キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

BIMcloud推奨ハードウェア環境

Michitaka Kiriki
Graphisoft
Graphisoft
関連バージョン: 2020.2
下記に、アクティブユーザー数に基づいたそれぞれのコンポーネントの動作環境の例です。BIMcloudの負荷はこれだけではなく、プロジェクトのサイズ、ネットワーク帯域幅や使い方などの他の要因にも依存することに注意してください。BIMcloud用のハードウェアの選択でさらにサポートが必要な場合はお近くのGRAPHISOFT販売店にお問い合わせください。
同じコンピュータに複数のBIMcloudコンポーネントがインストールされている場合、両方のシステム要件が満たされていることを確認ください。

BIMcloud Manager

BIMcloud Manager 仕様

会社規模 小規模 中規模 大規模
アクティブユーザー ~5-15人 ~15-50人 ~50人以上
CPU 2コア以上 2.2GHz以上 4コア以上 2.5GHz以上 4コア以上 2.8GHz以上
RAM 4GB以上 8-16GB 16GB以上
アプリケーションディスク SSD SSD SSD
NVMe/SATA NVMe/SATA NVMe/エンタープライズソリューション
ホストデータに加え100GB以上の空き ホストデータに加え100GB以上の空き ホストデータに加え100GB以上の空き
OS デスクトップ/サーバー サーバー サーバー
Windows S. 2016 Windows S. 2019 Windows 10 macOS 10.14+ Windows S. 2016 Windows S. 2019 macOS 10.14+ Windows S. 2016 Windows S. 2019 macOS 10.14+

CPU

CPUの場合、最も重要な特徴はそのクロック速度です。基本的には、アクティブなユーザーやプロジェクトが多ければ多いほど、このクロック速度は高くなるはずです。4コア64ビットCPUで、クロックスピードが速い(2.5GHz以上)ものを使用することが推奨されています。

RAM

アクティブなチームワークユーザーの数に応じて、8~16 GBのRAMを推奨します。ユーザーが作業しているチームワークプロジェクトの数が多ければ多いほど、BIMcloud Managerに多くのメモリを割り当てる必要があります。

Storage

インストールには、5GBのディスクスペースが必要です。通常操作用に少なくとも50GBの空き容量を保持してください。

BIMcloud Server

BIMcloud Server 仕様

会社規模 小規模 中規模 大規模
アクティブユーザー ~5-15 人 ~15-50 人 ~50 人以上
CPU 4コア以上 2.2GHz以上 8コア以上 2.2GHz以上 8コア以上 2.2GHz以上
RAM 16GB以上 32GB以上 64GB以上
アプリケーションディスク SSD SSD SSD
NVMe/SATA NVMe/SATA NVMe/エンタープライズソリューション
ホストデータに加え100GB以上の空き ホストデータに加え100GB以上の空き ホストデータに加え100GB以上の空き
データベースディスク (プロジェクトファイルおよびライブラリ用) SSD SSD SSD
NVMe/SATA NVMe/SATA NVMe/エンタープライズソリューション
OS デスクトップ/サーバー サーバー サーバー
Windows S. 2016 Windows S. 2019 Windows 10 macOS 10.14+ Windows S. 2016 Windows S. 2019 macOS 10.14+ Windows S. 2016 Windows S. 2019 macOS 10.14+
* 必ずプロジェクトやライブラリのサイズで計算してください。

CPU

BIMcloud Serverコンポーネントは、与えられた数だけコアを使用することができるため、BIMcloud ManagerよりもCPUクロック速度(ただし最低2.2 GHz)の影響を受けにくくなっています。4コアの64ビットCPUを使用することが推奨されますが、常にサーバーにアクセスする50人以上のユーザーがいる場合は、8コアを考慮する必要があります。

RAM

BIMcloud Serverの16 GB以上の RAMを強くお勧めします。多くのチームワークユーザーにサービスを提供しているサーバーや、大規模なチームワークプロジェクトを実行しているサーバーでは、32GBを持つことで全体的なパフォーマンスを簡単に高速化することができます。
より具体的な計算として、2GBに加えて1.5倍のRAMを使用して、アクティブに使用されるプロジェクトのサイズをPLNの約4.5倍にします(アクティブに使用されるとは、チームワークユーザーが同時に使用することを意味します)。例えば、同じBIMcloud Server上で同時にアクティブに使用される1GBと2つの3GBサイズのプロジェクトがある場合、2 + 1.5 x (1 + 2 x 3) = 12.5 >>>> 16 GB RAMを推奨します。

ストレージ

BIMcloud Serverにとって、これは最も重要な要素です。なぜなら、このコンポーネントの操作は非常にI/O集約的であるため、BIMcloud Serverは同時に多くのデータベースファイルを本当に速く読み書きしなければならないことを意味します。可能な限り最速のストレージ(SSD、RAIDソリューションなど)の使用を検討してください。
インストールには5GBの空き容量が必要で、アクティブなプロジェクトごとに10GB以上の空き容量が必要です。 BIMcloudが集中型のデータ交換とプロジェクトファイル管理ツールに変換されるため、推奨される100GBの空き容量とホストされているプロジェクトデータを超える追加のストレージスペースが必要になります。
ディスクが以下の条件を満たしていることを確認してください。
  • 最小100MB/sの読み取りおよび書き込み速度。例えば、SATA SSDは最小です。
  • データベースファイル(プロジェクト、ライブラリ、BlobCache)が分離されたディスクに保存されている場合、接続ケーブルで上記の速度を処理できる必要があります。例えば、ディスクが一般的な1Gbitイーサネットケーブルで接続された外付けディスクの場合、約125MB/sを処理することができます。それを2つの部分(読み取り+書き込み)に分割すると、ケーブルは最大62 MB/sの読み取りおよび書き込み速度を処理できることを意味し、これはBIMcloudの適切な操作のために十分ではありません。
  • ディクスはBIMcloud起動前に起動されマウントされる必要があります。
  • 外付けディスクの場合、ディスクには独自の電源が必要です。 USBケーブルから電力を供給することはお勧めしません。

BIMcloud Delta Cache

BIMcloud Delta Cacheの仕様

会社規模 小規模 中規模 大規模
アクティブユーザー <strong>~5-15 人</strong ~15-50 人 ~50 人以上
CPU 4コア以上 2.2GHz以上 4コア以上 2.2GHz以上 4コア以上 2.2GHz以上
RAM 8 GB 16 GB 16GB以上
アプリケーションディスク SSD SSD SSD
NVMe/SATA NVMe/SATA NVMe/エンタープライズソリューション
ホストデータに加え100GB以上の空き ホストデータに加え100GB以上の空き ホストデータに加え100GB以上の空き
OS デスクトップ/サーバー サーバー サーバー
Windows S. 2016 Windows S. 2019 Windows 10 macOS 10.13+ Windows S. 2016 Windows S. 2019 macOS 10.13+ Windows S. 2016 Windows S. 2019 macOS 10.13+

CPU

4コア以上の64ビットCPUを推奨します。

RAM

16 GB以上を推奨します。

ストレージ

ストレージの速度は、BIMcloud サーバーと同様にBIMcloud Delta Cacheでも重要なため、上記で説明されている重要事項を確認ください。
インストールには5 GBの空きディスク容量が必要であり、キャッシュには50 GBが必要です(デフォルト設定)。

回答が見つかりませんでしたか?

このフォーラムで
他の記事をチェック

フォーラムへ戻る

最新の解決策をチェック

採用された解決策

新しいディスカッションを始める

投稿する