キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
BMP#07 announcement

5月開催 BIMマネージャープログラム受講申し込み受付中!

  

ARM Mac対応

Michitaka Kiriki
Graphisoft
Graphisoft
2020年に、AppleがIntelベースのCPUからApple設計のチップセットへのシステムアーキテクチャの移行を発表されました。完全な移行へは数年がかかる予定ですが、新しいARMチップセットを搭載した最初のコンピュータを2020年11月から購入することができます。
Graphisoftでは、新しいハードウェア環境に対応したソリューション開発に積極的に取り組んでいきます。こちらでは、今後の計画を説明するとともに、よくあるご質問にお答えするためのものです。
GraphisoftのソリューションがARMチップセットを搭載したMacと互換性を持つようになるのはいつですか?
Graphisoftソリューションでは、AppleのRosettaトランスレータ環境を通して新しいハードウェアとの互換性があります。この変更が発表されてからは、開発では、Appleの「Developer Transition Kit」を使って、必要な修正を管理し開発を進めています。初期の検証では、Archicad は、Rosetta を介しても同様のスペックの Intel ベースのコンピュータと同等の速さか、もしくは若干速く動作します。また、AppleがリリースしたDeveloper Transition Kitと協力して、ARMアーキテクチャ上でネイティブに動作するようにArchicadを移植しています。Archicadは汎用性の高いBIMツールであるため、この新技術の互換性とメリットを享受するためには、多くの作業が必要となります。すでにプロトタイプでは良好な性能を示しており、来年後半にはパブリックプレビュー版をリリースする予定です。Archicad 26で ARM Macの完全な互換性を実現する予定です。
今新しいコンピュータを購入する場合はIntelもしくはARMベースのMacのどちらを購入するべきですか?
これは Archicad で行いたいプロジェクトの規模や種類によって異なります。Appleが2020年11月にリリースしたハードウェアは、Archicadのエントリーレベルの動作環境程度です。小規模住宅規模のプロジェクトを行う場合でしたら、新しいARMベースのコンピュータは適している可能性があります。中規模から大規模のプロジェクトの場合は、佐多らに多くのRAMとプロセッサのコアを持つコンピュータがAppleよりリリースされることをお待ちいただくことを推奨します。2021年半ば頃には、より高速のARMマシンの波が来ると予想しています。その間も、利用可能なハードウェアで性能テストを行っています。そして今後もより多くの検証結果と推奨事項を共有して行く予定です。
グラフィソフトはいつまでIntel Macをサポートしますか?
ARM 上でネイティブに動作するArchicad がリリースされない限りは、デフォルトの Macプラットフォームは Intelベースのアーキテクチャです。ARMネイティブ版のArchicadがリリースされた後も、適切な移行期間を予定しているため、IntelとARMの両方のチップセット向けの製品をリリースする際には、重複することになります。
ArchicadはRosetta2を搭載したARM Macでどのように機能しますか?
Rosetta 2は、x86_64の命令を持つアプリをApple Sillicon上で動作させるためのトランスレータです。ユーザー側では、Rossetaについて意識することはありません。しかし、翻訳プロセスには時間がかかるため、ユーザー翻訳されたアプリである程度の遅さを感じるかもしれません。
とはいえ、Mac用の最初のAppleシリコン(M1)上でのArchicadの動作については、非常に良好です。こちらでArchicadの機能と性能を検証しています。今後もArchicadのテスト結果をサイト上で共有していく予定です。

回答が見つかりませんでしたか?

このフォーラムで
他の記事をチェック

フォーラムへ戻る

最新の解決策をチェック

採用された解決策

新しいディスカッションを始める

投稿する