キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
Wish list cleaning
「ウィシュリスト春の大掃除作戦」受付中。あなたの“願い”を教えてください
  

Library Part Makerが全⾔語のArchciadに対応

Michitaka Kiriki
Graphisoft
Graphisoft

カスタムスマートオブジェクトの作成が困難な場合があります 

 

Archicadの内蔵ライブラリには、膨大な数のBIMオブジェクトが用意されています。GDLテクノロジーにより、オブジェクトのパラメータを変更することで、異なるバージョンのオブジェクトを簡単に作成することができます。 

 

Archicadには内蔵ライブラリがありますが、カスタムのスマートライブラリオブジェクトを作成したいというニーズや要望は高まっています。しかし、GDLに不慣れな場合は、これが困難かもしれません。  

 

Archicadの以前のバージョンでは、特定のローカライズバージョン(INT、UKI、USA、GER、AUT、ITA、SPA、BRA、HUN)において、カスタムGDLベースのライブラリオブジェクトの作成を簡素化および効率化するためにLPM(Library Part Maker)アドオンが導入されていました。 

 

使用する言語バージョンでGDLオブジェクトを簡単に作成可能 

 

Archicad 26から、新しい改善点がアドオンに適用されます。  

 

  • Archicadの全てのローカライズ版において、このアドオンがそれぞれの言語で含まれています。 
  • 以前のバージョンでは、LPMを使用するためのテンプレートファイルを提供していました。Archicad 26では、それをパッケージから削除しました。

 

モデリングとドキュメンテーションの高速化 

 

Graphisoftが提供する学習コンテンツとサンプルプロジェクトは、カスタムオブジェクト作成をワークフローに統合することをサポートします。 

 

これらは、プロジェクト特有の要素を自分ですばやく作成することで、この特定の目的のために専門家に依頼しなくても、モデリングとドキュメンテーションをすばやく行うことができます。 

 

LPMアドオンインストーラにアクセスするには、Graphisoftのウェブサイト内の専用ページをご覧ください。 

 

LPMの詳細については、『Archicad 26リファレンスガイド』をご覧ください。 

注記: Library Part Makerは、ForwardとSSAのユーザーのみが利用できます。 

 

 

Archicad 26の新しいデザイン機能の全てをご紹介します。

 

Archicad 26の全ての新機能の詳細については、 こちらの記事をお読みください。

回答が見つかりませんでしたか?

このフォーラムで
他の記事をチェック

フォーラムへ戻る

最新の解決策をチェック

採用された解決策

新しいディスカッションを始める

投稿する