キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

推奨されるハードウェア

Michitaka Kiriki
Graphisoft
Graphisoft

一般的な推奨事項

GRAPHISOFTによってArchicad との互換性をテストした認定ハードウェア構成の一覧をお探しの場合は、こちらの記事で確認できます。

プラットフォーム

GRAPHISOFTの全製品は、WindowsとMacの両方のプラットフォームで利用できます。BIMxには、モバイルデバイス向けにiOSとAndroidベースのバージョンがあります。お好みに合わせてプラットフォームをお選びください。2つのバージョン(MacとWin)は互換性(ファイル形式、TeamWork)があるので、混在環境での作業も可能です。

システム要件とハードウェアの推奨事項

Archicad 25 BIMcloud Basic BIMcloud
以前のバージョン 以前のバージョン 以前のバージョン
Archicad推奨ハードウェア環境 BIMcloud Basic推奨ハードウェア環境 BIMcloud推奨ハードウェア環境

推奨グラフィックカード

Archicadを使用するための構成例

次の表は、与られたタスクに適切なコンピュータ構成のタイプを特定するのに役立ちます。次の "デスクトップとノートPCの例"では、両方のプラットフォームのレベルごとに仕様を示しています。 また、認定されたハードウェア構成の一覧も確認できます。
プロジェクトサイズ、LOD 小規模 中規模 大規模
住宅 マンション・オフィスビル 高層ビル、病院、キャンパス
企画設計段階 エントリーレベル エントリーレベル ミッドレンジ
基本設計段階 エントリーレベル ミッドレンジ ミッドレンジ
詳細設計段階 ミッドレンジ ミッドレンジ ハイエンド

デスクトップとノートPCの例 - エントリーレベル, ミッドレンジ, ハイエンド




デスクトップ
PC エントリーレベル ミッドレンジ ハイエンド
CPU Intel Core i5-9600K
AMD Ryzen 5 3600X
Intel Core i7-9700K
AMD Ryzen 7 3800X
Intel Core i9-9900K
AMD Ryzen 9 3950X
RAM 8 GB 16 GB 32 - 64 GB
GPU NVIDIA GeForce GTX 1650 4GB
AMD Radeon RX 5500 XT 4GB
NVIDIA Quadro RTX 4000 8GB
AMD Radeon Pro W5700 8GB
NVIDIA Quadro RTX 5000 16GB
AMD Radeon Pro WX 8200 8GB
Disk 256+ GB SSD 500+ GB SSD NVMe 500+ GB SSD NVMe
OS Windows 10 64-bit 1903+ Windows 10 64-bit 1903+ Windows 10 64-bit 1903+
Mac エントリーレベル ミッドレンジ ハイエンド
Model 27-inch iMac 27-inch iMac 27-inch iMac Pro
CPU Intel Core i5 3.50 GHz Intel Core i7 4.2 GHz Intel Xeon 8 core 3.20 GHz
RAM 8 GB 16-32 GB 64+ GB
GPU AMD Radeon Pro 570 4 GB AMD Radeon Pro 575 4 GB AMD Radeon Pro Vega 56 8 GB
ディスク 1 TB 7200 RPM HDD 512 GB SSD 1 TB SSD
OS macOS 10.15 macOS 10.15 macOS 10.15



ノートPC
PC エントリーレベル ミッドレンジ ハイエンド
CPU Intel Core i5-9400F
AMD Ryzen 5 3550H
Intel Core i7-9750H
AMD Ryzen 7 3750H
Intel Core i9-9980H
RAM 8 GB 16 GB 32 GB
GPU NVIDIA GeForce GTX 1650 Ti Mobile 4 GB
AMD Radeon RX 5300M 3GB
NVIDIA QUADRO P2000 4GB
AMD Radeon Pro WX 4150 4GB
NVIDIA QUADRO P4200 8GB
AMD Radeon Pro WX 7100 8GB
Disk 256 GB SSD 500+ GB SSD NVME 500+ GB SSD NVMe
OS Windows 10 64-bit 1903+ Windows 10 64-bit 1903+ Windows 10 64-bit 1903+
Mac エントリーレベル ミッドレンジ ハイエンド
Model 15-inch MacBook Pro 15-inch MacBook Pro 16-inch MacBook Pro
CPU 8th Gen Core i5 2.20 GHz 8th Gen Core i7 2.60 GHz Intel Core i9-9980HK
RAM 16 GB 16-32 GB 32 GB
GPU AMD Radeon Pro 555X 4 GB AMD Radeon Pro 555X 4 GB AMD Radeon Pro 5500M 8GB
Disk 512 GB SSD 512 GB SSD NVMe 1 TB SSD NVMe
OS macOS 10.15 macOS 10.15 macOS 10.15



掲載情報に関して




Archicad

CPU

Archicad 18より、CineRender engine by Maxonが実装されたことで、高性能CPUがこれまで以上に不可欠になりました。レンダリング以外にも、業界初のバックグラウンド処理(バージョン17から利用可能)では、複数のコアを集中的に使用しています。バックグラウンド処理は、特大で複雑なモデルのパフォーマンス、ナビゲーション、表示に大きく役立ちます。標準的なBIM用のデスクトップワークステーションには最低でも4コアのプロセッサを推奨しますが、大規模なプロジェクトの計算や迅速なレンダリングには8コア以上のプロセッサが最適です。それは、価格がパフォーマンスと指数関数的に上昇することを念頭に置いておく価値があります。レンダリング速度については、CineRender、Cinema 4D、Artlantis、CPUが最も重要なコンポーネントであるため、一日中レンダリングを行うコンピュータではハイエンドプロセッサが良い選択ですが、その他のすべてのコンピュータ(レンダリングにのみ使用されるものではなく、通常のBIM用のデスクトップワークステーション)では、他の部分にもっと投資した方が良いでしょう。

