キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
デザイン記事

記事

階段ツールの基本-等幅踏面のワインダーの階段を作成する方法

前回の記事では、一般的な階段セグメントとターンの仕組みについて説明しました。この記事では、2つの例を紹介します。それらを使用して、等しい動線/踏面のワインダーを備えた階段を作成する方法です。 ワインダーオプションについて [階段選択設定]のドロップダウンメニューから、または[階段]のコーナー(ターンしている端点)をクリックして、[ペットパレット]から[ターンタイプオプション]を選択して、[ワインダーオプション]ダイアログを開くことができます。上部のワインダーオプションパネルでは、Archicad...

wp-content_uploads_2018_02_Winder-Options-2-2-step-300x240.png wp-content_uploads_2018_02_Winder-Options-1-2-step.png wp-content_uploads_2018_02_Winder-Options-no-middle-step-300x240.png wp-content_uploads_2016_06_Info_18x18.png

階段ツールの基本-等角度のワインダーの階段を作成する方法

前回の記事では、一般的な階段セグメントとターンの仕組みについて説明しました。この記事では、等角度のワインダーで階段を作成するためにそれらを使用する方法の2つの例を示し、このワインダータイプの一般的な仕組みを説明します。 等角ワインダーの仕組み このワインダータイプの基本的なルールは、最初にワインダーの最初と最後の蹴上を配置し(あなたが設定したオフセットに基づいて)、次に、2つの間の角度を定義された数に等しく分割することです。最初と最後の蹴上は、常に歩行ラインに対して垂直(90°)になります。 プ...

wp-content_uploads_2018_02_Equal-Angle-Explanation.gif wp-content_uploads_2018_02_Division-Method-1.png wp-content_uploads_2016_06_Info_18x18.png wp-content_uploads_2018_02_Riser-Offset-settings.png

階段ツールの基本-モノリス・テラゾ仕上げ(連続単層仕上げ)の階段のモデリング

Archicad 21の階段ツールは、個別のGDL要素として保存および処理される踏面と蹴上を使用して動作します。これは、同じビルディングマテリアルで作られていても、それらの間に線分が立面図に表示されます。階段のサブ要素は、他のオブジェクトと同様に、Archicad 21の時点でビルディングマテリアルを使用しているため、これらの交差を適切に処理できるため、断面でこれらの線は排除されます。立面図のこれらの線が表示されない場合は加筆する必要があります。この目標を達成するために、階段をモデリングするさま...

wp-content_uploads_2017_10_20-method-1-1024x743.png wp-content_uploads_2017_10_19-method-2-1024x511.png wp-content_uploads_2017_10_21-method-3-1024x590.png wp-content_uploads_2017_10_16-hide-tread-1024x279.png

階段ツールの基本 - 新しい階段ツールを使って階段を配置する方法

階段を配置するには、はじめにポリラインである基準線(青い線)を描画する必要があります。したがって、入力と接続されたペットパレットオプションは、Archicadにポリラインを配置するのと似ています。階段「入力方法」(上向き/下向き)は、最初のクリックが階段の下部または上部かを定義定義します。(この記事では、「上向き」オプションが選択されています。) 入力は2 D (平面図)でも3 Dでも動作します。入力中、Archicadは蹴上の数を含む階段がどのように見えるかを視覚的にフィードバックします。基準...

wp-content_uploads_ac21_help_03-1-elements-virtual-building_StairUpDown.png wp-content_uploads_2017_08_staright_stair-1024x695.png wp-content_uploads_2017_08_L_shape.gif wp-content_uploads_2017_07_U_shape_stair.gif

オペレーションプロファイルの作成

オペレーションプロファイルは、ヒートブロックに割り当てるArchicad属性です。それぞれのプロファイルは、必要な内部気温範囲、人の発熱量、温水供給、および湿度を含む毎日のスケジュールに関連付けられています。以下の手順に従って、新しいオペレーションプロファイルを作成します。 1. デザイン > エネルギー評価 > オペレーションプロファイルに移動、もしくは オプション > 属性 設定 > オペレーションプロファイル 2. オペレーションプロファイルのダイアログボックス内で新規作成...をクリック...

検索と選択ツールの使用方法

この記事では、次の方法を学ぶことができます: 特定の条件または複数の条件を満たす要素を検索、選択します後で使用するために、条件のグループを条件セットとして保存します 検索と選択 属性、パラメータ、またはプロパティとも呼ばれる同じ特性を持つ複数の要素を一度に選択できます。この機能は 検索と選択と呼ばれます。コマンドは[編集]メニューにあります。 次のダイアログボックスが表示されます。 このダイアログの[条件]列で、多数の特性を参照できます。次に、これらの特性を共通に持つすべての要素を選択できます。...

検索と選択の条件を保存する方法

Archicadの検索と選択ツールを使用すると、操作したい要素を正確に簡単に選択できます。 この機能の一般的な情報については、Archicadヘルプの「条件による要素の検索と選択」を参照してください。 このツールのあまり知られていない機能は、検索条件を保存して呼び出す機能です。次のような例があります:プロジェクトの作業中に、特定の塗りつぶし種類を使用した、特定のレイヤーに配置されているフロア上のすべての壁を見つけて選択する必要がある場合があります。 これらの要素を選択する必要があるたびに、[検索...

Archicadの強化されたオブジェクトライブラリで現代的なインテリアを作成

クライアントに対して現実的かつ編集可能なデザインオプションを提供するために、設計者には広範で際限のないオプションが求められます。Archicad 25を利用すれば、複数の可能性を検討し、ご自身の創造性を高めることが可能です。オブジェクトを入れ替えることなく、目を引くようなインテリアのレンダリングをより速く、より効果的に作成できるようになりました。時間のかかるポストプロダクション作業も必要ありません。 本物そっくりのインテリア より現実的で機能的なインテリアとするため、カスタマイズ性の高い、新しい...

image.png Screenshot-2021-05-07-at-13.02.39-1.png Screenshot-2021-05-07-at-13.03.53.png Screenshot-2021-05-07-at-13.07.34.png

階段ツールの機能拡張によるさらなる柔軟性と標準への準拠

階段の作成と編集には複数の必要条件を取り扱い、検討することが求められますが、その必要条件が矛盾していることも多くあります。設計変更全体にわたってこういった要素の全てを確実なものにすることは、どの設計者にとっても難しい課題です。 Archicad 25では階段ツールを改良し、あらゆる種類や規模の建築プロジェクトにおいて設計の自由度や多様な使用をサポートしています。それでは新たに機能が拡張された階段ツールについて見ていきましょう! 新しい階段の計算方法「弦に沿って 」 設計時には、現地の標準に合わせ...

stair-new-calculation.png stair-along-chord.png Stair-landing.png Stair-winder.png

梁セグメント – ヒントとコツ

セグメントとは何ですか? 梁(または柱)のセグメントは、異なる素材や形状を梁(または柱)の参照軸に沿って定義するのに便利です。その結果として、鉄筋コンクリートや鉄、木材、複合材の梁や柱要素を表現するBIM要素について、形状の自由度が拡大します。 新規セグメントを追加する方法 設定ダイアログボックスで 梁の設定 を開き、[セグメント]ページに移動します。[複数セグメント ]の梁アイコンをクリックします。[追加 ]をクリックして、必要な数のセグメントを追加します。 画面上で 3Dウィンドウで梁を1つ...

トップ共同執筆者