キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
BMP#07 announcement

5月開催 BIMマネージャープログラム受講申し込み受付中!

  

3DStudio In アドオン

Michitaka Kiriki
Graphisoft
Graphisoft
このArchicadアドオンは、3DStudio Max(.3ds)ファイルをGDLオブジェクトとしてArchicadに変換できます。変換プロセスは、ユーザーがカスタマイズできます。

「3DStudio In」アドオンをダウンロードしてインストール

  • Archicadの[ヘルプ]メニュー/[Archicadダウンロード]オプションをクリックすると、このアドオンを他のアドオンと一緒にダウンロードできます。表示されているGraphisoftダウンロードサイトで、Archicadの言語を選択し、コンピュータに一致するOSアイコンを選択して、Goodiesインストーラをダウンロードしてください。
  • バージョン20以降、Archicad用のGoodiesは1つのインストーラパッケージで利用できます。インストール中に、インストールするものを選択できます。
  • インストーラを起動し、指示に従います。次回Archicadを起動すると、アドオンが自動的に読み込まれます。
  • 新しいコマンドは、デフォルトでファイル/相互運用性/3D Studioサブメニュー、もしくはデザイン/デザイン補助に表示されます。
    wp-content_uploads_2017_05_3ds-menu-1024x488.png

3DSファイルをGDLオブジェクトとしてインポート

3dsオブジェクトを変換するには:

  1. [ファイル/相互運用性/3D Studio]メニューから[3dsをGDLオブジェクトとしてインポート...]コマンドを使用して3dsファイルを選択します。
  2. アドオンには、元の3dsファイルに関する情報が表示されます。
    wp-content_uploads_2017_05_Currently-Loaded-3ds-file.png
    • ファイル名
    • 点、面、オブジェクトの数
    • オブジェクトサイズ(X寸法(A)Y寸法(B)、および高さ)。これらは変更できます
    • スムージング:このチェックボックスをオンにすると、すべてのオブジェクト⾯を滑らかにします。
    • 非表示オブジェクトのインポート:このボックスにチェックを入れると、隠しオブジェクトもファイルからインポートされます。
    • テクスチャのアルファチャンネルを使用:このチェックボックスをオンにすると、関連するTGA/TIFFテクスチャにアルファチャンネル情報が含まれている場合、3D Studioファイルから透明度情報がインポートされます。
  3. [OK]をクリックしてインポートを開始します。
    • アドオンは、3DSファイルにテクスチャリンクが含まれているかどうかを確認します。定義されたテクスチャファイルが3DSファイルの隣に存在しない場合、プログラムはユーザーにその場所を指定するように要求します。
    • アドオンは、新しいライブラリ部品を作成します。名前は、元の.3dsファイル名(3ds拡張子なし)から生成されます。変換の最後に、ライブラリ部品が埋め込みライブラリに作成されたことを示すメッセージが表示されます。
wp-content_uploads_2016_06_Info_18x18.png
注:入力データ:.3dsファイル(3DS Studioファイル)、場合によってにはjpgまたはその他のテクスチャファイル。 テクスチャファイル形式は、Archicadがサポートする画像形式の1つである必要があります。現在、これらはBMP、GIF、TIFF、TGA、JPG、PICTです。出力データ:.gsmファイル、時にはArchicadのライブラリマネージャーに登録されているいくつかのテクスチャファイル(jpg、gif、pictなど)。

変換オプション

変換プロセスは、[ファイル/相互運用性/3D Studio]メニューの[3dsからGDLへの変換オプション...]コマンドでカスタマイズできます。
wp-content_uploads_2017_05_3ds-conversion-options-853x1024.png

座標変換:

  • x、y、z:ユーザーは、元の割り当てに対応するx,y,z方向を割り当てることができる(x=x、y=y、z=z)。X、y、またはzの前に「-」記号を付けて、その方向に-1を掛けることができます。たとえば、3dsファイルがLightwaveから変換される場合、推奨される割り当てはx=x、y=z、z=yです。
  • スケール:3dsファイルの単位が何ミリに相当するかを設定します。
  • 小数点:変換されたオブジェクトのサイズの精度を指定します。

配置設定:

  • 底辺をz=0に変換:オブジェクトの底辺をz=0に合わせます。
  • 重⼼を(x=0、y=0)に変換:上⾯ビューでオブジェクトの重⼼を(x=0、y=0)に合わせます。
  • 必要時のみ重⼼を(x=0、y=0)に変換:2D上⾯ビューでオブジェクトに(x=0、y=0)点(2D原点)が含まれていない場合にのみ[重⼼を(x=0、y=0)に変換]オプションが機能します。

ホットスポットの作成:

2Dのホットスポット:
  • 境界ボックス:⾃動でArchicad配置ボックスを作成します(2Dにホットスポットが割り当てられていない場合にも有効)
  • ゼロポイント:x=0、y=0
  • 重心:オブジェクトの重⼼点
  • 最外側ポイント: 左上、左下、右上など。最⼤。オブジェクトのポイントのうち8つのホットスポット 注記: 最後のオプションはホットスポットも3Dで作成します。
3Dのホットスポット:
  • 境界ボックス:最も外側のポイントの最大6つ。各ホットスポットはオブジェクト上のポイントです。
  • ゼロポイント:x=0、y=0、z=0
  • 重心:オブジェクトの重⼼点
wp-content_uploads_2016_06_Info_18x18.png
注:ソフトウェアは「現状のまま」提供され、エラーが含まれている可能性があることをご了承ください。Graphisoftは、いかなる種類の保証または責任義務も負いません。

3DStudioファイル(.3ds)にエクスポート

3DStudioファイル(*.3ds)形式は、デフォルトでArchicadから保存できます。アドオンをインストールする必要はありません。https://www.graphisoft.com/downloads/goodies/でArchicad Goodiesをダウンロードしてください。
免責事項:Goodiesは、Archicadを特定の能力や機能で完成させるためにGraphisoftによって開発された無料のアドオンです。Archicad 20以降では、Archicad Goodies Suiteインストーラを使用して、すべてのGoodiesを一度にインストールできます。これらは、Graphisoftがサポートしなくなったレガシーコードに基づいています。ご自由にお使いください。ただし、正常に機能しない可能性があり、修正やアップグレードは行われませんのでご了承ください。

回答が見つかりませんでしたか?

このフォーラムで
他の記事をチェック

フォーラムへ戻る

最新の解決策をチェック

採用された解決策

新しいディスカッションを始める

投稿する