キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

最初のプロジェクトをセットアップする方法 - パート1 - 基本的なプロジェクト設定

apolgar
Graphisoft
Graphisoft
プロジェクトの開始時に、多くの設定する必要があります。テンプレートファイルに基づいてプロジェクトを開始すると、このプロセスを最適化できます。独自にカスタマイズしたテンプレートファイルを作成して使用すると、毎日の作業の効率が向上します。このトピックの詳細については、こちらをご覧ください。会社にすでにテンプレートファイルがある場合は、それに基づいてプロジェクトを開始します。独自のテンプレートファイルがまだない場合は、すべてのバージョンに同梱されている標準のARCHICAD テンプレート に基づいて最初のプロジェクトを開始します。[ARCHICADの開始]ダイアログで[新規]を選択し、次にARCHICADテンプレートを選択します:
AC-24-Opening_1.jpg
Opening_2.jpg
上記のダイアログまたはARCHICADのインターフェースにまだ慣れていない場合は、まず この記事 を読んでください。以下のリストは、ARCHICADテンプレートに保存されている設定のうち、すぐに使用を開始できるものと、設定されていないものを定義する必要があるものの概要を示しています。

プロジェクトの設定

プロジェクト設定 は、作業している プロジェクト に固有の標準と作業方法であり、プロジェクトとともに保存されます。別のユーザーが自分のコンピューターでプロジェクトを開いた場合、同じ設定が適用されます。したがって、プロジェクトの基本設定は、ARCHICADの機能を使用したり、さまざまなパレット、ツールバーなどを画面上に配置したりするための 個人 の基本設定である 作業環境 設定とは異なります。作業環境設定は、プロジェクトの別のユーザーに転送されません。(ただし、別のコンピューターで使用する場合は、作業環境プロファイルとスキームをエクスポートできます。)すべてのプロジェクト設定は、[ オプション]> [プロジェクト設定] にあります。ARCHICADテンプレートには、すべての項目にデフォルト値があります。ARCHICADテンプレートによって提供されるデフォルト設定を確認し、それらがプロジェクトのニーズを満たしているかどうかを判断します。そうでない場合は、変更してください。

プロジェクトの構造 - ナビゲーターとオーガナイザー

ナビゲーターとオーガナイザーは、ARCHICADのユーザーインターフェイスの最も重要な部分の1つです。プロジェクトを整理して整頓するのに役立ちます。デフォルトでは、ナビゲーターはしばしばオフになっています。その機能に完全に慣れるまで、常に開いておくことをお勧めします。open-navigator-300x206.pngナビゲーターは、設計および文書化プロセス全体を実行し、プロジェクト内を常にナビゲートできるように設計されています。これは、それをどのように使用するかについての簡単なガイドラインです:
  • 仮想建物をモデリングするときに、プロジェクトマップ での作業を開始します。フロア間を移動したり、レイヤーをオンまたはオフにしたり、切断面を定義したりできます。
  • プロジェクトが発展するにつれて、ビューマップでの作業に移行します。内部プロジェクトの検査とドキュメントの発行を準備するには、ビュー を保存してビューマップで作業し ます。ビューは、表示さ れるプロジェクト要素と特定のビューでの表示方法を定義するビュー設定 の保存さ れた組み合わせです。同じ仮想建物の同じ3Dコンテンツのさまざまな目的で、さまざまなビューを保存できます。カスタム製図ビューも必要に応じて作成および削除できます。
  • ドキュメントはレイアウトブックで作成されます。ここでは、保存されたビューを図面として配置するレイアウトを作成できます。
  • プロジェクトの公開と、プロジェクトの利害関係者に送信されるエクスポートファイルは、発行セットに編成されます。
プロジェクト一覧 ビュー一覧 レイアウトブック 発行セット
ProjectMap1-1-108x300.pngViewMap1-1-109x300.pngLayoutBook1-1-108x300.pngPublihserSets1-1-110x300.png
ARCHICADテンプレートは、基本的なプロジェクト構造を提供します。次に、オーガナイザでプロジェクトの構造をさらに発展させることが でき ます。 プロジェクト一覧で断面図、立面図、展開図などの新しいビューポイントを作成するときに、クローンフォルダを使用して、ビューを統合設定で自動的に保存します。注:クローンフォルダ内のビューは削除できません。すべてのビューが含まれているフォルダ全体のみを削除できます。そのため、後で使用する必要がなく、同じフォルダに保持したい適切なビューを失うことなく削除できないようにするために、クローンフォルダを慎重に処理することをお勧めします。プロジェクトの特定の段階で何を提供する必要があるかがわかっている場合は、ナビゲーター/オーガナイザーでプロジェクト構造を最初から構築できます。

ライブラリ

ライブラリとは何ですか? ARCHICADでの作業開始の記事のライブラリセクションをお読みください。新しいプロジェクトを作成すると、標準のARCHICADライブラリが自動的に読み込まれます。社内にカスタムライブラリがある場合は、それをプロジェクトにロードする必要があります。

プロジェクト情報

プロジェクト関連情報(プロジェクト名、建築物名、敷地の住所、連絡先情報など)は、プロジェクト情報 ファイル»情報»プロジェクト情報)に保存できます。これらのデータを、ARCHICADの自動テキスト機能で、ビューとレイアウトの両方でテキストツールを使用してこれらのデータを定型句として使用できるため、何度も入力する必要がなく、参照するだけで済みます。ARCHICADテンプレートファイルでは、プロジェクト情報のすべてのフィールドが空です。プロジェクトの最初に記入することをお勧めします。

フロア構成

建物のモデリングを開始する前に、階高構造を設定します。ARCHICADのフロアは、実際の建物と同様に、スペースを垂直に分割し、実際の建物のフロア構造を複製します。これらの記事は、最初のステップで役立ちます。

保存、自動保存、バックアップ

作業内容を頻繁に保存することが重要です。ARCHICADは、保存のリマインダー通知は出させません。 この記事では、データの安全性に関して最も重要なことを学びます。

回答が見つかりませんでしたか?

このフォーラムで
他の記事をチェック

フォーラムへ戻る

最新の解決策をチェック

採用された解決策

新しいディスカッションを始める

投稿する