キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
BMP#07 announcement

5月開催 BIMマネージャープログラム受講申し込み受付中!

  

クラウドライセンスとキーベースのライセンス: よくある質問

Michitaka Kiriki
Graphisoft
Graphisoft

 

誰がこの記事を読むべきですか?

 

下記に当てはまる方が対象となります:

  • 既にGraphisoft製品のライセンスを所有している
  • Graphisoftのサブスクリプションをご利用になったことがなく、新規サブスクリプションの購入を検討している
  •  

Graphisoft Storeで利用可能なクラウドライセンス

 

今後1年間(2023年9月より)で、GraphisoftはリニューアルしたGraphisoft Storeで、新しく拡張されたサブスクリプションサービスを展開していきます。新しいStoreの全製品は、柔軟性と使いやすさを高めるためにクラウドライセンスを使用しています。

 

一方、お馴染みの(“レガシー”)Graphisoft Storeでは、以前と同様、キーベースのライセンスでGraphisoft製品のサブスクリプションを提供しています。

既にGraphisoftのお客様で、初めて新しいサブスクリプションを購入される場合、新しいサブスクリプションを新しいクラウドライセンスにするか、従来のキーベースのライセンスにするかを決めることができます。

 

重要な注記:

  • クラウドライセンスはArchicad 27およびそれ以降をサポートします。旧バージョンのArchicadを使用したい場合は、キーベースのライセンスを選択してください。新しいプロジェクトでArchicad 27を使用する場合は、クラウドベースのライセンスを選択してください。
  • 一度サブスクリプションのライセンシングテクノロジー(クラウドライセンスまたはキーベース)に決定すると、他のライセンシングテクノロジーに切り替えることはできません。
  • キーベースの永久ライセンスに変更はありません。ご希望であれば、販売店からキーベースの永久ライセンスを購入し続けることができます。

 

クラウドライセンス

 

クラウドライセンスとは何ですか?

 

“クラウドライセンス”とは、クラウドベースのソフトウェアライセンシングのことで、現代のソフトウェア企業がクラウド技術を使ってソフトウェア製品をライセンス提供し、顧客に配布するために使用する方法のことです。

サブスクリプションを購入すると、クラウドライセンシングは自動的にバックグラウンドで行われます。Graphisoft IDを使用してアプリケーションにログインするだけで、ご利用いただけます。

 

クラウドライセンスの利点はなんですか?

 

  • “ライセンシングの処理”が必要ありません - ライセンシングプロセスは、バックグラウンドで自動的に行われます。
  • クラウドライセンスでは、プロテクションキーの紛失や破損を心配する必要はありません。
  • クラウドライセンスでは、ライセンスを1つのデバイスから別のデバイスに簡単に移行できるため、ソフトウェアを複数のデバイス(1度に1つのデバイス)で使用できます。

 

クラウドライセンスはどのような場合に有効ですか?

 

下記の両方の条件に当てはまる場合、新しいサブスクリプションのクラウドライセンスを取得する必要があります:

  • Archicad 27で新しいプロジェクトを開始する予定です。
  • 旧バージョンのArchicadでプロジェクトを編集する予定はありません。

 

クラウドライセンスを使用するにはインターネット接続が必要ですが、ライセンスが有効化されればオフラインでの作業も可能です(下記参照)。

いずれにせよ、クラウドライセンスはGraphisoftのサブスクリプションをご利用になったことがない場合にのみご利用いただけます。

 

クラウドライセンスを持っていれば、オフラインでの作業も可能ですか?

 

可能です。クラウドライセンスを有効(要インターネットが接続)にすると、必要なときにいつでもオフラインにでき、7日間はオフラインのまま作業できます。

オンラインに戻ると、ライセンスは再び有効になります。その後、さらに7日間、必要なときにオフラインにすることができます。

 

Archicad 27用のクラウドライセンスを購入した場合、Archicad 26以前にも使用できますか?

