キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

フォント/文字 - トラブルシューティングガイド

Tatsuro Kawai
Graphisoft Moderator
Graphisoft Moderator

PostscriptフォントがPDFで表示されない

この問題については、「PDFトラブルシューティングガイド」を参照してください。

Macの特殊文字

該当バージョン:16 | 重大度:回避策を適用可能 | ID:158311
{i} 注記:この問題はARCHICAD 17リリースバージョンで修正されています。
問題
特殊言語文字がMacで正しく表示されません。

原因

システムの言語設定が、使用している入力言語と一致していないことが原因として考えられます。

解決方法

[システム環境設定][言語とテキスト]の設定で、[言語]タブで目的の優先する言語を設定し、[入力ソース]タブで目的の言語のチェックボックスをオンにします。

Language&Text.png

リトアニア語の文字の問題

該当バージョン:16 | 重大度:回避策を適用可能 | ID:156033
{i} 注記:この問題はARCHICAD 17リリースバージョンで修正されています。

問題

プロジェクト情報ボックス、ナビゲータ、ゾーンなどでリトアニア語(中央ヨーロッパ(CE)言語またはバルト言語に属する)を入力できません。 フィールドではどの特殊文字も受け付けません。
リトアニア語が選択され、他の全ての言語の一番上に配置されています。[書式]の[地域]でもリトアニアが選択されています。入力メニューはリトアニアキーボードです。プログラムに影響を及ぼす設定は全て行われていますが、結果が得られません。
テキストツールを使用して平面にリトアニア語を入力する場合は問題がありません。

原因

この設定が機能するはずなのに機能しないのは、バルト言語がスクリプトベースではなくUnicodeベースであるためです。

解決方法


  • ステップ1:[システム環境設定]の[言語環境]で優先言語はLietuviu(Lithuanian)です。これはスクリーンショットで適切です。
  • ステップ2:ログアウトしてログインし直します。
  • ステップ3:これで問題を解決できます。
ハンガリー語またはチェコ語を2番目の言語にしてください。

キリル文字のフォントの問題

問題

キリル文字の名前やパラメータを使用すると、テキストが文字化けします。
注記:キリル文字のアルファベットはさまざまなスラブ言語(ベラルーシ語、ブルガリア語、マケドニア語、ロシア語、ルシン語、セルビア語、ウクライナ語)および旧ソビエト連邦、アジア、東欧の他の多くの言語で使用されています。
01.jpg

原因

必要な文字セットが設定されていないことが原因です。

解決方法


Windowsでのキリル文字の設定

[コントロールパネル]の[地域と言語]のオプションを次の手順に従って設定します。
x1.jpg
x2.jpg
advanced.jpg
  • ARCHICADフォルダにアドオンを呼び出すフォルダがあります。それをダブルクリックして、XReadCfg.txt.fileでIDを7に設定します。
注記:これはロシア、ブルガリアなどの変換IDです。
02.jpg
  • レジストリにアクセスします。スタートメニューの[ファイル名を指定して実行]コマンドを選択し、「regedit」と入力します。
レジストリキーHKEY_CURRENT_USER\Software\Graphisoft\ArchiCAD\ArchiCAD 11.0.0 INT R1\Font Description\Font Script Codeを204(ロシア語の文字セット)に設定します。
03.jpg
このステップを全て終了すると、ARCHICADは全てのパラメータを認識します。
04.jpg

Macでのキリル文字の設定

注記:Macではレジストリを使用できません。
  • [システム環境設定]を開きます
1.jpeg
  • [言語設定]アイコンを選択します。
2.jpeg
  • リストを編集します(ロシア語などの言語を選択します)。
3.jpeg
  • 選択した言語が一番優先される位置にあるか確認します。
4.jpeg
このステップが終了したら、コンピュータを再起動します。

Macのテキストの問題

問題


  • ARCHICAD13から最新バージョンにプロジェクトを移行すると、テキストの基線や行間が変わります。
  • 一部のフォントの「太字」や「斜体」オプションが失われます。
  • 一部のテキストのフォントが変わります。元のフォントを使用できないため、他のフォントに置き換えられます。
  • 黒い背景を使用すると、キャレット(「点滅するカーソル」)が表示されません。

原因


  • ARCHICAD 13(Carbonアプリケーション)は、廃止されているATSUIテキストエンジンを使用していました。ARCHICADはバージョン14以降Cocoaアプリケーションで、現在ほとんどのMacアプリケーションで使用されているCore Textテキストエンジンを使用しています。一部の古いフォントは新しいテキストエンジンと完全互換ではありません。

解決方法


  • Apple独自のテキストエディタプログラムであるTextEdit(これもCore Textを使用しています)で、フォントを確認します。そこでも問題が発生する場合は、フォントを新しいバージョンに置き換える必要があります。フォントの発行元に連絡します。フォントファイルを右クリックして[情報を見る]をクリックすると、発行元と発行日がわかります(フォントファイルは/ライブラリ/Fonts、/システム/ライブラリ/Fontsまたは<ユーザーのホーム>/ライブラリ/Fontsにあります)。2006年以降に発行されたフォントは、Core Textで使用できる可能性が高くなります。OSXに付属のフォントを使用することをお勧めします。例えば、通常使用される「Mr. Hand」に類似するフォントを「Flux」というリンクで無償でダウンロードすることができます。このサイトにも優れた無償の一連のフォントがあります。
Avenir.PNG

回答が見つかりませんでしたか?

このフォーラムで
他の記事をチェック

フォーラムへ戻る

最新の解決策をチェック

採用された解決策

新しいディスカッションを始める

投稿する