キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
プロジェクト管理記事

記事

以前のバージョンArchicadプロジェクトに保存する方法

Archicadは以前のArchicadバージョンのプロジェクトファイルを保存できます。たとえば、Archicad 21プロジェクトがある場合、それをArchicad 20に保存することはできますが、Archicad 19に保存することはできません。 保存方法: [ファイル]>[名前を付けて保存…]を使用します [保存]ダイアログボックスで、[ファイルの種類]リストから[ArchiCADxxプロジェクト]を選択します。 警告が表示されます: 「強制保存」をクリックします プロジェクトを保存する前...

Archicad 10 File Converter をWindows上にインストールして実行する方法

Windows上にArchicad 10 File converterをインストールするには、以下の手順に従ってください。 1. 以下のリンク先にアクセスします。 https://www.graphisoft.com/downloads/fileconverter.html 2. Windows用Archicad 10 コンバータの正しい言語バージョン(USA版またはINT版)パッケージをダウンロードします。このコンバータは最新のWindowsでも起動可能です。 3. AC10-USA-1209...

Archicad 10 File Converterを用いてプロジェクトを移行する方法

Archicad 10 File converterは、ユーザーがバージョン6.5、7および8のファイルをArchicad 10に移行させることを可能にするもので、Archicad 10 ファイルは現行バージョンのArchicadでも開くことができます。すでにArchicad 10 File converterをインストール済みの場合は、このページのさらに下の方にある手順まで進んで下さい。まだインストールしていない場合は、次のリンクのいずれかをクリックして、このFile converterをイン...

Archicad 10 File ConverterをmacOS上にインストールして実行する方法

Mac OS上にArchicad 10 File Converterをインストールするには、以下の手順に従ってください。 1. 以下のリンク先にアクセスします。 https://www.graphisoft.com/downloads/fileconverter.html 2. macOS 用Archicad 10 コンバータの正しい言語バージョン(米国版または国際版)パッケージをダウンロードします。このコンバータは最新のmacOSでも起動可能です。 3. DMGファイルをダブルクリックすると、...

プロジェクトの移行の概要

ファイルの互換性 • すべての最近公開されたArchicadはバージョン8.1までのPLNファイルを開くことが可能です。 • Archicad 6.5、7.0 および8.0のファイルは、Archicad 10ファイルコンバータで開くことができる場合があります。バージョン10用にコピーを保存すると、最新バージョンのArchicadで開くことができる場合があります。移行プロセス • プロジェクトファイルは新しいバージョンで開く前に、コピーを作成しておきます。 • 元のファイルは、アーカイブとして元の...

Archicadの最新リリース版にアップグレードした際に想定されること

通常の移行における課題 • 学習曲線 — 新しい機能とユーザーインターフェイス • 古いバージョンで現在進行している仕事を継続すること • プロジェクトファイルを新しいバージョンに移行すること推奨されるワークフロー • 最新バージョンのArchicadは新しい機能を学習するため、ライセンスを更新するまで体験版またはデモモードで使用します。 • 移行を決定するまで、現在の仕事の生産性を維持するために古いバージョンのArchicadを使用します。 • 最新の公開バージョンに一気に移行するようにし、元...

埋め込みライブラリにコンテンツを追加する

埋め込みライブラリとは、Archicad プロジェクト内においてプロジェクトに固有のコンテンツを保存するための場所です。別のプロジェクトで再び使用される予定のテクスチャやオブジェクトは、外部のライブラリに保存すべきです。以下に示す手順に従って、埋め込みライブラリ内にコンテンツを埋め込みます。注: テクスチャにリンクされたオブジェクト(すなわちSketchUpファイル)は、オブジェクトと共にテクスチャについてもインポートする必要があります。これらが含まれていない場合は正しく表示されない可能性があり...

Archicadで欠落しているライブラリ部品を検出する例

実際のArchicadプロジェクトを通して、欠落しているライブラリに関する問題を検出し、修復する方法を見ていきましょう。状況: Archicad 10で作成されたPLNファイルが手元にあります。これをArchicad 19に移行させ、PLAファイルとして保存しました。このファイルをArchicad 19で再び開きましたが、使用されていたすべてのライブラリ部品はファイルに埋め込まれていたため、ライブラリがプロジェクトに追加されませんでした。プロジェクトを編集後、このファイルを間違えて PLNファイ...

Archicadで属性を転送する方法

Archicadでは、プロジェクト間で属性を転送することが可能です。そのためには属性マネージャーのインポート機能を使用する必要があります。属性は.plnと.plaファイル、もしくは.tplと.xmlファイルからインポートすることが可能です。また古いArchicadファイルから属性をインポートするために、.aatファイル形式もサポートされています。 例として、別のプロジェクトからペンセットをインポートする方法を見てみましょう。 属性マネージャーを開き、ペンセットのタブを選択します。インポートボタン...

ツール設定ダイアログの表示をカスタマイズする方法

Archicadツールのコンテンツと外観をカスタマイズできます。通り芯ツールの例を見てみましょう。 通り芯ツールの設定ダイアログが以下のように表示されない場合、または通り芯ツールがロードされていることは確かですが、通り芯ツールがない場合は、作業環境に移動して少し微調整する必要があります。 これは、通り芯ツールがロードされていることを確認するアドオンマネージャーです。 これは、ツールボックスの通り芯ツールアイコンをダブルクリックしたときに通り芯のツールダイアログがどのように表示されるかを示していま...