キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
プロジェクト管理
属性、一覧表、テンプレート、お気に入り、ホットリンク、プロジェクト全般、品質保証など、BIMによる管理に関する記事を読むことができます。

記事

埋め込みオブジェクトの保存方法

埋め込みオブエジェクトはそのplnファイルのみに保存されているオブジェクトです。 埋め込みオブジェクトを他のファイルで使用したい場合の取り出し手順。 手順 埋め込みオブジェクトを他のプロジェクトで使いたい場合、保存(エクスポート)する必要があります。他のプロジェクトからそのオブジェクトを使用するには、ライブラリマネージャーから埋め込みオブジェクトが保存されているフォルダを「追加」します。

2016-05-17 17-30-41
toh Graphisoft
  • 1007 閲覧回数
  • 0 コメント
  • 0 いいね!

座標情報を常に表示する

ARCHICADの座標情報を常に表示させるには、作業環境の設定を変更します。 初期設定では座標情報は[X]、[Y]等と入力すると表示されます作業環境で座標情報を「常に」に変更すると、座標情報が常時表示されるようになります。

座標情報 作業環境の設定

キー

キーボード:主なキーの名称 作業環境のカスタマイズ ARCHICADでの作業に慣れるに従って、プログラムの機能を使用し、各種パレットやツールバー、メニューなどを画面に配置するための個人的な環境設定が作成されています。 [オプション]→[作業環境]ダイアログボックスを使って、これらのオプションのほとんどを設定します。 1.カスタマイズした設定を保存する設定のそれぞれの設定を保存するには、[作業環境]ダイアログボックスの左側にあるメニューを使用して、保存する設定セットを選択します(例えば、ショートカ...

キー名称 作業環境のカスタマイズ01 作業環境のカスタマイズ02 作業環境のカスタマイズ03
ikegawa Newcomer
  • 1648 閲覧回数
  • 0 コメント
  • 0 いいね!

3Dインターフェイス

3Dウインドウでの視点設定 3Dナビゲーションパレットの移動/回転モードを使いアングルを変更、ビュー設定の平行投影/パース投影の切替えができます。 [toc] 3Dナビゲーションパレット 平行投影・パース投影のアングルの切替えツールバーより3Dウインドウへのアクセスおよび パースと平行投影ビューの設定ができます。 パース投影図のコントロール3Dで移動するためのコマンドは、ツールバーに表示されており移動・回転モードとウォークモードに切り替えられます。 3Dウインドウが有効な場合、下部スクロールバー...

3Dナビゲーションパレット01 3Dナビゲーションパレット02 3Dナビゲーションパレット03 3Dナビゲーションパレット04
ikegawa Newcomer
  • 271 閲覧回数
  • 0 コメント
  • 0 いいね!

平面図の切断面設定の相対範囲と絶対限度

ARCHICADの平面図の切断面設定では、切断面高さの他に相対範囲と絶対限度を設定できます。詳細は、[平面図の切断面設定]ダイアログボックスもご確認ください。相対範囲と絶対限度かどちらを使用するかは、各要素の設定にて個別に設定します。2フロアにまたがって入力されているカーテンウォールを例とすると、、上のフロアの平面図から見た場合、以下の違いになります。・絶対限度: 平面図の切断面設定で表現した絶対高さまで表示・相対範囲: 平面図の切断面設定で設定したフロアの指定した高さまで表示

平面図の切断面設定 要素の設定-平面図 相対範囲と絶対限度の例

寸法の表示単位を変更する

ARCHICADでの図面ごとにメートル単位で表示したり、ミリメートル単位で表示するよう切り替えるには、プロジェクト設定の「寸法」で調整します。 [オプション]>[プロジェクト設定]>[寸法]寸法の設定で単位や少数で表示する桁等を設定します。変更すると「カスタム」としてリストされるため、「名前を付けて保存」します。保存した寸法はビュー別に選択できるようになります。

プロジェクト設定 ビューの設定

立面図に材質の色と影を表示する

立面図の設定を変更すると立面に材質のカラーや影を表示させられます。作成した立面図の設定を開き[モデル表示]内の下記を変更します。 投影表面を塗りつぶし 太陽光と壁 - シャドウ 設定を変更していない場合「元の材質カラー(シェードなし)」+「シャドウ」の場合

立面図の設定 初期設定 材質カラー+シャドウ

プロジェクトの方位を設定する

ARCHICADのプロジェクトの方位を設定するには、[プロジェクトの場所]を使用します。プロジェクトの北を設定するには、「プロジェクトの場所」で角度を入力するか、「プロジェクトの北を設定」で平面もしくは3Dウィンドウで使用します。詳細は、プロジェクトの場所とプロジェクトの北を設定をご確認ください。平面図上で方位記号を配置するには、ARCHICAD ライブラリ内の「方位記号」オブジェクトを配置します。 [ARCHICAD Library 19]>[1.基本ライブラリ]>[1.7 2D要素]>[グラ...

プロジェクトの北 方位記号

反転要素の確認

反転要素とは、フロア高さ等を変更した場合に、壁や柱などの上部の高度が下部高度より低くなった要素の事を指します。要素を入力後にフロア高さ等した場合、ARCHICADは下記の警告を表示します。反転された要素は、ハイライトされて表示されます。例えば、断面形状を用いた壁の場合、フロアの高さを変更することで実際の高さより低くなってしまうと反転要素となります。また、反転要素は[検索と選択]から検索できます。または、[反転要素の確認]コマンドを使用して一覧表示します。 [反転要素の確認]コマンドは、作業環境の...

反転要素の警告 反転要素にハイライト 反転要素の壁の設定 反転要素の検索

ファイルサイズ

この記事では、ファイルサイズ関連のトラブルシューティングについて解説します。 どのくらいのファイルサイズが 「大きい」のか? 一般的に、ファイルサイズが100 MB(未圧縮)を超えると「大きい」、ファイルが300 MB(未圧縮)を超えると致命的といえます。300 MBを超えるファイルでも作業はできますが、最適なパフォーマンスを得るにはこのサイズを超えない方が良いと言えます。ArchiCAD 10以降ではファイルを圧縮できるので、100 MBの圧縮ファイルは展開した際に300-500 MBのメモリ...

StoreDrawingInProjectFile.png infobox.png esitselectionset.png