キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

WindowsおよびmacOSでPARAM-Oを用いてカスタムオブジェクトを作成

Michitaka Kiriki
Graphisoft
Graphisoft


2020年7月にWindows版でのみテクノロジープレビューとして最初に導入され、Archicad 24 Update 3 では、コードやスクリプトを記述することなくパラメトリックなカスタムオブジェクトや建築要素の作成を今までより簡単に作成できるPARAM-OをmacOSユーザーも同様にArchicadツールとして利用できるようにしました。


AC24_Update3_KeyVisual_1880x806_INT-1.jpg

PARAM-Oは誰のためのものですか?


すべてのArchicadユーザーは、PARAM-Oを使用することで恩恵を受けることができます: 建築を学ぶ学生から小規模から大規模の建築の実務者まで


PARAM-Oを使用すると、学生は…


  • ユニークな形や形をすばやく簡単に作成できます
  • さまざまなデザインや形状を試してみてください
  • 次世代の高速でクールなデザインツールを使用できます

AC24_Update3_Visual_STUDENT-B_1920x1080.jpg

PARAM-Oを使用すると、小規模な建築設計の実践で…


  • 使い慣れた環境で複数のデザインの選択肢を簡単に作成し、コンテストに参加できるようにします
  • クライアントが選択できる無限のデザインバリエーションとオプションを迅速かつ簡単に提供します

AC24_Update3_Visual_SME-A_1920x1080.jpg

PARAM-Oを使用すると、大規模なオフィスでは…


  • オフィスの設計およびドキュメントの標準に準拠しながら、カスタムやメーカー固有のオブジェクトライブラリを開発できます
  • ファイルサイズとライブラリサイズを小さく保つオブジェクトと要素にパラメトリック機能を追加します
  • 後のプロジェクトでオブジェクトを再利用できます

AC24_Update3_Visual_LARGE-A_1920x1080.jpg

PARAM-Oの使い方は簡単です。


  • 何かをダウンロードしたりインストールしたりする必要はありません-- PARAM-OはArchicadに組み込まれています。
  • コードやスクリプトを1行も書く必要はありません。--プログラミングの知識は必要ありません。
  • PARAM-Oはノードベースのツールです。ノードは、形状、属性、変換、数学および三角関数の演算、ブール演算など、簡単に操作できる基本的なPARAM-Oビルディングブロックです。
  • すぐに使用できる定義済みのノードが多数あります。
  • ノードは操作が簡単です。ノードは作成、移動、変更、およびグラフィカルに接続できます。
  • テクスチャと輪郭を使用して、リアルタイムに3Dプレビューで作業を即座に表示します。

使用方法


  • ノード内およびそれらの接続によって、オブジェクトのすべての特性を定義します。
  • オブジェクトに任意の数のパラメーターを追加します。オブジェクトが持つパラメータが多いほど、柔軟性が高くなります。
  • PARAM-Oで作成したオブジェクトを保存すると、ネイティブのArchicadライブラリ部品になります。こちらの記事でライブラリの詳細をご覧ください。
  • オブジェクトツールを使用して、PARAM-Oで作成されたオブジェクトにアクセスして使用します。
  • PARAM-Oで作成されたオブジェクトを、2Dと3Dの両方で視覚的に、またはパラメトリックプロパティを維持しながら数値的に変更します。
  • 作成されたオブジェクトは、PARAM-Oの有無に関わらず全てのArchicadバージョンで動作します。
  • 一部のノードは、ブロック、球、円柱、くさびなどの基本的な形状です。たとえば、単純なブロックオブジェクトを作成するには、エディタからブロックノードをダブルクリックまたはドラッグアンドドロップするだけです。ノードをスクロールするか、検索バーに探しているものを入力します。新しいノードがキャンバスに表示され、3Dプレビューが自動的に更新されます。

