キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
Wish list cleaning
USERFEST2024 参加申込み受付中!夏の終わりに札幌でお会いしましょう!
  

BIMx ニュース

Tatsuro Kawai
Graphisoft
Graphisoft

BIMxアップデート

2024

BIMx WebとBIMx Desktopでの3Dモデル切り替え、アンチエイリアス、およびその他の機能

2024年4月18日 - BIMx iOS 2024.5667, BIMx Android 2024.5700, BIMx Desktop(Windows&macOS) 2024.5720, BIMx Model TransferのBIMx Web 2024.5740


このアップデートには、モバイル、ウェブ、デスクトッププラットフォームにおける以下の新機能が含まれます:

  • 3Dモデル切り替え: デザインオプションのサポートが強化され、異なるレイヤーセット、リノベーションフィルタ、躯体表示、モデル表示オプション、表現の上書きで保存された3Dモデル間のコンテキスト内遷移が可能になり、モデルの比較が容易になりました。BIMxは、現在のビュー、太陽設定、日影オプション、ビュー、切断面を保持しながら、別のモデルに切り替えます。

    3D Model Switch Filters.gif
  • アンチエイリアスより滑らかなエッジで、よりシャープでリアルな3D表示を保証します。設定に新しいトグルスイッチ無効にすることで3Dパフォーマンスが少し向上します。アクティブ・アンチエイリアシングにより強化された右側の画質をご覧ください:


    RolandSzabo_1-1713428961707.png

 

  • BIMx Webとデスクトップの追加機能:
    • 設計者クレジットは、3Dモデルを開く際に表示され、3Dウィンドウの右上に表示されます。
    • PDFに保存ボタンを使えば、3Dビューのレイアウトや画像をPDFとしてエクスポートし、印刷などに利用することができます。
    • 元に戻す/やり直し:前に開いたレイアウトや3Dビュー間のナビゲーションが簡単になります。
RolandSzabo_0-1713361275726.png

 

 

BIMcloud 2024.1上のBIMx Web アップデート

2024年4月18日 - BIMcloud SaaSおよびオンプレミスのBIMx Web 2024.5882

BIMcloud SaaSユーザーは、追加されたこれらのBIMx機能にアクセスできます:

 

HTTPS 接続 の BIMcloud オンプレミスユーザーは、 次世代 BIMx Web アプリにもアクセスできるようになり、これらの改善点にアクセスできるようになりました:

  • 何倍も速いロード時間と、よりスムーズな3Dナビゲーション
  • 洗練されモジュール化されたナビゲーション・システム
  • 3Dおよび2Dレイアウトでの計測
  • シェーディングオプション
  • 日付による太陽の位置とダイナミックスカイボックス
  • レイアウト上のインタラクティブ要素ラベル
  • お気に入りのレイアウトやモデルビューを現在のズームや3D設定とともに保存できます。発表の順番を調整、詳しくはこちらをご覧ください。
  • プレゼンテーションを再生すると、インターフェースからすべてのボタンが非表示になり、自動切り替えでアニメーションをお楽しみいただけます。

Apple Vision Pro対応BIMx

2024年2月7日 - BIMx visionOS 2024.5507
BIMxは、 Apple Vision Pro, 向けに、 Apple App Storeで、デバイスの正式リリースからわずか5日後にリリースされました。
初期バージョンは完全没入モードをサポートし、アップルの新しい空間コンピューティング・プラットフォーム用に調整済のBIMx機能のほとんどが含まれている。

RolandSzabo_0-1707931462773.png

 


2023

BIMcloud SaaS 2023.4のBIMx アッデート

2023年12月14日 - BIMcloud SaaS上のBIMx Web 2023.5262

BIMx を次世代アプリに更新中。BIMcloudユーザーには次のようなメリットがあります:

  • 何倍も速いロード時間と、よりスムーズな3Dナビゲーション
  • 洗練されモジュール化されたナビゲーション・システム
  • 3Dおよび2Dレイアウトでの計測
  • シェーディングオプション
  • 日付による太陽の位置とダイナミックスカイボックス
  • レイアウト上のインタラクティブ要素ラベル

 

