます。 参照線の作成 参照線を作成する場合は、トグルボタンがアクティブであることを確認してください。そうでない場合は、標準ツールバーの記号をクリックするか 、[表示]>...

GRAPHISOFT 投稿者 Graphisoft
  • 7 閲覧回数
  • 0 コメント
  • 0 いいね!

3Dで要素を表示および選択する方法

3D要素の可視性 3Dビューに影響を与えるさまざまな設定があります。3Dビューの 表示 > 3Dで表示する要素 を制御するのに役立つ4つのコマンドがあります: 3Dで選択内容/矩形選択を表示3Dで保存した選択内容/矩形選択を表示3Dで全てを表示3D要素フィルター/切断 [ 3Dで全てを表示]コマンドを選択すると、モデル全体が表示されます。[ 3Dで選択内容/矩形選択を表示]オプションとは対照的に、以前にマーキーによって選択または枠付けされた要素のみが表示されます。これは、一時的に3Dでいくつかの...

GRAPHISOFT 投稿者 Graphisoft
  • 8 閲覧回数
  • 0 コメント
  • 0 いいね!

ARCHICADで通り芯を設定する

ARCHICADには、モデリングと描画を支援する2種類のグリッドシステムがあります。 組み立てグリッドスナップグリッド それらの使用はオプションです。グリッドを使用せずにARCHICADで作業できますが、特定の状況では非常に役立ちます。設定は、表示>グリッドと平面編集オプション>グリッドと背景で利用できます。 > グリッドは、平面図、立面図、立面図、3Dドキュメントなどに対して個別に定義できます。平面図ウィンドウでは、同じグリッド設定がすべての階に使用されることに注意してください。 組み立てグリ...

GRAPHISOFT 投稿者 Graphisoft
  • 15 閲覧回数
  • 0 コメント
  • 0 いいね!

ARCHICADでスマートカーソルを使用する方法

作業中にカーソルの形状が変化し、次の点について正確なフィードバックが得られます。 カーソルがある場所と編集または入力操作が行われているかどうか。 カーソルの形状は、使用しているツール(矢印ツール、矩形選択ツール、壁ツール、ドアツール、線ツールなど)や、入力/編集操作のどの段階にいるかによっても異なる場合があります。カーソルの最も基本的な形状は、次の表のとおりです: 例を見てみましょう。線を引いたときのカーソルの動きを見てみましょう。 線の描画を開始する前は、カーソルの形状は十字形です。 クリック...

GRAPHISOFT 投稿者 Graphisoft
  • 19 閲覧回数
  • 0 コメント
  • 0 いいね!