キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
ドキュメント記事

記事

「修復して開く」では何を修復しますか?

「修復して開く」はArchicadで最も便利なコマンドの1つで、多くの一般的な問題の解決策です。修復プロセスの目的は、損傷したファイルを物理的に修復することです。破損すると、ファイルの1つまたは複数の部分が破損または失われます。 Archicad PLANファイルには、多くの異なるデータ構造(モデル要素、注釈、詳細、断面、レイアウト、フロア、カテゴリ、属性など)、これらの構造の間にはつながりと関係があります。ファイルには代用できない非常に重要な部分があります。 修理プロセスは、3つ段階で主に構成...

OpenandRepair-cover.png

PDF ヒントとコツ

ArchicadでベクターPDFを利用する方法は様々な方法があります。以下で、最も一般的に使用される機能とトリックについて読むことができます。 ArchicadからPDFを保存する ArchicadからPDFを保存するには2つのオプションがあります: 発行 ナビゲータで発行セットを設定して、PDFドキュメントを発行することもできます。発行セットを使用すると、同じまたはさまざまなPDF設定を使用して、一度に複数のレイアウト/ビューを発行できます。発行セットの詳細については、リファレンスガイドをご覧...

PDFoption-cover.png

Archicadでの素早いグラフィック品質確認

表現の上書き機能の改善により、表現の上書きの[塗りつぶし背景ペン]や3D[材質]において、RGBカラーを選択することが可能になりました。これにより、2Dと3Dの表現を同期させたい場合に、要素を強調するための特定のカラーを備えた材質やペンを個別に作成する必要がなくなりました。この機能はプロジェクト全体におけるビューの一貫性を維持し、BIMワークフローをシンプルにし、生産性を向上させるのに役立ちます。 新たな表現の上書きのオプション 時間のロスやワークアラウンド(回避策)なしに視覚情報を素早く伝達す...

This image has an empty alt attribute; its file name is Screenshot-2021-05-03-at-13.31.01.png ac25-quick-graphical-checks.jpg

Archicadによる正確な一覧表と数量集計

Archicad 25では、より正確な構成要素リストを作成するための新しいプロパティ が導入されています。以前のバージョンでは、構成要素の面積と体積の正味値しか一覧表化することができず、穴部分の値は常に差し引かれていました。Archicad 25では、コンポーネントの数量を一覧化するために、新しい「総体」および「条件付き」 面積/体積のプロパティが利用可能になりました。 新しく拡張された計算規則 のダイアログ 「総計 」プロパティにより – コンポーネント内の穴は無視されます。 「条件付き 」プ...

Untitled-480p-210531.gif image-5.png image-6.png ac25-building-meterial-schedules.jpg

数式を用いて最大占有者数を自動的に計算する

Archicad 22で導入された数式機能により、ユーザーはモデルから情報を抽出し、操作することが可能になりました。以下の手順に従って、ゾーンごとの最大占有者数を自動的に計算し、ゾーンスタンプに表示する方法を学びましょう。 グループ、プロパティおよび数式を作成する 1. [オプション ]→[プロパティマネージャー]と進み、[プロパティマネージャー]ダイアログボックスを開きます。 2. [新規作成 ]ボタンをクリックし、[新規プロパティ/グループ]ダイアログボックスを開きます。 3. [新規プロパ...

フォントと段落のスタイル – テキストでお気に入りを使用する

Archicadでは、フォントと段落のスタイルが機能するのと同じように、お気に入りを作成し、保存することがテキストスタイルについても可能 です。 テキストスタイルのお気に入りとは何ですか? まず、テキストスタイルにはどのような設定が含まれているのでしょうか?以下に示す各種の設定については、カスタマイズすることが可能です:これらの設定を用いてテキストのスタイルを定義し、保存して別のツールでも使用することが可能です。お気に入りタブにアクセスして新規お気に入りを作成 するには、左上にある星のアイコンを...

Archicadで要素をロック/ロック解除する方法

要素をロックする種類 レイヤー - レイヤーがロックされると、レイヤー上のすべての要素がロックされます。 個別 - その要素が存在するレイヤーの状況とは独立して、要素を個別にロックすることができます。 ロックされた要素を特定する方法 ロックされた要素は、いかなる方法でも変更(移動、消去、サイズ変更など)することができません。 選択時、ロックされた要素のホットスポットと全体は、ロックされていない要素と比べて薄く表示されます 。 要素上にカーソルを移動すると、情報ダイアログボックス内に要素または要素...

PDFをインポートして分解する方法

特定のコンテンツに関して、利用可能なファイルの種類がPDFのみであるというケースがしばしば発生します。幸い、Archicadはベクトル情報をインポートし、使用可能な要素に変換することが可能です。ArchicadにPDFをインポートして分解するには、以下の手順に従ってください。 PDFのインポート 1.PDFを配置するための新しいワークシートを作成します。 2.シートの縮尺をインポートしたいPDFに合わせて変更します。 注記: コンテンツの縮尺は、一度取り込んでしまった後はいつでも変更できます。縮...

断面図において非表示のメッシュ線を表示する方法

どうすれば断面図においてメッシュの切断線を点線で表示させることができますか? - ARCHICAD-TALKでのnickATAの質問ARCHICAD-TALK においてユーザーの1人から、断面図でメッシュの投影線を点線にする方法についての質問が投稿されました。ユーザーの説明によると、2つのメッシュ(1つは既存、またもう一つは提案)があるという状況でした。しかしこの質問は、壁の背後にある投影輪郭線をどのように表示すればよいのか、という私たちが時々経験するひとつの問いを投げかけるものでした。 断面図...

参照パレット

トレースした画像がフロア全体において整列しません - ARCHICAD-TALKでのJohnの質問参照機能については、問題が時々発生する場合があります: 参照図面がずれ、上層階のコンテンツと揃っていない 参照図面から特定の要素が失われている 塗りつぶしが境界のみ表示されている、等々 実際にはこれらの問題はすべて、[参照]パレットにおいて「非表示になっている」多くの作成機能が原因と なっています。注記: 参照画像において表示する要素の種類を選択できるこのポップアップウィンドウは[3D要素をフィルタ...