BIMx WebとDesktopでのお気に入りの保存とプレゼンテーション

2023年11月20日 - BIMx Desktop(Windows&macOS) 2023.5381、BIMx Web 2023.5410

WebおよびDesktopプラットフォームにおける新機能: お気に入りの保存完了とプレゼンテーション。

 

RolandSzabo_0-1700504324931.png

 

  • お気に入りのレイアウトやモデルビューを現在の3D設定(カメラの位置、太陽の設定、切断、シェーディングなど)を保存し、必要に応じてお気に入りの順番を調整できます。ドキュメントの各部分を簡単にナビゲートするために、お気に入りを使用します。
  • プレゼンテーションを再生してインターフェースからすべてのボタンを隠し、自動切り替えでアニメーションをお楽しみください。プレゼンテーションはお気に入りやギャラリーアイテム(Archicadで保存完了)にも使用できます。

これらの機能の詳細については、BIMxでのプレゼンテーション方法BIMx WebユーザーガイドBIMx Desktopユーザーガイドをご覧ください。

 

新しいクラウドライセンスへの移行が完了しました

2023年11月15日 - BIMx iOS 2023.5322、BIMx Android 2023.5350

このアップデートには以下の変更が含まれます:

  • 新しいクラウドライセンス(09.27導入)への移行期間は終了しました。課題作成とBIMx API拡張にアクセスするには、BIMx ProライセンスをGraphisoftアカウントに割り当てる必要があります。これらの追加機能を有効にするには、対象となるカンパニーアカウントのメンバー資格(ライセンスの割り当てなし)だけでは不十分です。BIMxライセンスの記事で有用な詳細をご覧ください。
  • BIMxのサインインダイアログから「Graphisoft IDの作成」が一時的に削除されました。このダイアログの左下にある「Graphisoft IDについて」をタップすると、簡単に登録ができます: https://id.graphisoft.com/user/register
  • BIMx ProライセンスがGraphisoftアカウントに割り当てられている場合、BIMxの「...」オプションメニューで名前の横に「Pro」ステータスが表示されるようになりました。

BIMx Mobileの新しいライセンスと追加機能

2023年9月27日 - BIMx iOS 2023.5231、BIMx Android 5211
2023年のBIMxの主なアップデートには、以下のものが含まれます:


BIMx WebおよびBIMx Desktopにおける影とインタラクティブラベル

2023年9月27日 - BIMx Windows 2023.5188、BIMx macOS 2023.5188、BIMx Web 2023.5260
WebとDesktopプラットフォームの両方の 新機能を搭載:

Desktopの変更点:



BIMx Desktop Viewerがオンラインストアに移動しました。

2023年7月10日- BIMx Windows 2023.5041、BIMx macOS 2023.5042

BIMx Desktop ViewerがMicrosoft Store(Windows)とApple App Store(macOS)から利用できるようになりました。無料アプリケーションをダウンロードして、計測ツールシェーディングオプションなど、新しく改善された次世代のデスクトップアプリを手に入れましょう!

RolandSzabo_0-1689007644354.png RolandSzabo_1-1689007701845.png

Archicad 27は、BIMx Desktop Viewerがインストーラに含まれる最後のメインバージョンとなります。今後のBIMxアップデートは、Store版でのみリリースされます。

移行の詳細については、 こちらの記事 をご覧ください。


日付と時刻による正確な太陽の位置

2023年6月12日- BIMx iOS 2023.4966、BIMx Android 2023.4990

多くのユーザーから要望されていたたBIMx Moblieの新機能を発表できることをうれしく思います。日付と時間による太陽の位置は、iOSおよびAndroidアプリの太陽の設定パレットでご利用いただけます!

RolandSzabo_4-1686575896986.png

BIMxは、プロジェクトの場所と時間帯に応じた太陽の動きを表示するようになり、現実的な影が建物を周囲に表示されます。今後のBIMx WebおよびDesktop Viewerのアップデートには、この機能も含まれます。

詳細は、こちらの記事をご覧ください。


BIMx Web Viewerの計測とシェーディングのオプション

2023年6月12日. - BIMx Web 2023.4921 BIMx Model Transfer

BIMx Web ViewerがBIMx Model Transferで更新され、安定性の向上に加え、以下の新機能が追加されました:

