キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
BMP#07 announcement

5月開催 BIMマネージャープログラム受講申し込み受付中!

  

Open BIMワークフローの改善

Michitaka Kiriki
Graphisoft
Graphisoft

Open BIMワークフローの改善

 

GraphisoftのOpen BIMアプローチは、設計チームの効率的な他業種とのコラボレーションをサポートする中心的な役割を担っています。

 

IFC4 Architectural Reference Exchange for Importの認定

 

2023年夏、Archicad 27は国際的なbuildingSMART組織からIFC4 Architectural Reference Exchange for Importの認定を受けました。同時に、グラフィソフトは2019年に初めて取得した既存のエクスポート認定を引き続き維持しています。(buildingSMARTの認定プログラムについては、こちらをご覧ください。)

IFC4規格(ISO 16739-1:2018)は、データ交換と通信の一貫性と効率性を促進し、コラボレーションワークフローの全体的な成果を向上させます。BuildingSMARTのIFC4 Architectural Reference Exchange for Importの認定により、Archicad 27は、IFCベースのワークフローで作業するすべてのユーザーを業界認定のソフトウェアでサポートします。Graphisoftは、お客様に競争上の優位性を提供するだけでなく、可能な限り最高の精度と規制遵守に対する需要の高まりに対応するためには、二重のインポート/エクスポート認証環境が必要であることを理解しています。

 

RFA and RVT Geometry Exchange with Revit 2024

 

RFA and RVT Geometry Exchangeは、Revitエンジニアとの共同作業中にIFCを使用したくない人にとって、より簡単な代替手段です。RFA& RVT Geometry Exchange for Archicadを使用すると、ArchicadユーザーはRFA(Revitファミリ)をドアや窓を含むオブジェクトとしてArchicadプロジェクトにインポートすることができます。また、ArchicadユーザーはRVTジオメトリ(Revitプロジェクト)をArchicadにホットリンク、インポート、エクスポートが可能になります。

これは、インポートしたRVTジオメトリとArchicadモデルを比較したり、RVTジオメトリをエクスポートしてRevitモデルと比較するために使用します。

このツールの最新のアップデートにより、ArchicadユーザーはRevit 2024ファイルをプロジェクトにインポートできるようになりました。

 

KornelBeleznai_0-1695714368562.png

 

Archicad 25よりRFA& RVT Geometry ExchangeはArchicadのインストーラに含まれるため、別途インストーラをダウンロードする必要はありません。

 

IFC Model Exchange with Archicad for Revit 2024

 

Graphisoftは、IFC Model Exchange with Archicad for Revit 2024アドインを通じて、より改善された双方向のデータとモデルベースのIFCコラボレーションソリューションを提供し続けます。

このプラグインを追加することで、Revit 2024ユーザーは、IFC建築モデルをより効率的にインポートしたり、IFCモデルを現在のRevitプロジェクトに編集不可能なリファレンスとして結合したり、Archicadで使用するために特別に拡張されたIFCファイルでRevitモデル要素をエクスポートしたりできるようになります。

Graphisoftの IFC Model Exchange with Archicad for Revit 2024の詳細については、こちらからアドインを無料でダウンロードできます。

回答が見つかりませんでしたか?

このフォーラムで
他の記事をチェック

フォーラムへ戻る

最新の解決策をチェック

採用された解決策

新しいディスカッションを始める

投稿する