キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
Challenge エントリー閲覧
Your Best Design Optionチャレンジ 作品をご覧になりましたか?「いいね」も審査基準のひとつです!
  

モデリング

Archicadのデザインツール、要素の接続、モデリングのコンセプトなどに関する記事を読むことができます。

記事

2Dでトリミング

トリミング機能は、既存の要素を2Dと3Dですばやく簡単に編集するのに役立ちます。これは、平面図でCtrl-クリック(Windowsの場合)/Cmd-クリック(MacOSの場合)要素によって行われます。壁、線、円弧などの不要な部分を切り取ったり、2つに分割したり、別の要素に拡張したりすることができます。また、要素の実際の交点または仮想の交点にホットスポットを作成するためにも使用できます。ただし、Archicadが何を行うかは、選択した要素の数や種類、Ctrl/Cmdクリックが発生したときに有効にな...

wp-content_uploads_2018_09_1_1.gif wp-content_uploads_2018_09_1_2.gif wp-content_uploads_2018_09_2_1.gif wp-content_uploads_2018_09_2_2.gif

統合デザインオプションによるデザイン検討の強化

Archicad 27は、設計者やデザイナーが複数のデザインオプションを管理する経験を向上させる革新的なツールを導入し、意思決定プロセスをよりシームレスで効率的なものにします。 この記事では、Archicad 27の新機能であるデザインオプションについて紹介し、デザインワークフローを簡素化し、クリエイティブなプロセスを強化する方法を紹介します。 ワークフローのハイライト 設計者やデザイナーはしばしば、複数のデザインの選択肢を作り、提示し、その中から決定するという課題に直面します。 以前のバージョ...

DesignOptions_overlay-2.png Screen Recording 2023-08-31 at 21.51.08_2.gif quickoptions bar.png GiovanaBenvenuto_2-1693564767904.png

デザインオプションで"欠落"と表示された要素の対応方法

チームワークでは、デザインオプションマネージャーを確保している場合でも、複数のユーザーがデザインオプションを操作できます。これは柔軟性を与える一方で、ユーザーがしばらく変更を受信していない場合、コンフリクトを引き起こす可能性もあります。 たとえば、チームメンバーの1人がオプションセットを削除したとします。一方、しばらく変更を受けていない他のユーザーは、削除されたセットに属する削除されたオプションの作業を続けています。 Deleted the Lounge Furnishing Option Se...

f3320b3a-f031-43be-93ea-1098081756ce.png 23c5770a-ad99-4015-9ff5-4a2b9f49f258.png dc2737fa-af9f-43b8-a94c-016ee9244618.png aebaaf4e-cb45-4516-889e-1036b16413f8.png

参照線を活用するヒント

参照線は、2Dと3Dの両方のウィンドウで正確な入力を確保するために、特別なポイントと投影を見つけるための製図補助ツールです。参照線は、カーソルと入力平面および既存の要素との関係に基づいています。 1 - 参照線の表示/非表示 既存の参照線を非表示または表示にするには、以下を使用します: •標準ツールバーのトグルボタン •既定のショートカットとしてのLキー(参照線のオン/オフの切り替え) •メニューの[表示] > [参照線]の切り替えコマンド 2 - 参照線オプション ポップアップメニューをクリッ...

wp-content_uploads_archicadwiki_guidelines--turnguideline_1.png wp-content_uploads_archicadwiki_guidelines--guidelinesoptions_1.png wp-content_uploads_archicadwiki_guidelines--shortcuts_1.png wp-content_uploads_archicadwiki_guidelines--constraincursor.png

複数フロアにまたがる柱の配置

新しい4階建ての建物の設計に取り組んでいます。柱の位置が常に変化するので、すべてのフロアで柱の位置を常に変更することは困難です。あるフロアの柱を動かすと、他のフロアの対応する柱も一緒に調整される方法はないでしょうか? By Dwight Atkinson, Vancouver, Canada この質問には、3つの異なる答えがあり、そのどれを使ってもこの問題に対応することができます。 a) ホットリンクモジュールを使用この場合、Archicadのこの機能を使用して、すべてのフロアの構造要素を1つの...

wp-content_uploads_2018_01_Column-across-several-floors-1024x598.png

Archicad Design Checker

Archicadの新機能であるDesign Checkerは、ユーザーが設計中にArchicad内でエラーを確認するための使いやすいモデルチェック機能です。Nemetschek社の関連企業Solibri社が開発したSolibri Insideというクラウドサービスを活用し、Archicadユーザーに「BIMスペルチェッカー」のような統合設計品質保証ソリューションを提供します。設計プロセスのどの段階でも、この機能を使用して、設計モデルの形状とデータの品質を検証し、向上させることができます。   使...

ArchicadDesignChecker.png SolibriInsideChecks.png PropertiesCheckResults.png LastCheck.png

Open BIMワークフローでの開口ツール

他のデザイン分野と建築との協力が重要です。そのため、Archicad 23では、IFCモデルとしてファイルをインポートするための簡単なワークフローを提供しています。 IFCの"Provision for Void"をインポートします。 設計者は、IFCのモデルとして他の設計分野からProvisions for Voidsを受け取ります。エンジニアから送られてくるIFCファイルには、エンジニアが設計者に壁やスラブに開口部を作るよう依頼するための形状やデータが含まれていることがあります。これらは、モ...

wp-content_uploads_2019_09_BIM-model-including-provisions-for-voids.jpg wp-content_uploads_2019_09_image-1.png

開口部ツール - 材質上書き

より正確で柔軟な開口部ツール 開口部ツールは、開口部のモデリング、情報管理、ドキュメント化のために、あらゆるプロジェクトで最も頻繁に使用されるArchicadツールの1つです。 Archicad 26以前では、開口部は切断要素と同じ材質を自動的に使用していました。Archicad 26では、開口部のモデリング、表示、ドキュメント化をより柔軟に、より正確に行うことができます。 開口部の材質や表現の上書きオプションのコントロールがより容易になりました。 開口部の材質の制御が向上 これまで開口部では、...

EmokeCsikos_0-1654014079874.png EmokeCsikos_1-1654014079876.png EmokeCsikos_2-1654014079878.png EmokeCsikos_3-1654014079930.png

円弧のストレッチ時にコピーを作成

ユーザーとのインタラクションは一貫性があり、予期される結果をもたらすように動作する必要があります。 曲線要素に対する[半径のストレッチ]コマンドの動作に一貫性がなく、円や楕円を扱う際に選択した要素のコピーを作成することができないため、ユーザーのワークフローに空白ができていました。 [半径のストレッチ]コマンドを使用して円や楕円のコピーを作成 円や楕円の半径のストレッチ中にOption(Mac)またはControl(Windows)キーを押して、1つのコピーを作成します。 [半径のストレッチ]コマ...

Radial.gif

スケッチモデルをBIMモデルへ変換

デザインスケッチモデル(通常はSketchUpまたはRhinoからのものですが、Archicadで作成されている場合もあります)とBIM用に作成されたモデルとは、異なる考え方の人が全く異なるアプローチで作成しているため、どちらかに変換しなければならないときに衝突することがあります。 スケッチ/デザインモデルでは、要素を自由に配置し、3Dで形状を編集したいだけです。しかし、BIMモデルでは、すべてが構造化され、十分に整理されている必要があります。たとえば、スケッチでは「配置フロア」というものはあり...

rlhs01.png rlhs02-2.png rlhs03-2.png rlhs04-2.png