  • スマート計測ツール
    待望の計測機能は、モバイルアプリだけでなく、BIMx Web Viewerでも利用できるようになりました。2Dと3Dの両方で距離、角度、面積を測定できます!
  • 表示設定クイックメニュー
    右下のクイックメニューには、現在の3Dモデルに関連する設定がまとめられています。視野角のスライダーも一般設定からこちらに移動し、アクセスしやすくなりました。
  • シェーディングオプション
    デフォルトのリアリスティックシェーディングにレンダリングモードが追加されました: 陰線処理、シンプルシェーディング、モノクロ、白黒のレンダリングモードが追加されました。

RolandSzabo_2-1686575881493.png

新機能の詳細についてはBIMx Web Viewerのオンラインヘルプをご覧ください。これらの改善はデスクトップ版でも近日中に利用可能になる予定です。


BIMx Androidのスムーズなナビゲーションと透過の向上

2023年5月16日 - BIMx Android 2023.4873

このアップデートには、通常の不具合修正と安定性の向上に加え、3つの顕著な変更が含まれています。

  • Androidアプリは、以下のiOSの発表で説明されている、透過の向上も含まれています。窓やカーテンウォールなどの透明な面に影が表示されるようになり、デフォルトのキャストレンダリングモードだけでなく、よりリアルな3D表示が可能になりました。
  • よりスムーズな3Dナビゲーション。最大数倍のFPS(Frames Per Second)でバーチャルモデルを体験できます。パフォーマンスの向上は、主に壁、スラブ、梁、柱などの単純なジオメトリ要素で構成される、大規模な3Dモデルで最も顕著に現れます。この改善は、11月下旬にiOSで初めてリリースされました - 詳細については、こちらの記事で詳細をご覧ください。
  • 必要なOSのバージョンがAndroid 10からAndroid 11に引き上げられました。BIMxは、Android 11以降を搭載したデバイスにPlay Storeからインストール、更新ができます。

BIMx iOSの透過の向上

2023年5月15日 - BIMx iOS 2023.4854

この更新には、通常の不具合修正に加え、2つの顕著な変更が含まれています。

  • 透過の向上により、ビジュアル品質がさらに向上しました。窓やカーテンウォールのような透明な面でも影が表示されるようになり、よりリアルな3D表示が可能になりました。
    比較画像の右側をご覧ください:
    BIMx transparency comparison.jpg
    注意: この機能強化は、リアルシェーディングやシンプルシェーディングなど他のシェーディングオプションでも利用できます。今後のWebおよびDesktop Viewerのアップデートにも適用されます。
  • 必要なオペレーティングシステムのバージョンは、iOS 13からiOS 15に引き上げられました。BIMxは、iOS 15以降を搭載したデバイスにApp Storeからインストールし、更新することができます。

次世代のBIMx WebおよびDesktop Viewer

2023年2月15日 - BIMx Web 2023.4654、BIMx Model Transfer、BIMx Desktop 2022.4567

次世代BIMx Web Viewerは、既にBIMx Model Transferで利用いただけます。BIMx Desktop Viewerも次世代バージョンに更新されました。更新されたダウンロードサイトから入手ください!

 

この強力なアップデートには、設計者、クライアント、そしてすべてのBIMxユーザーに向けた改善が含まれています:

  • 新しい反転トグルを備えた、洗練されたモジュール化されたナビゲーションシステム
  • 最大15倍のロード時間短縮と最適化されたメモリ使用によるパフォーマンスの向上
  • 視野角と視点の高さを調整可能なスライダーの追加
  • 機能改善による最適化されたUI

next-gen Web Viewer.jpg

詳細についてはCommunityの記事 をご覧ください。


2022

BIMx Model TransferのBIMx Web Viewerのアップデート

2022年12月5日 - BIMx Web 2022.4389 BIMx Model Transfer

このマイナーアップデートには、Archicad 22以前からエクスポートされたモデルの読込の最適化が含まれています。変換ステップが不要になったことで、Hyper-modelのインデックス(発行項目のリスト)の読込がより安定し、高速になりました。
BIMx Model Transferの次世代Web Viewerは近日公開予定です!

