キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
Wish list cleaning
USERFEST2024 参加申込み受付中!夏の終わりに札幌でお会いしましょう!
  

OPEN BIM

サードパーティソリューションとのモデルおよびデータ交換に関する記事を読むことができます: Revit、Solibri、dRofus、Bluebeam、構造解析ソリューション、IFC、BCF、DXF/DWGベースの交換などです。

記事

DXF-DWGエクスポート変換設定

利用可能: ファイル>ファイル特殊>DXF-DWG変換設定 エクスポート中に変換設定をクリックすると、以下のフィールドでそのコンテンツを表示および編集できます。これは6つの主要なグループに分かれています: 図面単位 Archicadでの1つのDXF/DWG図面単位の値: DXFまたはDWG で何かをエクスポートまたはインポートするときは、Archicadがデータを正しく解釈するようにサイズと距離の変換係数を設定する必要があります。 DXF/DWGファイルの図面単位の定義を優先します。このチェック...

wp-content_uploads_Screen-Shot-2014-09-10-at-14.02.15-e1410350628952.png wp-content_uploads_Screen-Shot-2014-09-10-at-14.48.15-e1410353355481.png wp-content_uploads_archicadwiki_dwg-export-translator--attrlaymetcrlayacc.png wp-content_uploads_archicadwiki_dwg-export-translator--editthelayerconvitembasedontempl.png

3DSファイルをオブジェクトとしてインポート

3DSコンテンツを使用することは、カスタムライブラリを構築するのにすばらしいツールになります。 3DSファイルをインポートするには、3DStudio In アドオンをインストールする必要があります。 アドオンは Goodiesインストーラ の一部です。 このパッケージがインストールされたら、以下の手順に従って3DSコンテンツをGDLオブジェクトに変換します。 コンテンツのインポート 1.[ファイル] > [相互運用性] > [3D Studio] > [3dsをGDLオブジェクトとしてインポート...

wp-content_uploads_2018_09_3DS-Import-Step-1-300x174.png wp-content_uploads_2018_09_3DS-Import-Step-2-300x219.png wp-content_uploads_2018_09_3DS-Import-Step-3-1.png wp-content_uploads_2018_09_3DS-Import-Step-4-1.png

3DStudio In アドオン

このArchicadアドオンは、3DStudio Max(.3ds)ファイルをGDLオブジェクトとしてArchicadに変換できます。変換プロセスは、ユーザーがカスタマイズできます。 「3DStudio In」アドオンをダウンロードしてインストール Archicadの[ヘルプ]メニュー/[Archicadダウンロード]オプションをクリックすると、このアドオンを他のアドオンと一緒にダウンロードできます。表示されているGraphisoftダウンロードサイトで、Archicadの言語を選択し、コンピュ...

wp-content_uploads_2017_05_3ds-menu-1024x488.png wp-content_uploads_2017_05_Currently-Loaded-3ds-file.png wp-content_uploads_2016_06_Info_18x18.png wp-content_uploads_2017_05_3ds-conversion-options-853x1024.png

構造解析モデルのワークフローの改善

建築設計の複雑化に伴い、構造解析モデルも同じ進化をたどり、複雑化しています。最新のアップデートにより、より複雑な設計の連続解析モデルの作成がより簡単になりました。この記事では、構造解析モデルのワークフローにおける生産性の向上と、構造エンジニアの設計と調整の両プロセスをいかに効率化するかを紹介します。 荷重入力と編集の効率化 Archicadの配置と荷重編集のプロセスがより効率化されました。線荷重を配置する際に、線荷重を部材の辺に連携させるか、単に辺には連動せずに配置するかを選択できるようになりま...

MoaazHassan_0-1695733574763.png MoaazHassan_1-1695733574766.png MoaazHassan_2-1695733574768.png MoaazHassan_3-1695733574771.png

Open BIMワークフローの改善

Open BIMワークフローの改善 GraphisoftのOpen BIMアプローチは、設計チームの効率的な他業種とのコラボレーションをサポートする中心的な役割を担っています。 IFC4 Architectural Reference Exchange for Importの認定 2023年夏、Archicad 27は国際的なbuildingSMART組織からIFC4 Architectural Reference Exchange for Importの認定を受けました。同時に、グラフィソフト...

