キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

BIMcloudをv21の新しいサーバー技術にアップグレードする際の検討事項

Michitaka Kiriki
Graphisoft
Graphisoft

新しいBIMcloudサーバーテクノロジーの概要

バージョン21以降、BIMcloudサーバーはバージョン19以降のプロジェクトをホストできます。ARCHICADは、そのバージョンに固有のプロジェクトのみを開きますが、少ないサーバーインスタンスでは、ARCHICADの複数のバージョンを処理する必要があります。例えば、新しいサーバーテクノロジーを搭載したARCHICAD 19クライアントは、バージョン21のBIMcloudサーバーでホストされている場合でも、バージョン19のプロジェクトを開きます。 これは、新しいBIMcloudバックアップ機能がバージョン21のBIMcloudサーバーに保存されている場合、19以降のすべての製品バージョンで使用できることも意味します。
Then_Now of BIMcloud Server Technology

基本的な検討事項

  • v21以降のBIMcloud Serverは、異なるバージョンのARCHICADをホストすることができます。ですが、
  • ARCHICAD 19では、v19のプロジェクトのみにアクセス出来ます
  • ARCHICAD 20では、v20のプロジェクトのみにアクセス出来ます
  • ARCHICADクライアントは、v21のBIMcloud Serverに共有されたプロジェクトを開くことができます。
    • ARCHICAD 19では、製造番号 9000にアップデートする必要があります
    • ARCHICAD 20では、製造番号 6000にアップデートする必要があります
  • v21インストーラーは、マシン上の1つ、最新のBIMcloudサーバーのみをアップグレードできます。
  • プロジェクトは、ホストの変更を使用して、BIMcloud Server 19および20からBIMcloud Server 21に転送できます。
  • BIMcloud Server 18はBIMcloud Manager 21で管理できますが、v18プロジェクトはBIMcloud Server 21ではホストできません。
  • ハードウェアのアップグレードを検討する必要があります。 BIMcloud v21による新しい効率性(BIMcloudサーバーの数の削減)がありますが、プロジェクトの数は増える可能性が高く、少なくとも新しいデータストレージが必要です。

アップグレードの一例

最初から再インストールする以外に、インストールをダウングレードする方法はありません。そのため、BIMcloudをアップグレードする前に、時間をかけてオプションとその結果を理解することが重要です。 アップグレードの例は、プロセスの理解に役立ちます。 次の例では、2台のマシンでホストされているBIMcloudがアップグレードされます。 v20マネージャーと2つのサーバー(v18とv20)は1台のマシンに常駐し、v20サーバーは2台目のマシンでホストされます。2台目のマシンは、プロジェクトの転送後に切断されます。
BIMcloud Managerから、設定がまとめられます:
Before v21 Upgrade BIMcloud
アップグレードプロセスは下記になります:
  1. BIMcloud v21インストーラを入手する
  2. BIMcloud v21インストーラを実行し、BIMcloud Managerをアップグレードします。
  3. BIMcloud v21インストーラを実行し、BIMcloud Serverをアップグレードします。
  4. ホストの変更を使用して、別のマシン(MacServer-v20)でホストされているセカンダリv20 BIMcloudサーバーからプロジェクトを移動します
  5. 新しく複数バージョンの性質を強調するために、v21 BIMcloudの名前をPCserver-v20からPCserverに変更します。
  6. MacServer-v20 BIMcloud Serverは必要なくなったため、切断します。
最終的にアップグレードされたBIMcloudは次のようになります:
BIMcloud after v21 upgrade
インストーラは、ホストされたManagerとServerのために2度実行する必要があります。

1回目のインストーラの実行

最初の実行は、BIMcloud Managerをアップグレードします。マスター管理者のパスワードを要求するダイアログ以外のプロセスは、アップグレードプロセスの要件を承認するための一連の画面を介して承認する必要があります。BIMcloudサーバーは、インストーラの最初の実行では考慮されません。最初のインストーラー実行の結果は以下の通りです:
After first run of BIMcloud installer

