キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
Wish list cleaning
Wishリスト 第1弾 締切は、7/1! あなたの“願い”を教えてください
  

モデリング

Archicadのデザインツール、要素の接続、モデリングのコンセプトなどに関する記事を読むことができます。

記事

Archicad Design Checker

Archicadの新機能であるDesign Checkerは、ユーザーが設計中にArchicad内でエラーを確認するための使いやすいモデルチェック機能です。Nemetschek社の関連企業Solibri社が開発したSolibri Insideというクラウドサービスを活用し、Archicadユーザーに「BIMスペルチェッカー」のような統合設計品質保証ソリューションを提供します。設計プロセスのどの段階でも、この機能を使用して、設計モデルの形状とデータの品質を検証し、向上させることができます。   使...

ArchicadDesignChecker.png SolibriInsideChecks.png PropertiesCheckResults.png LastCheck.png

円弧のストレッチ時にコピーを作成

ユーザーとのインタラクションは一貫性があり、予期される結果をもたらすように動作する必要があります。 曲線要素に対する[半径のストレッチ]コマンドの動作に一貫性がなく、円や楕円を扱う際に選択した要素のコピーを作成することができないため、ユーザーのワークフローに空白ができていました。 [半径のストレッチ]コマンドを使用して円や楕円のコピーを作成 円や楕円の半径のストレッチ中にOption(Mac)またはControl(Windows)キーを押して、1つのコピーを作成します。 [半径のストレッチ]コマ...

Radial.gif

スケッチモデルをBIMモデルへ変換

デザインスケッチモデル(通常はSketchUpまたはRhinoからのものですが、Archicadで作成されている場合もあります)とBIM用に作成されたモデルとは、異なる考え方の人が全く異なるアプローチで作成しているため、どちらかに変換しなければならないときに衝突することがあります。 スケッチ/デザインモデルでは、要素を自由に配置し、3Dで形状を編集したいだけです。しかし、BIMモデルでは、すべてが構造化され、十分に整理されている必要があります。たとえば、スケッチでは「配置フロア」というものはあり...

rlhs01.png rlhs02-2.png rlhs03-2.png rlhs04-2.png

オペレーションプロファイルの作成

オペレーションプロファイルは、ヒートブロックに割り当てるArchicad属性です。それぞれのプロファイルは、必要な内部気温範囲、人の発熱量、温水供給、および湿度を含む毎日のスケジュールに関連付けられています。以下の手順に従って、新しいオペレーションプロファイルを作成します。 1. デザイン > エネルギー評価 > オペレーションプロファイルに移動、もしくは オプション > 属性 設定 > オペレーションプロファイル 2. オペレーションプロファイルのダイアログボックス内で新規作成...をクリック...

Screen-Shot-2019-01-10-at-9.06.09-AM.png Screen-Shot-2019-01-10-at-9.06.16-AM-1-300x202.png Screen-Shot-2019-01-10-at-9.06.30-AM.png Screen-Shot-2019-01-10-at-9.07.51-AM.png

検索と選択の条件を保存する方法

Archicadの検索と選択ツールを使用すると、操作したい要素を正確に簡単に選択できます。 この機能の一般的な情報については、Archicadヘルプの「条件による要素の検索と選択」を参照してください。 このツールのあまり知られていない機能は、検索条件を保存して呼び出す機能です。次のような例があります:プロジェクトの作業中に、特定の塗りつぶし種類を使用した、特定のレイヤーに配置されているフロア上のすべての壁を見つけて選択する必要がある場合があります。 これらの要素を選択する必要があるたびに、[検索...

wp-content_uploads_archicadwiki_storefindselectcriteria--01.png wp-content_uploads_archicadwiki_storefindselectcriteria--02.png wp-content_uploads_archicadwiki_storefindselectcriteria--04.png wp-content_uploads_archicadwiki_storefindselectcriteria--05.png

エネルギー評価のためにヒートブロックを作成する

プロジェクトファイルのエネルギー評価を実行する前に、まずヒートブロックを作成する必要があります。すべてのヒートブロックには、[オペレーションプロファイル]と[ビルディングシステム]を割り当てる必要があります。オペレーションプロファイルの作成に関する情報は、こちらで確認してください。ビルディングシステムに関する情報は、こちらで確認して下さい。 ヒートブロックとは何ですか? ヒートブロックとはプロジェクトの熱単位を意味するものです。ヒートブロックにおいてプロジェクトのゾーンをグループ化します。ゾーン...

Screen-Shot-2019-01-07-at-10.49.20-AM-copy.png Screen-Shot-2019-01-07-at-10.49.20-AM-1.png Add-Zone-to-selected-Thermal-Block.png Screen-Shot-2019-01-07-at-10.49.20-AM-copy-3.png

ヒートブロックにゾーンを追加する方法

作業を開始する前に注意しておくべき点 ゾーンは、3Dのダイアログボックスでフィルタと切断要素がオンになっている場合、3Dにおいてのみ表示されます。 エネルギー評価を実行するにあたって予め使用する特定の3Dビューを保存しておくと良いでしょう。このビューは、建物外面、開口部、およびゾーンのすべての部分を表示できるものである必要があります。 ヒートブロックにゾーンを追加する方法 プロジェクトのエネルギー評価を実施するには、すべてのゾーンをヒートブロックに割り当てる必要があります。ヒートブロックがまだ設...

Info_18x18.png Screen-Shot-2019-01-07-at-10.49.20-AM-copy-2-1.png Info_18x18.png Screen-Shot-2019-01-07-at-10.53.18-AM.png

スキップフロア Tips and Tricks

Archicadはフロア基準の設計ワークフローでアプローチします-要素がどのフロアに属するかは非常に重要です。その結果、スキップフロアの建物の計画は、場合によっては少し難しくなる場合があります。 この記事では、このトピックの包括的な概要を説明します。スキップフロアの主なタイプとは何か、設計プロセス中に発生する可能性のあるジレンマの種類、およびこれらを解決する方法を紹介します。 スキップフロアの種類 実際、スキップフロアには2つの異なる計画があります。一方では、住宅自体のフロアは、たとえば中二階の...

1つの建物でのスキップフロア 駐車場でのスキップフロア 丘の中腹にあるゲートコミュニティ 吸引

お気に入りで配置フロアパラメータを使用する方法

お気に入りの配置フロアのパラメータを理解するのは少し難しいかもしれません。保存されたパラメータとして固定されたフロアを使用することは、フロアプランで作業する際には理想的ではありません。また、相対的なフロア(開いているフロア+2)は、3Dビューや断面図にいるときには意味をなさないので、何か別のことに使用します。基本的に、フロアのスペースに要素を配置したいが、実際の配置フロアはそれよりも高いまたは低い場合に便利です。その良い例は、高層階の天井から吊るされている(そして上層階の天井の平面図でそれらを見...

お気に入りの設定 お気に入りの作成 断面

モルフでチューブを作成する方法

平面を変更しながらArchicadがアンカーポイントとチューブ表面を回転させている間に、モルフツールを使用して空間内の線をトレースして手すりを作成しようとしましたか?この記事では、この問題を回避する方法を段階的に説明します。 1.水平セクションを導入します ターンさせる直前に水平セクションを設定する必要があります。 2. 開始点を選択してください 開始点を正しく選択することが重要です。そうしないと、傾斜したチューブが簡単に作成されます。 3.チェック 次の場合、チューブにねじれはありません。1....

TubeTwistWorkaround TubePickPoint TubeSpatial TubeNonTwisting