Archicad 17 以降、64bitsのOSのみがサポートされています。

RAM

現在では、モデルのサイズや細部のレベルに応じて、16GBから32GBのRAMサイズが推奨されています。非常に大規模で複雑で詳細なプロジェクトでは、64GB RAM を推奨します。ほとんどの場合、Archicad は RAM サイズをフルには割り当てませんが、複数の Archicad インスタンスや RAM を多用する機能のためには、大きなゆとりを確保しておくことを推奨します。RAM の割り当てが最大になると、データがディスクドライブにキャッシュされ、Archicad のパフォーマンスと全体的な応答性を著しく低下させる可能性があります。

ストレージ

Archicad は動作中にキャッシュされたデータを保存するので、ファイルを保存しているときだけでなく、Archicad で作業している間も多くのファイル I/O が行われます。そのため、ハードドライブは重要な-そして見落とされがちな-スピードの要因となります。ソリッドステートドライブ (SSD) の価格は年々下がっており、賢明な投資かもしれません。巨大なSSDは必要ありません。データ保存用の大型の従来型ハードドライブと組み合わせて、より小さい (例えば 256GB) SSD を使用する方が良いでしょう。システムと Archicad を SSD にインストールしますが、ファイルは従来のドライブに保存します。最近では、NVMe SSD ドライブはかなり手頃な価格になっていますので、そのようなドライブは非常にお勧めです。
簡易SSDベンチマークの結果を確認ください: SSD

グラフィックカード

Archicadは2Dと3Dの両方でハードウェアアクセラレーションを使用しています。ですが、ハードドライブの重要性は過小評価されがちですが、グラフィックカードの重要性は過大評価されがちです。一般的には、特にハイエンドのグラフィックカードよりも、最新のグラフィックカードの方が重要だと言えます。パソコンの寿命の半分くらいの時期にグラフィックカードを交換するのは悪いことではありません。
新しいカードを購入する際には、グラフィックのVRAMが十分にあることが重要です。現在は2GB以上を推奨しています。最適なパフォーマンスを発揮するためには、ドライバが鍵となります。ドライバのサポートを安心して受けたいのであれば、「プロフェッショナルシリーズ」のグラフィックカードを購入するのが良いでしょう。推奨されるカードの一覧で詳細を確認ください。

ディスプレイ

画面の大きさは生産性を大きく左右する。ここで一つだけ推奨したいことがあります。大きければ大きいほど良いということです。離れて画面の大きさを定義するモニターの物理的なサイズから、また画面の解像度は、それに影響を与えることができます。例えば、2Kモニターは、200%以下の任意のスケーリングのための4Kモニターよりも大きな画面領域を提供します。
グラフィックカードがサポートしていれば、2台以上のモニターを接続することもできます。あなたも、ディスプレイの配列をサポートするために、より多くのグラフィックカードを持つことができます。しかし、ミッドレンジとアッパーレンジのほとんどのグラフィックカードは、いくつかの4Kモニターでのみでしか完全に動作しません。


BIMx

BIMxの観点から、関連するコンピュータ、デバイスを2つのグループに分ける必要があります:
  • BIMxモデルをエクスポートし、グローバルイルミネーションレンダリングを実行するコンピュータ
  • BIMxモデルを開いて操作する事ができる端末

CPU

Archicad 15 までは、グローバルイルミネーションのレンダリングは CPU によって実行されています。Archicad 16 以降、この負荷は GPU と CPU とで共有されます。レンダリングの大部分が GPU によって計算されるためので、ミッドレンジの CPU であればどのようなものでも問題なく動作するはずです。2 番目のグループでは、低レンジの CPU であっても、新しい CPU であれば問題ありません。

メモリ

最大モデルでも4GBのRAMがあれば開くことはできます。iOSデバイス間では、最新のものだけが大型モデル(iPad Pro、iPad(2017年以降)、iPad Air 2、iPhone 7と7 Plusまたはそれ以降)を開くのに十分なRAMを持っていることに注意してください。

HDD

現在のストレージデバイスは、BIMxであれば問題ありません。

グラフィックカード

BIMxはグラフィックを多用するアプリケーションなので、最も重要な要素はグラフィックカードと利用可能なビデオメモリの量です。グローバルイルミネーションレンダリングを使用した大規模なプロジェクトでは、GB以上のビデオRAMが必要になる場合があります。必要なメモリは、初期化をクリックした後、グローバル イルミネーションの設定で確認できます。グローバルイルミネーションのレンダリングは、主にGPUによって計算されるため、ミッドレンジ以上の新しいカードを検討するとよいでしょう。推奨されるビデオカードの一覧にて、詳細をご確認ください。
エントリーレベルのコンピュータやモバイルデバイスでも動作するようにモデルを最適化したい場合があります。方法については、以下を参照してください。BIMx/最適化


この記事は、以前に公開された以下の記事をベースに、内容を更新・拡張したものです:

回答が見つかりませんでしたか?

このフォーラムで
他の記事をチェック

フォーラムへ戻る

最新の解決策をチェック

採用された解決策

新しいディスカッションを始める

投稿する