 

BIMxにおけるパフォーマンスの向上

2022年11月24日 - BIMx Desktop Viewer 2022.4390およびBIMx iOS 2022.4506

BIMxの最新リリースをお知らせします。

  • BIMx Desktop Viewer - 最新バージョンは、リニューアルしたダウンロードサイトから入手できます。
    • Appleシリコン上でネイティブに動作するようになり、3Dパフォーマンスと読込速度が向上しました。別途インストーラも用意しています。
    • 以前のArchicadバージョンからエクスポートされたモデルでは、WindowsおよびMac Intelデバイスでも読込速度が向上します。
  • iOS版のBIMx Moblie(Androidは近日公開予定) - アップデートはApple App Storeからインストールください
    • よりスムーズな3Dナビゲーション最大で数倍のFPS(Frames Per Second)でバーチャルモデルを体験できます。パフォーマンスの向上は、主に壁、スラブ、梁、柱などの単純なジオメトリ要素で構成される、大規模な3Dモデルで最も顕著に現れます。

詳細情報はこちらの記事をご覧ください。

 

BIMx Androidのシャドウ

2022年9月 8日 - Androidアプリ バージョン 2022.4341
シャドウキャスティングはiOSだけでなく、Androidアプリケーションでも利用できるようになりました。
シャドウについて詳細はこちらをご覧ください

BIMx iOSのシャドウ影

2022年7月14日 - iOSアプリ バージョン2022.4233
建築プレゼンテーションにおいて、リアルなビジュアルはますます重要になってきています。皆様からのフィードバックから、BIMx Moblieにキャストシャドウを実装しました!

  • この新しい無料の機能は、はじめにiOSアプリケーションのデフォルトのレンダリングモードとして利用できます。
  • 太陽の向き高さそしてシャドウの強さ等を調整して最適な表現ができるようになりました。
  • シャドウは即時に計算されます。3Dモデルをカットすると、シャドウが自動的に調整されます。
  • 太陽の位置を変えてお気に入りのビューを保存し、魅力的なプレゼンテーションを作成できます!
shadows BIMx iOS.jpg

 

この機能強化は間もなくAndroidでも利用できるようになり、その後Web ViewerやDesktop Viewerでも利用できるようになります。

シャドウについて詳細はこちらをご覧ください

BIMx Web ViewerおよびBIMx Desktop Viewerの機能強化

2022年7月14日 - macOSおよびWindowsアプリバージョン2022.4025、ブラウザアプリバージョン2022.4026
この更新により、以下のようなメリットがもたらされます:

  • Archicad 26からエクスポートされる新しい3D形式をサポート。
  • アンビエントオクルージョン、オン/オフ切り替え可能なBIMxの即時レンダリング
  • プロジェクトの向きを視覚的に反映する新しい基本レンダリング - Archicadで定義されたプロジェクトの 設定された場所にあわせて、ヘッドライトを直接光に変更します。
  • Archicadで3Dモデルに関連付けられたカメラ視野角でモデルを開くことができます。 - 以前のバージョンで使用されていた60°固定視野角のカスタマイズ機能。

デスクトップアプリケーションはArchicad 26パッケージの一部で、graphisoft.comからダウンロードできます。

このウェブアプリケーションはBIMx Model Transferで利用可能で、小さな埋め込みフレームの代わりに新しいブラウザタブでHyper-modelを開きます。

詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

BIMcloud上のBIMx Web Viewer

2022年3月16日 - BIMcloud 2022.1上のBIMx Web Viewer 2021.3866
1月にBIMcloud SaaSでリリースされたBIMx Web Viewerが、BIMcloudでも利用可能になりました。
注: BIMcloud BasicにはBIMx Web Viewerは含まれません。


BIMcloud SaaS上のBIMx Web Viewer

2022年1月7日 - BIMcloud SaaS 2021.3上のBIMx Web Viewer 2021.3865
BIMx Web ViewerはついにBIMx Model Transferだけでなく、BIMcloud SaaSでも利用できるようになりました。