2回目のインストーラの実行r

2回目のインストーラの実行では、オプションが表示されます。2つのオプションがあります:
  • BIMcloud Server20を21にアップグレード
  • BIMcloud Server 21をインストール
BIMcloud Server installation options
BIMcloud Server 21をインストールする場合、新しいBIMcloud Serverを追加することになります。これは、コンピュータのリソースに新たな負担をかけることになります。BIMcloud Serverはそれぞれ独自のメモリとCPUのオーバーヘッドを持っていることに注意してください。ここでは、新しいServerを追加するよりも、v20をv21にアップグレードした方が良いでしょう。この方法では、Serverの数を増やすことはありません。後のステップでは、セカンダリのv20 Serverからプロジェクトを移動して、BIMcloud Serverの数を1つ減らします。
アップグレードが完了した後、新しい機能を説明するために新しいプロジェクトを共有しました。下のスクリーンショットでは、異なるバージョンと製造番号番号が同じサーバー上でどのようにホストされているかを確認できます。
Multiple versions of ARCHICAD hosted on one BIMcloud Server
BIMcloud Server 20のアップグレードの中に、製造番号5011のプロジェクトが存在しますが、ARCHICAD 20の製造番号5011ではアクセスできません。このタイプのエラーは、古い製造番号番号を持つARCHICAD 20クライアントの場合に受信されます:
Your client is not compatible with the BIMcloud Server_Module
6000以上の製造番号を持つARCHICAD 20のクライアントのみが、新しいBIMcloudと通信できます。アップグレード後は、ARCHICADの古い製造番号が新しくホストされたプロジェクトとの送受信ができなくなるため、ユーザーはアップグレードを開始する前にプロジェクトを残しておく必要があります(もしくは、少なくともすべての変更個所を送信する必要があります)。
セカンダリのBIMcloud Server 20であるMacServer-v20には1つのプロジェクトがあります。それを「ホスト変更」を使って、新しく名前を変更したPCserverに移動させます。
BIMcloud Change host
下のダイアログでは、他のサーバが存在した場合は今から選択できましたが、今回はv20のサーバをv21にアップグレードして名前を変更したものしかありません。
Change host Server selection
お伝えした通り、もう後戻りはできません。古いものを残します。ホストの変更は、同じバージョンのホスト間、またはより高いバージョンのいずれかにプロジェクトを移動するだけです。ホストの変更は、古いバージョンのBIMcloudサーバーにプロジェクトを移動しません。
Change host will not move projects to an older version BIMcloud server
ホストを変更は、v18プロジェクトでは動作しません:
Change host is not available for v18 BIMcloud Servers
不要になったMacServer-v20を切断した後の結果です:
BIMcloud after v21 upgrade
v18 BIMcloud Serverは、BIMcloud Managerの階層で利用可能な状態が続いており、お気づきかもしれませんが、アップグレードプロセスではほとんど役割を果たしていません。

インストールのシナリオ

バージョン18 BIMcloud Serverは、v21 BIMcloudのインストールにはあまり参加しません。BIMcloudにv18 BIMcloud Serverがある場合、BIMcloud Managerで引き続き使用でき、v18 ARCHICADクライアントは引き続きアクセスできます。BIMcloudをアップグレードする際に、v18に関して緊急に決定する必要はありません。
BIMcloud Serverの配置は、v18よりも近代的で、どのようなアップグレードオプションが意味をなすかをお伝えします。
コンピュータとBIMcloudサーバーのすべての配置を議論するのはではなく、以下に、ガイダンスを提供すべき4つのステレオタイプの配置を示します:
  1. 1つのBIMcloud Server
  2. 2つのBIMcloud Server (v19およびv20)
  3. 2つのBIMcloud Servers (v19およびv20)、しかし、より多くのプロジェクトがあるので、v19 をアップグレードする方が論理的に簡単な場合
  4. BIMcloud Managerが1つのマシンにホストされており、BIMcloud Serversもそれぞれのマシンにホストされている場合

シナリオ 1: 1つのBIMcloud Server

図としては、あなたの構成は下の図に似ています。おそらく、それはv20のBIMcloudサーバーです。重要なのは、1つの BIMcloudサーバーしか持っていないということです。
One BIMcloud Server
v21のインストール時に、ARCHICADクライアントをv20では6000以上、v19では9000以上の製造番号に更新したくない場合は、インストールのみの方法を選択する必要があります。同様に、インストールのみのオプションを選択すると、運用プロジェクトの多くをv21環境に移行する前に、v21の機能を理解するための時間を確保することができます。
One original server. Install without upgrade
インストールのみの方法の欠点は、複数選択のホスト変更機能がないことです。つまり、その強化されたスピードと最新のアップデートのために、プロジェクトをv21 BIMcloud Serverに移動することを決定したときに、プロジェクトを1つずつ移動する必要があります。
One orignal server. Install with upgrade
インストールのみの場合の利点
  • v19、もしくはv20のARCHICADクライアントへのアップデートが不要
  • 新機能を理解するための時間、ペースを合わせた移行
アップグレード込みでインストールした場合の利点
  • 多くのプロジェクトのホスト変更が不要
  • 追加のBIMcloud Serverのオーバーヘッドが増加しない
  • BIMcloudバックアップは、v19プロジェクトでも動作する
  • BIMcloud Serverのメンテナンスが1つのみで済む

