キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
Wish list cleaning
USERFEST2024 参加申込み受付中!夏の終わりに札幌でお会いしましょう!
  

掘削土量算出のために開口ツールを使用する方法

Michitaka Kiriki
Graphisoft
Graphisoft

プロジェクトのための土の掘削量は、様々な方法で計算することができます。しかし、この作業を自動化することができ、開口ツールを使用することで、作業をより簡単かつ迅速に行うことができます。


開口ツールの形状は、関連する要素に対して相対的に測定され、それに沿って移動します。つまり、地形の表面がどれだけ複雑であっても、開口ツールの形状はそれに適応するため、一イラン表を通して必要な全ての量と寸法を容易に生成できます。


注意: 地形に開口を配置するためには、メッシュツールを使用してモデル化する必要があります。


開口の作成


  • 平面図もしくは3Dウィンドウで、開口ツールを有効にします
  • メッシュの上にカーソルを移動すると、現在の位置に開口のプレビューが表示されます。
  • クリックして任意の場所に開口を配置します



一覧表を作成する前の重要な点として、土壌掘削に使用する開口が別のレイヤーにあるか、もしくは固有の要素IDとしているかを確認してください。プロジェクト内の他の開口と区別することで、それらを識別し、一覧表を作成することが容易になります。下の例では、要素IDを' 'Soil Excavation'に変更しています。


Excavation-4.png


一覧表の作成


  • スキーム設定ウィンドウで、新規作成をクリックします
  • 新しい一覧表に名前を付けます
  • 基準では、要素タイプを開口に設定します
  • 新しい基準を追加します: 要素IDに'Soil Excavation'を含む
  • フィールドに、必要なパラメータを追加し、掘削量を出すことになる正味体積を足します

Excavation-2_-1.png

結果は下記となります:


Excavation-3_.png

注意: 現状では、開口ツールは長方形と円形の形状しか使用できません。


回答が見つかりませんでしたか?

このフォーラムで
他の記事をチェック

フォーラムへ戻る

最新の解決策をチェック

採用された解決策

新しいディスカッションを始める

投稿する