2021

新しい3Dエンジンを搭載したAndroid版BIMxが登場

2021年7月7日 - Androidアプリ バージョン2021.3557
本日、BIMx Androidアプリケーションの新バージョンがリリースされ、全く新しい3Dエンジン、新しい無料機能、再設計されたメニュー構成等が含まれます:
  • リアルタイム照明計算でよりリアルなビューを実現する新しいレンダリング手法
  • 起動速度の向上 - モデルをより速く開くことができるようになりました
  • メニュー構成を一新し、すべての設定を一箇所で確認できるようになりました
  • 新しいサブスクリプションプランはBIMxアプリ内でご利用いただけます / 詳細: BIMx FAQBIMxライセンス
これまでPRO版のみだった以下の機能が無料版でもご利用いただけるようになりました:
  • スマート計測機能
  • BIMx プレゼンターモード(ギャラリーベース)
  • BIMxのHyper-model要素にBIMxの外部からアクセス
新しいPROアプリ内サブスクリプション機能セット:
  • あらゆるサイズの3Dモデルを開く、先進のデータストリーミングテクノロジー
  • お気に入りの2Dおよび3Dプロジェクトビューを保存
  • お気に入りのビューを使用してBIMxプレゼンテーションを作成
  • 任意の2Dおよび3Dビューを印刷
  • BIMx APIを介したアプリ間通信および外部データベースとの統合

Archicad 25パッケージのBIMx Desktop Vieweを更新しました

2021年7月7日. - macOSおよびWindowsアプリ バージョン2021.3441
更新されたデスクトップアプリケーションの最初のアップデートは、Archicad 25のパッケージの一部となり、こちらから個別にてダウンロードすることもできます。ビルド2021.3441には、いくつかの不具合修正、3Dパフォーマンスの大幅な改善、3Dモデルの読込の進捗表示のような小さな機能改善が含まれています。Archicad25でのBIMxの変更についてはこちらの記事をご覧ください。

 

BIMx Desktop Viewerの更新

2021年1月14日 - macOSおよびWindowsアプリ バージョン2020.3231
更新されたBIMx Desktop Viewerはgraphisoft.comからダウンロードできます。デスクトップコンピュータやノートブック上のバーチャルビルディングプロジェクト(Archicadの.BIMxファイル形式で保存)をナビゲータできるmacOS/Windowsアプリケーションです。この新しいバージョンにより、設計者とそのクライアントは、3Dモデル、ドキュメント、埋め込まれているBIMデータを含むハイパーモデルの全コンテンツにアクセスできるようになりました。また、タッチスクリーン、ゲームコントローラー、SpaceMouseデバイス(https://3dconnexion.com/uk/spacemouse/)にも対応しており、誰でも建物モデルを探索し、プロジェクトの成果を理解するのに役立ちます。
wp-content_uploads_2016_06_Info_18x18.png
注: これは、以前から存在していた BIMx Desktop Viewerの更新ではなく、全く新しいアプリなので、両方を維持したい場合は、別々のフォルダにインストールする必要があります。この新しいアプリケーションはArchicad 25インストーラに含まれるデフォルト構成部品になります。それまでは手動でインストールしてください。

2020

Android版 BIMx Lab

2020年9月29日 - Androidアプリバージョン2020.3092BIMx Labの最初のパブリックリリースは、Google Playストアからアクセスできます: BIMx Labアプリは、GraphisoftのモバイルBIMコミュニケーションツールであるBIMxの次世代3Dエンジンを提供します。このテクノロジープレビューアプリは、モバイルデバイスで普及しているBIMモデルサイズの制限事項を撤廃し、すべてのBIMxアプリのテクノロジーを調整するためのユーザーのフィードバックを収集することを目的としています。BIMx Labでは、有料のBIMx Proバージョンでのみ利用可能な生産性機能を利用できます。BIMx Labが少なくとも同等の安定性と品質を提供できるようになるまで、BIMxとBIMx Labのアプリを並行して維持する予定のため、これらはすべてBIMx Labでしばらくの間無料です。その後、新しいBIMx LabエンジンはBIMxに結合されます。ぜひご利用いただき、ご意見・ご要望を bimx@graphisoft.com までお寄せください。!


