キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
BMP#07 announcement

5月開催 BIMマネージャープログラム受講申し込み受付中!

  

構造解析モデルのワークフローの改善

Michitaka Kiriki
Graphisoft
Graphisoft

建築設計の複雑化に伴い、構造解析モデルも同じ進化をたどり、複雑化しています。最新のアップデートにより、より複雑な設計の連続解析モデルの作成がより簡単になりました。この記事では、構造解析モデルのワークフローにおける生産性の向上と、構造エンジニアの設計と調整の両プロセスをいかに効率化するかを紹介します。

 

荷重入力と編集の効率化

 

Archicadの配置と荷重編集のプロセスがより効率化されました。線荷重を配置する際に、線荷重を部材の辺に連携させるか、単に辺には連動せずに配置するかを選択できるようになりました。

MoaazHassan_0-1695733574763.png

MoaazHassan_1-1695733574766.png

 

線または面荷重が“連携していない”場合、要素表面上の任意の場所に配置するオプションもあります。

MoaazHassan_2-1695733574768.png

 

最後に、荷重の張り出し部分を表示することで、解析モデルの変更に伴う荷重の配置を正確に表現します。

MoaazHassan_3-1695733574771.png

MoaazHassan_4-1695733574776.png

 

構造解析モデルの手動調整

 

より大規模で複雑なモデルの生成ルールを設定した後、生成された解析モデルには連続性の問題が発生する場合があります。この課題に対処するため、Archicad 27では、構造エンジニアが手動調整によって接合部を微調整できる新しい改良が導入されています。また、既存の調整ルールを補完することで、構造エンジニアは、構造要素間の接続をより正確に制御し、コントロールすることができます。新しい手動調整には以下が含まれます:

 

  • 部材長さをストレッチ

MoaazHassan_5-1695733574777.png

  • 曲面部材(梁)のストレッチ

MoaazHassan_6-1695733574780.png

  • 部材ノードのオフセット

MoaazHassan_7-1695733574783.png

  • 部材の辺をオフセット

MoaazHassan_8-1695733574785.png

  • 手動編集を元に戻す

MoaazHassan_9-1695733574785.png

どの部材が手動で調整されたかフィードバックが必要な場合は、ツールの設定をチェックするか、表現の上書きを使ってハイライトします。

 

モデル比較の詳細構造変更リスト

 

モデル比較は、複数の分野にまたがる設計チームにとって重要なプロジェクト管理および品質チェックツールです。最近の改良により、特に新しい変更を伴う物理モデルと構造解析モデルの比較において、モデル比較は2つのモデル間の変更点を強調する詳細なリストを提供するようになりました。このリストには、どのパラメータが変更されたかが明記され、該当する場合はその値も含めて表示されます。

MoaazHassan_10-1695733574793.png

 

 

回答が見つかりませんでしたか?

このフォーラムで
他の記事をチェック

フォーラムへ戻る

最新の解決策をチェック

採用された解決策

新しいディスカッションを始める

投稿する