キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
BMP#07 announcement

5月開催 BIMマネージャープログラム受講申し込み受付中!

  
OPEN BIM
サードパーティソリューションとのモデルおよびデータ交換に関する記事を読むことができます: Revit、Solibri、dRofus、Bluebeam、構造解析ソリューション、IFC、BCF、DXF/DWGベースの交換などです。

記事

外部参照 - トラブルシューティングガイド

ARCHICAD 19 solo の[ファイル]メニューにおいて、[外部参照 ]メニューが見当たりません 影響のあるバージョン: 19 solo | 重要度: 解決方法あり | ID: 200991注記: この問題は ARCHICAD 20 soloで修正予定です。問題[外部参照]メニューが[ファイル]メニューにおいて表示されないため、[外部図面を配置 ]コマンドおよび[図面マネージャメニューについてもデフォルトの作業環境に表示されない状態になっています。解決方法解決方法:図面マネージャは、[ナ...

External content missing Navigator Drawing Manager place external drawing WE warning

GDLオブジェクトに3DM(Rhino)ファイルを変換する

3DM(Rhinoceros)コンテンツを使用は、カスタムライブラリの作成に優れた方法です。下記のいずれかの方法で3DMコンテンツをGDLオブジェクトに変換してください。 方法 1 1. ファイル > ライブラリとオブジェクト > Rhino 3DMファイルをオブジェクトとしてインポートをクリックします。 2. インポートする3DMファイルを選択し開くをクリックします。 3. 情報ダイアログボックス内のOKをクリックします。 4. 新しく作成されたオブジェクトは埋め込みライブラリ内にあります。 ...

Screen-Shot-2018-09-11-at-10.01.03-AM.png Screen-Shot-2018-09-11-at-10.01.09-AM.png Screen-Shot-2018-09-11-at-10.01.53-AM.png Screen-Shot-2018-09-11-at-10.02.14-AM.png

点群 - トラブルシューティングガイド

巨大な点群データをARCHICADで開くことができない 影響するバージョン: 19以降| 重要度: 解決方法あり | ID: 191641問題 .lcfファイルが4GBより大きい点群データは、.lcfの制限によりインポートできません。そのように大きなファイルはインポート中にフリーズします。解決方法 点群モデルの解像度 を下げるか(ポイント数を少なくする)、あるいは小さく分割する よう、 点群データの提供者に依頼してください。 Mac環境において、 点群が2D/3Dウィンドウ上に表示されない、また...

Antialias zoom problem pointcloud Point cloud Floor plan display

3D DXF/DWGのインポート

3D DXF/DWGをインポートする際はファイル→ライブラリとオブジェクト→オブジェクトを開くを選択します。ウインドウが開かれたらファイルを参照を選択します。参照ウインドウのファイル種類にてDXF/DWGファイルを選択し、3Dファイルを開きます。取り込むレイヤを選択し、OKボタンをクリックします。オブジェクトとして取り込まれ、オブジェクト編集ウインドウが開きます。ライセンス→パブリック・ドメイン・デディケーション1.0を選択します。(内部パラメータ変更を防ぐ際はその他の項目を選択しパスワードを設...

2016-12-26-13-29-15 2016-12-26-13-30-17 2016-12-26-13-32-13 2016-12-26-13-34-23
sato Newcomer
  • 1681 閲覧回数
  • 0 コメント
  • 0 いいね!

2Dとの連携

設備設計者が2D環境で作業されている場合、インポート、エクスポートするデータがDWGの場合も考えられます。インポート AutoCAD を使用するエンジニアから送信される設備データは、DWG形式です。ベストプラクティスは、参照用の通り芯を追加した設備要素のみをインポートすることです。ARCHICADでは受け取った設備モデルをXrefとしてインポートするか、図面として配置します。ARCHICADの図面ツールは、埋め込みレイヤー表示設定を備えており、図面内容でレイヤーのオン/オフを切り替えることができ...

設備連携ワークフローガイド

この文書ではARCHICADと設備アプリケーションの連携について推奨する参照ワークフローを説明します。BIMソフトウェア間の連携では主にIFC形式という互換性のあるファイル形式を利用します。設備部門が2Dのデータを利用している場合、2Dとの連携もARCHICADは豊富な機能を搭載しておりますので、そちらもご参照ください。 IFC形式を使用して設備モデルをARCHICADにインポートすると設備設計モデルを建築モデルにシームレスに統合できます。インポートしたデータはARCHICAD上で編集せず、参照...

要素プロパティ - トラブルシューティングガイド

ARCHICADプロパティを使用して、建築物要素(構造要素、オブジェクトタイプの要素またはゾーン)にオプションの記述データを追加できます。知っておくべき既知の問題、制限事項、要件の一部を下記にてご確認ください。 既知の問題 特殊文字の場合の、Excelスプレッドシートへのプロパティ値のエクスポートの問題 該当バージョン:20 | 重大度:回避策を適用可能 | ID:211207問題連動一覧表に特殊文字(ä、ü、öなど)が含まれる場合、[一覧表からプロパティ値をエクスポート]コマンドが機能しません...

Screen Shot 2016-09-05 at 12.19.44 1 2

国土地理院のデータの取り込み方

国土地理院の地図データをARCHICADで取り込む際は基盤地図情報ビューアをダウンロードし、(.xyz形式)で書き出した後ARCHICAD測量データからメッシュを配置で配置します。注意点はダウンロードしたデータを全て書き出すと取り込みに膨大な時間がかかる為、ビューアーの表示範囲のみの取り込みをお勧めします。※Windowsのみ動作致します。データ・ビューアは下記からダウンロードできます。http://fgd.gsi.go.jp/download/下記からは取り込み手順となります。3D座標を持った...

01 02 03 04-1
sato Newcomer
  • 2561 閲覧回数
  • 0 コメント
  • 0 いいね!

DWGに表示レイヤーのみを保存する

ARCHICADで表示しているレイヤーのみをDXF/DWGとして保存したい場合は、[DXF-DWG変換設定]で設定します。手順1: [DXF-DWG変換設定]を開き、「設定」にて[属性]>[レイヤー]>[手法]をクリックし、「要素を保存」を「表示レイヤーのみ」に変更します DXF/DWG保存時に、上記を設定した変換設定を使用すると、表示レイヤーのみエクスポートされます。

DXFDWG変換設定

DWGのAutoCADブロックをオブジェクトとして変換する

AutoCADのDWGブロックをオブジェクトとして変換するには、DXF-DWG変換設定を変更します。 [ファイル]>[ファイル特殊]>[DXF-DWG変換設定]「選択したトランスレータの設定」の「開くオプション」を選択し、下記を変更します。・AutoCADブロックの変換方法: 「ライブラリ部品」に変更さらに、作成されたライブラリ部品を後で編集する場合は下記も変更します。・作成されるライブラリ部品内の3Dデータ: 「GDLスクリプト」

DXF-DWG変換設定