新しい3Dエンジンを搭載した新しいiOS版BIMx

2020年 - iOSアプリケーションバージョン2020.1087本日、BIMx iOSアプリケーションの新バージョンがリリースされました。新しい3Dエンジン、スピードの向上、メニュー構造の再設計などが特徴です:
  • 高度なデータストリーミング技術による、3Dモデルサイズに制限の無いHyper-model
  • リアルタイムの照明計算で陰影を表現するフォトリアリスティックビュー
  • 起動速度の向上 - モデルをより速く開くことができるようになりました
  • メニュー構成を一新し、すべての設定を一箇所で確認できるようになりました
  • スタンドアロンのBIMx Proアプリケーションに置き換わるアプリ内購入オプション / 詳細情報
  • 新しいサブスクリプションプランはBIMxアプリ内でご利用いただけます / 詳細情報

2019

BIMx Web Viewerが更新されました

2019年9月29日リニューアルされたBIMx Web Viewer(ヘルプ)は、クライアントやその他のプロジェクト関係者が、ブラウザで直接BIMx Hyper-modelを閲覧し、ゲームのような様々な直感的なナビゲーションオプションを楽しむことができます。
  • これは無料のBIMxモデル Transferサービスに統合されており、iPhone、Android携帯電話、Windows PC、Apple Mac、Microsoft Surfaceのようなコンバーチブルコンピュータを含む、あらゆるモバイルおよびデスクトップデバイスで動作します。
  • BIMx Web Viewerは、ほとんどの主要ブラウザ(動作環境)でサポートされており(Chrome、Edge、Safariで最も徹底的にテストされています)、ブラウザのプラグインのダウンロードやソフトウェアのインストールは必要ありません。
  • BIMx Web Viewerは、直感的でゲームのような様々なナビゲーションオプションを提供します。BIMx Web Viewerは、キーボード、タッチパッド、マウス、タッチスクリーンを使って3Dモデル内を移動することができます。ゲーマーモードを有効にして、Xbox互換のビデオゲームコントローラーで動きを制御できます。
  • Archicad保守サービス(ソフトウェアサービス契約)が有効な場合、BIMx Web Viewerを自分のウェブサイトに簡単に埋め込むことができ、クライアントや見込み客にポートフォリオをユニークな方法で紹介できます。

2018

BIMx 2018 Q2 アップデート - BIMxモバイルによるプレゼンテーション

iOSアプリバージョン 2018.2.1562および Androidアプリバージョン2018.2.1584
  • 新しいプレゼンター機能 により、設計者とクライアントは、より没入感のある洗練された方法で建築デザインを体験することができます。設計者は最も表現力豊かな3Dモデルビューや図面を厳選し、スマートフォンやタブレット上でアニメーション化されたプレゼンテーションにまとめることができます。
  • 1対1のプロジェクトディスカッションに加え、スマートフォンやタブレットをテレビスクリーンやプロジェクターに接続すれば、BIMx Presenterはあらゆるプレゼンテーションのハイライトにもなります。連続ループに切り替えれば、会議、展示会、カンファレンスなどの際にバックグラウンドでプレゼンテーションを自動的に実行できます。

BIMx Model Transfer サービス - BIMx Web Viewerリリース

2018.04.19. - ブラウザベースのBIMxが利用可能になり、BIMx Model Transferサイトの追加サービスとしてArchicadコンテンツをナビゲートできるようになりました。BIMx Web Viewerを使用すると、ユーザーとそのクライアントは、アプリケーションやブラウザのプラグインをインストールすることなく、3Dモデル、ドキュメント、あらゆるBIMデータを含むHyper-modelのすべてのコンテンツにアクセスできます。ユーザーはPCでもMacでも、ブラウザウィンドウで直接操作できます。Archicad保守サービス(ソフトウェアサービス契約)が有効な場合、自社のウェブサイトにBIMx Web Viewerを簡単に埋め込むことができ、自社のポートフォリオをユニークな方法で顧客や見込み客に紹介することができます。

2017

BIMx 2017 Fall Update - BIMxのヒントと一覧表のビューのハイパーリンクが利用可能になりました。

iOSアプリ版 2017.2.1250、 Androidアプリ版 2017.2.1271
  • BIMxのヒント
    • BIMxアプリ内で、月に数回、アプリ起動時にオプションで短いBIMxの使い方やヒントを提示します。また、関連するGraphisoftヘルプセンターの記事へのウェブリンクを提供します。英語、ドイツ語、ロシア語、韓国語、日本語の各言語に対応しています。iOSでもAndroidの両方です。
  • 一覧表ビューのハイパーリンク
    • 3Dモデル要素と同じハイパーモデル内のレイアウトに配置された一覧表との間に、ハイパーリンクが自動的に生成されます。一覧表の項目をタップすると、一覧表が表示され、関連する3Dモデル内の関連要素を検索・選択することができます。こうすることで、モデルから派生した2D図面だけでなく、一覧表も3Dモデルとハイパーリンクされます。

