キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
Wish list cleaning
USERFEST2024 参加申込み受付中!夏の終わりに札幌でお会いしましょう!
  

MEPエンジニアとのシームレスなコラボレーション

Michitaka Kiriki
Graphisoft
Graphisoft

2Dビューもしくは3Dビューのいずれにおいてもポリゴン開口を作成することができる開口ツールにより、より正確な数量見積りが可能になりました。このプロセスではマジックワンド機能を使用することも可能です。ワークフローの改善に加えて、新しいMEP(機械、電気、配管)ラベル機能も利用でき、RevitのファミリファイルからMEP設備を作成できるようになりました。


統合されたMEP Modellerと開口ツールが最近になって導入され、建築家とMEPエンジニアの間でのコラボレーションを向上させています。Archicadの継続的な開発の一部として、これらのツールはよりスムーズなワークフローの提供を目指して、再び改善されました。


ポリゴン開口機能により拡張された設計の自由度


新たなポリゴンによる形状作成方法により、開口ツールがさらに正確で個々のニーズに適応可能なものになったことで、より厳密な数量見積りを得ることができるようになりました。既存の長方形と円形の形状に加えて、どのような形状の開口でも設計することが可能です。


このためArchicad 25では、より正確なモデルを元に、これまで以上に正確な一覧表と数量集計を生成することができます。マジックワンドを使用することにより、どのようなカスタム形状の開口も作成できます。あるいは、断面図や立面図を含む2Dビューまたは3Dビューのいずれかにおいて標準のポリゴン編集機能を使用して、既存の長方形や円形形状をポリゴン形状に変換することも可能です。



MEPに関する改善点


新しいMEPラベル機能は、MEP設備またはダクト寸法といったMEP関連の要素データとともに提供されています。また、テキストやポインターといった一般的な設定についても、その他のラベルタイプと同様に変更が可能です。


この種類のラベルについては、[シンボルラベルのカスタム設定]タブ内に特別なオプションがいくつか提供されています。値のみ、名前と値、接頭辞と値を表示するかといったように、表示されるデータを変更することが可能になります。各種類のデータに関する接頭辞は関連するフィールドで設定し、各種の情報をオン/オフすることが可能です。



表示される寸法に関する設定を変更し、追加のプロパティを加えることが可能です(最大5行分)。
表示の順序は容易に変更可能であるため、ラベルをさらにカスタマイズすることができます。さらに、[プロジェクト設定]を用いる代わりにmmなどを用いて上書きすることが可能です。このラベルは3Dドキュメントまたは2Dビューの両方において、どのMEP要素に対しても配置できます。


この改良点は、プロジェクトチームがより良いドキュメンテーションを実施し、設計コンセプトに従い、BIMワークフロー全体を強化する手助けとなります。これはエラーフリーであり、より具体的な要求条件に従うものです。より効率的な時間とコストのバランスに直接影響を与える自動同期のドキュメンテーションを維持することがより容易になります。


RFAおよびRVTフォーマットのネイティブファイル交換


ワークフローにおけるもう一つの大きな改善点として、RFAファイルをGDLオブジェクトとしてインポートする機能(これまではアドオンとして利用可能だった機能)がArchicadに統合され、Revit 2011までのファイル形式に対応したファイルをより簡単に交換できるようになりました。


Archicad 25では、RFAファイルをGDLオブジェクトとしてインポート することが可能で、RevitのファミリファイルからのMEP設備の作成についてもサポートしています。MEPオブジェクトがもとのRFAファイルから引き継いだデータと接続は、ダクトや配管要素の接続のために利用することが可能になりました。


Screenshot-2021-05-27-at-16.29.51.png
アップデートされたインポート設定

以前のバージョンのArchicadでは、インポートの仕組みにおける制約により、ワークアラウンド(回避策)が必要とされ、特に異なるチームと作業している場合にワークフローの中断の原因となることがありました。


このアップデートはプロジェクトの関係者の間のコラボレーションを促し、より機敏でスムーズなチームワークを促進し、インポートや調整のプロセスにまつわるエラーのリスクを低減します。



Archicad 25の全ての新しいデザイン機能について学びましょう:



Archicad 25の全ての新機能の詳細については、こちらの記事をお読みください。


ArchicadのMEP Modelerと開口ツールの詳細については、次の記事をご覧ください。



 

回答が見つかりませんでしたか?

このフォーラムで
他の記事をチェック

フォーラムへ戻る

最新の解決策をチェック

採用された解決策

新しいディスカッションを始める

投稿する