Basic-shapes-param0.png


PARAM-Oの使用を開始するには、Archicad24をアップデートするだけです。






注:PARAM-Oをアドオンとして既にインストールしている場合は、こちらの記事を読んで、最新バージョンに更新する方法を確認してください。


こちらでPARAM-Oユーザーガイドをご覧ください。




PARAM-Oサンプルオブジェクト


PARAM-Oで作成されたサンプルオブジェクトをダウンロードして、使い始められます。



ここの手順に従って、サンプルオブジェクトをインポートして開きます
  1. オブジェクトをダウンロード
  2. [ファイル]> [ライブラリとオブジェクト]> [PARAM-Oマネージャー]に移動します
  3. PARAM-Oマネージャーの左下隅にある[インポート]ボタンをクリックします
  4. ファイルブラウザでオブジェクト(.prmoファイル形式)を見つけて、[開く]をクリックします
  5. 必要な数のオブジェクトをインポートします
  6. PARAM-O マネージャーで[OK]をクリックします
  7. "オブジェクトは埋め込みライブラリで使用でき鵜状態です"と表示されたら、[OK]をクリックします。
  8. オブジェクトツールを選択すると、埋め込みライブラリからPARAM-Oサンプルオブジェクトにアクセスできます。
  9. オブジェクトがどのように構築されているかを確認したい場合は、オブジェクトを開きます
  10. これは2つの方法で行うことができます
    1。オブジェクトのインスタンスを1つ配置して選択し、[ファイル]> [ライブラリとオブジェクト]> [選択したPARAM-Oオブジェクトを開く...]に移動します。> >
    2. PARAM-O マネージャーを開き([ファイル]> [ライブラリとオブジェクト]> [PARAM-O マネージャー])、オブジェクトの名前をダブルクリックします> >
  11. ノードとその接続を調べるには、Archicadの平面図や通常の3Dウィンドウで行うのと同じように、キャンバスと3Dプレビューでズームインおよびズームアウト、パンができます。





階段


この単純なオブジェクトでPARAM-Oを始めます。ノード設定で設定を"true"に変更して、パラメータを作成し、パラメータとして設定します。設定すると、オブジェクトの設定ダイアログでパラメータを変更できます。




テーブル


3つの主要なパラメータ(x、y、z)の使用方法を学びます。これらの3つのパラメータは、2Dおよび3Dのオブジェクトのホットスポット、およびオブジェクトの設定ダイアログを使用して変更できます。




シェーディング


このシェーディングオブジェクトは、グローバル値ノードを使用して記述されています。グローバル値のタイプを変更して、このノードの機能を確認ください。たとえば、シェーダーは太陽の動きと一緒に動きます。




既存のオブジェクトを配置


こちらでは、GDLオブジェクトノードを使用しました。このノードで既存のライブラリオブジェクトを開きます。この例では、アームチェアが使用されています。オブジェクトを開いてパラメータを追加します。こちらでは、椅子の高さはパラメータとして定義されます。椅子の数を変更します。

注: 使用する言語バージョンによっては、既存ライブラリオブジェクトを選択しなおす必要があります。




波のファサード


三角関数を使用して波を作成しました。既存の3つの波はパラメトリックです。また、各プレートの厚さ、プレート間の距離、および表面の色もパラメトリックです。オブジェクトのホットスポットを使用して、オブジェクトの設定ダイアログで数値的に2Dおよび3Dで編集します。




窓パネル


Random Seriesノードを使用して、ウィンドウパネルにランダムに穴を作成しました。それぞれの穴は異なります。GDLエディタを使用してオブジェクトのサブタイプを編集します。この例では、サブタイプはWindowです。窓ツールを使用してこのオブジェクトにアクセスします。



バージョン履歴
最終更新日:
‎2021-04-26 02:00 AM
更新者:

回答が見つかりませんでしたか?

このフォーラムで
他の記事をチェック

フォーラムへ戻る

最新の解決策をチェック

採用された解決策

新しいディスカッションを始める

投稿する