BIMx 2017 Q2 アップデート - 設計者が BIMx モバイルでクレジットを表示できるようになりました

iOSアプリバージョン 2017.2.951、 Androidアプリバージョン 2017.2.1002
  • Archicad 21の新しい発行セットプロパティとBIMxの最新リリースを組み合わせることで、BIMx Hyper-modelにクレジット(ウェブサイトのURLとロゴ)を設計者は直接表示できるようになりました
  • Archicad 21発行の改善
    • BIMx Transferサイトの割り当て(パブリックとプライベート)は、発行セットのプロパティウィンドウから利用できるようになり、ユーザーは既に使用されているストレージ容量の概要を把握できるようになりました。
    • 発行セットのプロパティウィンドウで、情報セットに複数の一覧表を選択できるようになりました。
  • BIMxの機能強化
    • ようこそ画面(新規ユーザーのみ)
    • 新機能の概要(アプリケーション更新後)

BIMx 2017 Q1 アップデート パート2 - BIMx Transferサイトからのプッシュ通知

iOS アプリ バージョン 2017.1.787 および Android アプリ バージョン 2017.1.827
  • BIMxでプッシュ通知がサポートされました: BIMx Model Transferサービスから取得したHyper-modelが更新済みで、 ダウンロードの準備ができたときに、短いテキストメッセージを受け取ります。
  • ダウンロードプロトコルが強化され、BIMx Model TransferサービスからのHyper-modelダウンロードやアップデートが大幅に高速化されました。
  • iOS 10.3バージョンのデバイス上で、Hyper-model名にアクセント記号付きの文字(éáöüíなど)が含まれている場合にBIMxファイルが消えてしまう不具合修正されました。

BIMx 2017 Q1 アップデート パート1 - BIMxのソーシャルネットワークでプロジェクトを共有

iOS アプリ バージョン 2017.1.662 および Android アプリ バージョン 2017.1.682
  • BIMxでGoogle Driveがサポートされ、すべてのデスクトップおよびモバイルオペレーティングシステム(Microsoft Windows、Apple macOS、iOS、Google Androidデバイスを含む)でHyper-modelを転送できるようになりました。
  • Apple AirDropも BIMxでサポートされており、iOSまたはmacOSデバイス間でHyper-modelを簡単に転送できます。
  • Hyper-modelを友人やビジネスパートナーと共有するための新しいオプション:
    • インタラクティブな360度パノラマ写真としてFacebookに投稿
    • BIMxモデルから直接、埋め込みカメラビュー付きで、ツイートやLinkedInの更新として利用できます
    • または、適切なアプリをインストールしたその他の共有方法(Eメール、iMessage、Messenger、Viber、Yammerなど)を使用します。

2016

BIMx 2016 Fall アップデート - BIMx が最も人気のある仮想現実デバイスに対応しました。

iOSアプリ バージョン2016.3.530
  • Google Cardboard サポート
    • ギャラリーやお気に入りを通して、あらかじめ設定された位置を見渡すことができます
    • 速度も調整でき3Dモデル内を自由に歩き回れます
  • BIMxが分割ビューに対応し、iPadで2つのアプリを同時に操作できるようになりました
    • BIMxとサードパーティアプリの間でURLベースのデータ交換を使用している場合に有効です。
  • BIMxでは、同じURLに含まれる複数の要素を含んだハイパーリンクを作成できます。
Androidアプリ バージョン2016.3.561
  • Google Cardboard対応
    • ギャラリーやお気に入りを通して、あらかじめ設定された位置を見渡すことができます
    • 速度も調整でき3Dモデル内を自由に歩き回れます
  • BIMxでは以下のことが可能です。同じURLに含まれる複数の要素を含んだハイパーリンクを作成できます

BIMx 2016 Q2 アップでと - あらゆるHyper-modelの2Dコンテンツへの自由なアクセス

iOSアプリ バージョン2016.2.397
  • 計測ツール
  • あらゆるHyper-modelの2Dコンテンツへの自由なアクセス
Androidアプリ バージョン2016.2.432 BIMx Model Transfer サービス
  • 新しいデザイン
  • パフォーマンスとユーザービリティの向上
BIMx 製品サイト
  • BIMx専用の新しいサイトこちらからアクセスできます。

