キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
Wish list cleaning
USERFEST2024 参加申込み受付中!夏の終わりに札幌でお会いしましょう!
  

設計ワークフローでの開口ツール

Michitaka Kiriki
Graphisoft
Graphisoft

開口ツールはArchicad 23の新機能の1つで、開口のモデリング、情報管理、図面化に必須のBIM設計ツールです。 新しい開口ツールを使用して、任意の数のモデル要素を貫通する穴や凹み/ニッチを作成します。これらは、建築、構造、MEPに関連しています。設計プロセスを通じて、分野間で何度も交換されます。


新しく開口を作成する


Archicad 23では、以下の手順で壁、スラブ、梁、メッシュに開口部を作成します:


  • 平面図または3Dウィンドウで、開口ツールを有効にします。
  • カーソルをターゲットの上に移動すると、現在の位置に開口のプレビューが表示されます。
  • クリックしてその個所に開部を配置します。


Creating-Opening-2.gif

注: 開口はプロジェクト内に独立して配置することはできません。


開口は、複数の要素を切断して連結することができますが、1つの要素は、関連する要素として定義されます。これは、開口部が関連する要素にリンクされていることを意味します。関連する要素は、開口部の「所有者」または「親」です。


Screen-Shot-2019-09-12-at-13.40.33-1.png

Associated-Element-1-1024x507.png

開口部のグリップを使用して、建築要素への接続を管理します:


  • 新しい要素を追加して切断 - プラス記号を使用します

Add-Cut-Element-1.gif

  • 切断/接続された要素を削除 - X記号を使用します

remove-cut-connected-elements-1.gif

  • 指定された関連要素を変更するには、ピンのアイコンを使用します

change-the-designated-associated-element.gif

位置


開口の位置は、関連する要素に対して相対的に定義され、それに沿って移動します。他の接続された切断要素を移動させても、開口の元の位置は変わりません。


Positioning-1024x526.png
関連要素 関連要素を移動 接続要素を移動

新規に切断要素を追加する方法


"開口部で追加要素を切断"するコマンドを有効にする方法はいくつかあります。下記をご覧くださいw:


開口のグリップを使用


  • ターゲット要素に開口を配置します
  • グリップを選択します
  • “+”記号をクリックしますsign
  • 切断したい要素を選択します

Add-Cut-Element-1-1.gif

ペットパレットを使用


  • 開口の端点の1つをクリックします
  • ペットパレットを有効にします
  • “別の要素を切り取る”をクリックします
  • 切断したい他の要素を選択します

add-cut-element-2.gif

作業環境を使用


  • オプション > 作業環境 > 作業環境 > ショートカット > キーボードショートカット
  • 検索ボックスを使って “別の要素を開口で切り取る”コマンドを選択しますd
  • 好みのショートカットを割り当て、OKをクリックします
  • このキーボードショートカットを使用して、切断したい他の要素を選択します

add-cut-element-3.gif

右クリック


  • 既存の開口をクリックします
  • 右クリック > 接続 > 別の要素を開口で切り取る
  • 切断したい要素を選択します

add-cut-element-4.gif

開口のモデルビューオプション


モデルビューオプションから開口の表示を制御することができます。開口部をシンボルの有無にかかわらず表示したり、完全に非表示にしたりできます。開口が表示されているときは、開口の軸を表示または非表示にすることができます。


Model-View-Option-for-Openings.gif

回答が見つかりませんでしたか?

このフォーラムで
他の記事をチェック

フォーラムへ戻る

最新の解決策をチェック

採用された解決策

新しいディスカッションを始める

投稿する