KornelBeleznai_0-1695714368562.png

MEP Modelerの改善

Archicad 27には、さまざまなエキサイティングな改良と機能が含まれています!この記事では、刷新されたMEP Modelerツールセットを見て、モデリングプロセスで役立つヒントとトリックをみていきましょう。MEP Modelerは、建築家、エンジニア、設計者がBIMプロジェクトにビルディングサービスシステムを効率的に統合できるようにします。この記事では、Archicad 27のMEP Modelerツールセットを掘り下げ、アップデートにより設計と調整の両方のプロセスがどのように効率化された...

Intuitive Routing Process.gif Auto generation of junctions.gif Enhanced Route editing options.gif Select Connected MEP Elements (1).gif

IFCをArchicadにインポートするためのArchicad IFC変換設定のセットアップ

IFCモデルをArchicadにインポート Archicadには、IFCモデルをArchicadにインポートするための3つの方法があります。開く、結合、ホットリンクです。 開く vs 結合 開く: モデル全体を開くか、IFCファイルのフィルタリングされた位置部分を新しいプロジェクトとして開きます。Archicadは、インポート用に選択されたIFC変換設定の設定に基づいて、インポートされた要素を対応するArchicad要素に変換します。 結合([ファイル] > [相互運用性] > [結合]): 平...

wp-content_uploads_2017_01_1.png wp-content_uploads_2017_01_Conversion-Presets.png wp-content_uploads_2017_01_2.png wp-content_uploads_2017_01_3.png

マルチセグメントの柱と梁のサポート

Graphisoftは、複数分野にまたがる設計ワークフローをさらに効率化することを重視しています。Archicad 26は、構造解析ワークフローの重要な改善により、構造エンジニアと設計担当者の間のコラボレーションを強化します。 マルチセグメントを持つ構造要素 構造要素は、断面形状が異なる複数のセグメントで構成される場合もあります。構造解析では、複数のセグメント(各セグメントに独自の断面形状)を持つ部材が不可欠であり、これによって正確な解析計算が可能になります。 マルチセグメント分析要素 断面の異...

GabrielDantas_0-1653306781866.png GabrielDantas_1-1653306781870.png GabrielDantas_2-1653306781872.png GabrielDantas_3-1653306781873.png

SAF変換設定の改善

SAF変換設定の設定を調整する 現在のところ、構造エンジニアはArchicadで構造解析モデルを作成および調整し、最終的にはSAF変換設定を経由して構造解析ソフトウェアにエクスポートすることができます。しかし、Archicadの以前のバージョンでは、SAF変換設定のページは2つしかありませんでした(エクスポート用とインポート用)。構造エンジニアは複数の構造解析アプリケーションを使用するため、異なるソフトウェアにエクスポートするたびに変換設定の設定を調整する必要がありました。このワークフローは時間...

MoaazHassan_0-1653306242486.png MoaazHassan_1-1653306242492.png MoaazHassan_2-1653306242497.png MoaazHassan_3-1653306242499.png

MEP要素の傾斜方向の表現

傾斜の向きは手動で入力されていました Archicad 25では、MEP要素に必要な情報のほとんどを提供するMEPラベルが導入されました。傾斜も表示できますが、その向きを矢印で示すなど、シンプルなビジュアル化はできていませんでした。 Archicad 26のMEP傾斜ラベルをご紹介します。 傾斜の向きを関連付けて表現 まず、アクティブなラベルとして[MEP傾斜ラベル]を選択します。ラベルを付けるMEP要素を選択し、[ドキュメント]→[注釈]→[選択された要素にラベル配置]に移動するか、一つの要素...

OleksandraVakariuk_0-1653305972049.png OleksandraVakariuk_1-1653305972056.png