BIMx 2016 Q1 アップデート - Hyper-modelの共有がプラットフォームに依存せず可能になりました

iOSアプリ バージョン2016.1.227
  • iOSまたはAndroidデバイスからHyper-modelを共有でき、受取側のプラットフォームを選びません。
Androidアプリバージョン 2016.13.255 BIMx Model Transfer サービス
  • 共有リンクは、BIMx Model Transferサイト がHyperモデルと一緒にモデル共有リンクを保存するおかげで、後でいつでも誰にでも転送することができます。

2015

BIMx 2015 Q4 アップデート - ハイパーリンク経由で BIMx のモデル要素にアクセス

iOSアプリ バージョン15.4.158

BIMx 2015 Q3 アップデート - BIMcloud接続を次のレベルへ

iOSアプリ バージョン15.3.58
  • BIMxからBIMcloudチームワークプロジェクトに参加し、BIMx PRO機能を有効にします。
  • BIMcloudチームワークメッセージにカメラ画像を添付します
  • インタラクティブなウェブページとEメールアドレスのハイパーリンクを使用して一覧表を作成
Androidアプリ バージョン 15.3.102
  • BIMxからBIMcloudチームワークプロジェクトに参加し、BIMx PROの機能を有効にします。
  • Archicad 19からは、エクスポートされたBIMx Hyper-modelで提供される要素情報をカスタマイズできます。モデル内の任意の要素にハイパーリンクを追加できます。(BIMx PRO)
  • ゾーン表示と向きのラベルは、プロジェクト(BIMx/BIMx PRO)で部屋のレイアウトをよりよく理解するのに役立ちます(BIMx/BIMx PRO)

BIMx 2015 Q2 アップデート - クラウドストレージに直接アクセス

iOSアプリバージョン4.0.2809 Archicad 19とともにリリースされた最新のBIMxアップデート 、iOSデバイスに4つの新機能が追加されました:
  • クラウドストレージに直接アクセスすることで、BIMxモデルをこれまで以上に簡単にダウンロードできます(BIMx/BIMx PRO)
  • ゾーン表示と向きのラベルは、プロジェクト(BIMx/BIMx PRO)で部屋のレイアウトをよりよく理解するのに役立ちます。
  • AirPrintのサポートにより、あらゆる2D/3Dビューからワイヤレス印刷が可能(BIMx PRO)
  • Archicad 19からは、エクスポートされたBIMxハイパーモデルで提供される要素情報をカスタマイズできます。モデル内の任意の要素にハイパーリンクを追加できます。(BIMx PRO)
Androidアプリバージョン3.5.3510この新しいアップデートでは、AndroidデバイスからのBIMcloudメッセージングとArchicad 19からエクスポートされたBIMxファイルをサポートするための互換性開発が導入されています。

BIMx 2015 Q1 アップデート - BIMx PROによるライセンスの簡素化

iOS App version 3.6.353 BIMx Docs は BIMx PRO に名称変更されました。この変更は既存の機能には何ら影響を与えず、BIMx Docsが持っていた機能への追加もふくまれていません。アップデートによりBIMx DocsはBIMx PROになります。ライセンスの簡略化

GraphisoftはT、iOSデバイスのBIMxライセンスオプションを簡素化します。この時点から2つのライセンスオプションが用意されています:

  • 1台のデバイスで全モデルのライセンスを購入(設計者向きです)
  • 1つのモデルのライセンスを他の関係者と期間無制限で共有できる(設計者はすべての建築関係者とモデルを共有できる)

以前のように、BIMxはアプリ内課金のある無料アプリで、BIMx PROはデフォルトで全ての特典を含む有料アプリです。新しい簡素化されたライセンスオプションについては、BIMx ライセンスの記事で詳細をご覧ください。

モデルのダウンロードの高速化

このアップデートにより、モデルのダウンロード速度が大幅に改善されました。BIMx Model Transferクラウドサービスからの大容量ファイルのダウンロードは、アプリがバックグラウンドにある場合でも安定しています。

回答が見つかりませんでしたか?

このフォーラムで
他の記事をチェック

フォーラムへ戻る

最新の解決策をチェック

採用された解決策

新しいディスカッションを始める

投稿する