シナリオ 2: 2つのBIMcloud Server (v19およびv20)

Two BIMcloud Servers
短期的な単純な解決策は、新しいServerを追加することです。この場合、ARCHICADクライアントを更新しなければならないというプレッシャーはありません。
Two original servers. Install without upgrade
既に他に2つのサーバーを持っている場合は、v20サーバーをアップグレードすることで(新しいv21サーバーをインストールする代わりに)、BIMcloudサーバーの数を増やすことはありません。これにより、ホストコンピュータのリソースを抑制することができます。また、アップデートが行われると、アップデートを受信しなくなったサーバが1台減ることになります。v21 BIMcloudサーバは、v20プロジェクトに引き継がれるいくつかのパフォーマンス強化を持っています。ただし、追加の作業があります。v20 ARCHICADクライアントを6000を超える製造番号に更新する必要があります。
Two Original Servers. Install while upgrading the latest server.
ホストの変更を使用して、サーバーの数を減らし続けることができます。v21のインストールが完了したら、まだこれを行っていない場合は、v19 ARCHICADクライアントを9000以上の製造番号に更新する必要があります。次に、v19 BIMcloud Server上でホストされている各プロジェクトに対して、変更ホストを実行する必要があります。すべてのv19プロジェクトをv21 BIMcloudサーバーに移動したら、v19 BIMcloudサーバーを切断してアンインストールします。
2 original BIMcloud servers. Upgrade, change host, so only one v21 server needed
インストールのみの場合の利点
  • v19、もしくはv20のARCHICADクライアントへのアップデートが不要
  • 新機能を理解するための時間
アップグレード込みでインストールした場合の利点
  • 多くのプロジェクトのホスト変更が不要
  • 追加のBIMcloud Serverのオーバーヘッドが増加しない
ホスト変更し切断してアンインストールする場合の利点
  • BIMcloud Serverのオーバーヘッド要件の削減(3台のBIMcloud Serverの代わりに1台のBIMcloud Serverを使用
  • メンテナンスの削減
  • 新しいBIMcloud Backupは、v19とv20のプロジェクトでも動作する
  • v19以降のすべてのバージョンでは、V21 BIMcloud Serverに付属するパフォーマンスの強化とアップデートを享受できる

シナリオ 3: 2つのBIMcloud Servers (v19およびv20)、しかし、より多くのプロジェクトがあるので、v19 をアップグレードする方が論理的に簡単な場合

ホストの変更には複数選択オプションがないため、各プロジェクトを個別に移動する必要があります。v19 BIMcloud Server上にかなり多くのプロジェクトがある場合、v21インストールプロセスは最新のBIMcloud Serverのみをアップグレードするため、BIMcloudをアップグレードする前にv20 BIMcloud Serverを削除することを検討する必要があるかもしれません。

シナリオ 4: BIMcloud Managerが1つのマシンにホストされており、BIMcloud Serversもそれぞれのマシンにホストされている場合

BIMcloud Managerが1台のマシンでホストされ、BIMcloudサーバが別のマシンでホストされているマルチホスト設定の場合は、プロセスがやや単純になります:
  1. 最初にBIMcloud Managerをアップデートします
  2. アップデートもしくは、それぞのBIMcloud Serverをそのままにしておきます
また、新しいv21 BIMcloud Serverをホストするために新しいマシンの割り当てを検討することもできます。1台のマシンに2台のBIMcloud Serverがある場合、シナリオ2またはシナリオ3のいずれかの状況になります。
ARCHICADクライアントの更新を嫌がる場合を除き、各BIMcloud Serverをアップグレードすることをお勧めします。旧式のBIMcloud Server技術では間もなく終了するパフォーマンスの向上とアップデートの恩恵を受けることができます。さらに、実行しているBIMcloudサーバー上でプロジェクト(v19-v21)の負荷のバランスを取るための設備が整います。
バージョン履歴
最終更新日:
‎2020-08-07 12:39 AM
更新者:

回答が見つかりませんでしたか?

このフォーラムで
他の記事をチェック

フォーラムへ戻る

最新の解決策をチェック

採用された解決策

新しいディスカッションを始める

投稿する