キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
Wish list cleaning
USERFEST2024 参加申込み受付中!夏の終わりに札幌でお会いしましょう!
  

属性管理の階層構造化による改善

Michitaka Kiriki
Graphisoft
Graphisoft

 

 

ますます複雑化する属性の管理

 

BIMプロジェクトは、データ量の増加や関係者の増加により、その規模や複雑さが常に拡大しています。プロジェクトの属性はその典型的な例で、属性を管理することが面倒になり、デザインに集中できなくなっています。Archicad 26では、より構造化された属性階層を提供することで、属性の管理をより簡単かつ直感的に行えるようになりました。

属性管理における階層化と構造化

 

設計担当者、プロジェクトリーダー、BIMマネージャーは、Archicad 26で導入されたこれらの主要属性の階層化と構造化により、プロジェクトをより構造的に整理し、プロジェクト属性セットをきれいに保ち、プロジェクト変換を合理化できるようになりました。

  • レイヤー
  • ビルディングマテリアル
  • 材質
  • 複合構造
  • 断面形状

主要な属性

主要な属性の設定ダイアログに追加された新機能を見てみましょう。

  • フォルダを作成し、任意の論理階層で属性を整理することが可能
    EmokeCsikos_0-1653069998132.png
  • 属性表示は、コンテンツの上にフォルダを表示するフォルダビューと、フォルダを表示しないフラットリストビューのいずれかを使用します。
    EmokeCsikos_1-1653069998142.png
  • 2つのビューのいずれでも、直感的に属性を検索、ソート、管理することができます。フォルダ名で検索すると、現在表示されているフォルダとその内容を無視して、プロジェクト全体を検索し、関連する任意のフォルダの結果を表示します。
  • 検索バーに文字を入力するだけで検索を開始できます。
    EmokeCsikos_2-1653069998148.png
  • アップデートされたダイアログやポップアップで、簡単に属性を選択できます。
    • フォルダビューまたはリストビューのどちらかを使用します。
    • 列のヘッダーをクリックして、属性を任意の列で並べ替えることができます。
    • ポップアップの上部にある検索バーに入力し始めると、検索が始まります。
      EmokeCsikos_3-1653069998156.png
  • フォルダビューでは、スプリッターをドラッグして、フォルダを表示するためのスペースの大きさを調整します。ダブルクリックすると、フォルダビューが折りたたまれ、再び開かれます(お気に入りパレットやオブジェクト設定ダイアログと同様)。

その他の主要な属性の改善は次のとおりです。

  • フォルダ内の複数の材質、またはフォルダ全体を選択し、選択した材質の以下のパラメータを一度に編集可能です。
    • 効果
    • 表面塗りつぶし前景
    • テクスチャ
  • 設定ダイアログで複数の複合構造を選択し、「使用項目」を変更することができます。
  • 断面形状を管理する場合:専用のボタンを使って、属性パレットを開閉します。

属性パレット

以前のArchicadバージョンの属性マネージャーも引き続き使用できますが、Archicad 26では、プロジェクト属性をよりスマートかつ簡単に整理してアクセスできる新しい属性パレットが導入されています。メニューの位置は以下のとおりです。

  • [オプション]→[属性設定]→[属性...]
  • [ウィンドウ]→[パレット]→[属性…]

全ての属性がタブではなく、フォルダのような構造で整理されるようになりました。属性設定ダイアログ(レイヤー、ビルディングマテリアル、材質、複合構造、断面形状)と同じように、以下を行うことができます。

  • 複数レベルのフォルダとネストしたフォルダの作成
  • フォルダまたはリストビューでプロジェクトの属性を表示
  • フォルダ間の移動と属性の整理
  • リストビューの場合:
    • 全て表示させるか、または
    • フィルタをかけて、タイプ別にリストします。属性のアイコンをクリックすると、その種類だけをリストしたり検索したりすることができます。リストビューのアイコンを長押しすると、全ての属性タイプのアイコンが一列に表示されます
      EmokeCsikos_4-1653069998160.png

パレットをドッキングさせ、開いたまま、属性の管理作業を行います。パレットを閉じずに、それぞれの設定ダイアログで個々の属性を編集可能です。

新規フォルダ、名前の変更、削除、インポート、エクスポートのコマンドは、属性パレット上のボタンで利用可能です。属性管理に必要なその他のコマンドは、フォルダと属性の両方でコンテキストメニューから利用できます(右クリック後)。

EmokeCsikos_5-1653069998165.png

属性パレットは、属性を階層的なコンテキストで表示します。

  • 他の属性(材質、ビルディングマテリアル、複合構造、断面形状)を参照している属性を選択すると、関連した属性が横側に表示されます。複数の属性を選択した場合、関連する全ての属性がリストアップされます。

    EmokeCsikos_6-1653069998169.png
  • 任意の属性をダブルクリックすると、その属性の設定ダイアログ(エディタ)が開き、編集が可能です。選択された属性の設定ダイアログを開くために、属性パレットを閉じて、[オプション]→[属性設定]に戻る必要はありません。

属性をインポート:

  • フォルダ構造を属性そのものと共にインポートすることができます。属性の種類でフィルタリングすることで、インポートする対象をより明確にすることができます。
    EmokeCsikos_7-1653069998172.png
  • 右側の列は、選択したインポート方法(名称別またはインデックス別)に基づき、その属性がすでにプロジェクトに存在するかどうかを示すものです。存在する場合、小さなアイコンが表示されます。
  • フィルタリングされたリストをさらにフォルダでソートし、インポートする属性を簡単に選択することができます。
    EmokeCsikos_8-1653069998176.png

 

プロジェクト管理に費やす時間と労力を減らし、設計により多くの時間を投入

プロジェクトをよりスマートに整理することで、プロジェクトの属性をすっきりさせ、一貫性を保つことができます。IFCまたはホットリンクされたモジュールを介して、関係者とのプロジェクトファイルの交換を合理化します。大規模で複雑なプロジェクトでも、改善された属性管理により、設計に集中しながら時間を節約し、エラーのリスクを低減することができます。

 

 

全ての属性タイプと属性管理に関する詳細情報は、『Archicadユーザーガイド』を参照してください。

 

Archicad 26の新しいデザイン機能の全てをご紹介します。

 

Archicad 26の全ての新機能の詳細については、 こちらの記事をお読みください。

回答が見つかりませんでしたか?

このフォーラムで
他の記事をチェック

フォーラムへ戻る

最新の解決策をチェック

採用された解決策

新しいディスカッションを始める

投稿する