 

いいえ。新しいクラウドライセンスでは使用できません:

  • Archicad 27では、新しいプロジェクトを作成できます。
  • また、旧バージョンの単独プロジェクトをArchicad 27に移行することができます。

 

注記: 旧バージョンのチームワークプロジェクトの移行には、旧バージョンのArchicadを実行する必要があり、Archicad 27のクラウドライセンスではサポートされていないため、移行することはできません。

 

旧バージョンのArchicadを使用するには、キーベースのライセンスを使用する必要があります。

 

クラウドライセンスが私のGraphisoftアカウントに接続されていますが、私がそれを必要としない場合、代わりに同僚がそれを使用することはできますか?

 

はい。会社の管理者は、ライセンス管理ページに移動して、他の同僚にライセンスを再割り当てすることができます。コンピュータからライセンスをリリースする必要もありません。

 

自宅のコンピュータでArchicadを起動したままにしていて、旅行先でノートパソコンにライセンスが必要になった場合はどうすればよいですか?

 

問題はありません。ノートパソコンでArchicadを起動します。ライセンス管理ページ(要インターネット接続)に案内されるので、ご自宅のパソコンからライセンスを解放してください。これでノートパソコンで使用できます。

 

オフラインでArchicadを使用していて、コンピュータが壊れてしまった場合はどうすればいいですか? ライセンスを失ってしまうのでしょうか?

 

安心してください、あなたのクラウドライセンスは無事です。

 

新しいコンピュータでArchicadを起動します。ライセンス管理ページ(要インターネット接続)に案内されますので、そこで破損したコンピュータからライセンスを解放できます。これでライセンスは新しいコンピュータで使用できるようになりました。

 

Graphisoft Storeで、クラウドライセンスのオプションが見当たりません。

 

クラウドライセンスを備えた新しいGraphisoft Storeは、2023年9月27日より順次各国でオープンします。近い将来、新しいGraphisoft Storeが広く利用できるようになります。あなたの市場で新しいStoreが利用可能になったらお知らせします!

 

一方、お馴染みの(“レガシー”)Graphisoft Storeでは、以前と同様、キーベースのライセンスでGraphisoft製品のサブスクリプションを提供しています。

 

キーベースのライセンス

 

キーベースのライセンスとは何ですか?

 

“キーベース”は、Graphisoft製品のユーザーにはすでにおなじみのライセンス方式です。これは、キーを使ってソフトウェアをアクティベートすることを意味します - プラグインするハードウェアキー、またはダウンロードするソフトウェアキーのいずれかです。(“ドングル”、“ソフトウェアキー”、“ハードウェアキー”、“WIBUライセンス”はすべて、既存のキーベースのライセンス方式を指しています)。

 

キーには利点がありますが、破損することもあります。また、キーベースのライセンスを購入した場合、それをアクティベートするためにライセンス処理を行う必要があります。キーベースのライセンスを配布し、追跡するには、余分な労力が必要です。

 

キーベースのライセンスはどのような場合に有効ですか?

 

以下の場合、新しいサブスクリプションではキーベースのライセンスを取得する必要があります:

  • Archicad 27 以前のArchicadバージョンでもプロジェクトを作成、編集したい場合
  • BIMcloud SaaSでArchicad 27およびそれ以前のバージョンのArchicadでもチームワークプロジェクトを共有し、参加したい場合

 

以前にGraphisoftのサブスクリプションを購入されたことのある方は、当分の間、キーベースのサブスクリプションのみご利用いただけます。

 

キーベースのライセンスをクラウドライセンスに変更できますか?

 

現在のところ、キーベースのライセンスをクラウドライセンスに変換することはサポートされていません。この方針が変更された場合はお知らせします。

 

クラウドライセンスで試用を開始しましたが、今後はキーベースのライセンスを使用したいです。どうすればいいのでしょうか?

 

すみませんが、変更はできません。いったんサブスクリプションのライセンシングテクノロジー (クラウドライセンスまたはキーベース) を決定すると、他のライセンシングテクノロジーに切り替えることはできません。

回答が見つかりませんでしたか?

このフォーラムで
他の記事をチェック

フォーラムへ戻る

最新の解決策をチェック

採用された解決策

新しいディスカッションを始める

投稿する