キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
Wish list cleaning
USERFEST2024 参加申込み受付中!夏の終わりに札幌でお会いしましょう!
  

Archicad 24の新しいバグレポート

Michitaka Kiriki
Graphisoft
Graphisoft
Archicad 24 では、バグレポートはデザインと機能の面で大きなオーバーホールを行いました。この記事では、バグレポートの機能とArchicad 24 からの新機能について紹介します。

GRAPHISOFT バグレポートとは何ですか?

GRAPHISOFT バグレポートは、GRAPHISOFT製品のバグ、エラー、クラッシュなどの不具合を報告するためのプログラムです。デバイスの設定、システム情報、コンピュータにインストールされているGRAPHISOFTアプリケーションに関する情報を収集します。
Bug ReporterはARCHICADフォルダにインストールされています。Archicadがクラッシュすると自動的に起動します。また、アイコンをダブルクリックして手動で開くこともできます。下記で見つけることができます:
  • Windows 10:GSReport.exeはインストールされたArchicadフォルダ内にあります
  • macOS:GSReport.app Applications\GRAPHAPHISOFT\ARCHICAD 24フォルダ内のARCHICAD.app内にあります(ARCHICAD.appファイルを右クリックし、パッケージの内容を表示を選択してアクセスします)。
手動でアプリを開くと、チェックボックスにチェックを入れることで、今後のクラッシュを匿名または詳細として送信するレポートタイプの設定を変更することができます。この設定は、30 日後にチェックが入っていない状態 (匿名レポート) に戻ります。
GSreport_manual-open-jp.png

バグレポートにはどのような情報が収集されますか?

Graphisoftへのクラッシュレポートには、以下のデータが含まれている場合があります。それぞれの場合、プログラムは、お客様が遭遇した問題を検出し、解決するために必要なデータを個別に識別します。
データカテゴリ データを調査するための内容
システム情報 OS のバージョン - OS の API は OS のアップデートの間に変更される可能性があり、変更された API はアプリケーションの予期せぬ動作を引き起こす可能性があります。 OpenGL または DirectX のバージョンとドライバ情報 - 主に古くなったドライバのバージョンによる潜在的なドライバエラーが Archicad のクラッシュを引き起こす可能性があります。
デバイス情報 利用可能な RAM サイズやストレージのパーミッションが Archicad の動作に影響を与えているかどうか。リソースが不足していると Archicad の動作を妨げる可能性があります。 プリンタデバイスの設定 - Archicad の印刷機能に影響を与え、Archicad はいくつかの特別な設定でエラーに陥る可能性があります。
Graphisoftアプリケーション情報 Archicad のバージョンと設定の詳細 - 特定のクラッシュを特定したり、アップデートのためのソリューションをターゲットにしたりするのに役立ちます。 インストーラのログ - 不完全または不完全なインストールやアプリケーションのアップデートは、アプリケーションエラーの原因となる可能性があるため、クラッシュの調査に役立ちます。
クラッシュの詳細 実行フロー情報 (別名コールスタック) - アプリケーションコードのエラーを識別するのに役立ちます。 クラッシュコンテキストからのメモリサンプル - 実行を終了したアプリケーションの状態を理解するのに役立ちます。

GDPRの遵守

一般データ保護規則(GDPR)は、データ保護とプライバシーを対象とした欧州連合(EU)の政策です。EUで可決されたものですが、EU 内の人々に関連するデータを対象としたり収集したりするあらゆる組織に義務を課しています。Archicad 24 から、Bug Reporter は GDPR 規制に準拠するように再設計されました。詳細なレポートと匿名のレポートのどちらかを GRAPHISOFT に送ることができるようになりました。
要件を満たすために、いくつかの顕著な変更があります:
  • 少なくとも匿名のレポートを送信しない限り、Bug Reporterは閉鎖されません。 以前は、送信されなかったクラッシュ レポートはローカルに保存され、ユーザーが後で送信することを決定したときに収集されていました。GDPR の下では、未送信のバグ レポートをユーザー側に保存することはできなくなりました (ユーザーがインターネットがなく、.REP ファイルを保存することを決定した場合を除きます)。
  • 詳細なレポートのために電子メールを記入することはオプションです。このフィールドはGDPRの要件により、匿名タイプでは無効になっています。

プログラムの機能

GSreport_crash-start-jp.png
Archicad がクラッシュすると、バグレポートが表示され、必要な情報を収集します。チェックボックスにチェックを入れると、詳細なクラッシュレポートを送信することに同意することになります。このボックスにチェックを入れないと、クラッシュレポートにはユーザーの識別情報は含まれません。
詳細なクラッシュレポートを提出していただければ、問題の特定と解決を迅速に行うことができます。また、クラッシュに関する詳細を記載していただくことで、状況をよりよく理解することができます。まれに、指定されたメールアドレスを使ってユーザーに直接連絡して、クラッシュに関する詳細情報を得ることもあります。
匿名のクラッシュレポートを送信する際に、個人的な記述を含めることはできません。
GSreport_anonymous_description-jp.png

レポートの送信

送信ボタンをクリックすると、バグレポートはGRAPHISOFTサーバとのインターネット接続を試みます。接続に成功するとレポートが送信され、詳細なクラッシュレポートの場合はバグIDが取得されます。
GSReport_bugID-jp.png
バグIDはSubmissionLog.txtというテキストファイルに記録されます。このファイルは下記に保存されます:
  • Windows 10: C:\Users\<user>\GRAPHISOFT
  • macOS: <user home>/Library/Logs
バグIDは、問題のトラブルシューティングのためにテクニカルサポートに連絡する場合、不具合を特定するために必要です。
匿名レポートでは、バグIDは発生しません。
注:プロキシサーバーで認証が必要な場合は、認証情報の入力を求められます。接続に失敗した場合は、レポートファイルを.REPファイルとしてコンピュータに保存し、後でローカルARCHICADプロバイダーに送信するオプションがあります。
GSReport_no-internet_detailed.png
クラッシュレポートポリシーの詳細については、リンクを参照してください。

回答が見つかりませんでしたか?

このフォーラムで
他の記事をチェック

フォーラムへ戻る

最新の解決策をチェック

採用された解決策

新しいディスカッションを始める

投稿する